バイトの面接時の服装や髪型の注意点【男女別】

服装 気を付ける 髪型 バイト面接 身だしなみ バイト フロムエー
バイトの面接に私服で臨む際に、頭を悩ませる人も多いのが「服装選び」に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。面接は自分らしさをアピールする、絶好のチャンスです。面接官に好印象を与えられるように服装選びのポイントをおさえて、採用をスムーズに勝ち取りましょう。ここでは、男女別にバイトの面接時の服装や髪型の注意点について紹介します。

【目次】
1. 服装で気をつけるポイント【男性編】
2. 服装で気をつけるポイント【女性編】
3. 髪型で気をつけるポイント【男性編】
4. 髪型で気をつけるポイント【女性編】
5. 他に身だしなみで気をつけるポイントは?
6.お店の雰囲気に合わせて服装を選ぶようにしよう

服装で気をつけるポイント【男性編】

服装 気を付ける 髪型 バイト面接 身だしなみ バイト フロムエー
バイトの面接の際は、清潔感を重視した服装を選びましょう。派手な色物や柄物は避けて、シンプルな服装を意識すると良いでしょう。例としては、無地の白シャツに綿のチノパンを合わせたスタイルなどです。特にシャツを着用する際は、襟付きがおすすめです。襟付きのシャツはフォーマルな印象が強まり、真面目で誠実なイメージを与えられます。
ただし、職種によっては私服よりも、スーツを着用する方が望ましい場合もあります。たとえば、塾講師や企業内のオフィスワーク、コールセンターなどは、業務中にスーツを着用しているケースもあります。このように、一緒に働く人たちの服装がスーツである場合は、面接時にスーツを着用していくといいでしょう。

服装で気をつけるポイント【女性編】

服装 気を付ける 髪型 バイト面接 身だしなみ バイト フロムエー
女性の場合も男性と同様に、シンプルかつ清潔感のある服装を意識しましょう。派手な色物や柄物ではなく、淡い色合いの服を選ぶと良いでしょう。例として、シンプルな無地のブラウスに短すぎないスカートや、パンツを合わせたスタイルはきちんとした印象になるのでおすすめです。ただし、スカートは丈が短いと露出部分が多くなり、派手な印象を与えてしまうこともあります。スカートを着用する際は膝がかくれるくらいの長さのものを選んでおくといいでしょう。

オフィス系のバイトのように勤務先の人がスーツを着用している場合は、その職場の雰囲気に合わせてスーツを着用しておくといいでしょう。一方で、アパレルブランドなどオシャレな雰囲気を求められる職種の場合は、面接に行くのにスーツを着ていくと、そのお店の雰囲気にふさわしくない印象を与えてしまう場合があります。アパレル系のバイトの場合は、そのお店で取り扱う商品やテイストに合った服装を選ぶことがポイントです。私服とスーツのどちらを着用するにしても、「その職場の雰囲気に合う服装」を選ぶことが重要といえます。

髪型で気をつけるポイント【男性編】

服装 気を付ける 髪型 バイト面接 身だしなみ バイト フロムエー
面接では髪型にも気を配る必要があります。男性の場合はどのような点に注意すべきなのか、しっかりとチェックしておきましょう。

長髪はNG

長い髪の毛は派手な印象や、だらしない印象を与えてしまうことがあります。男性の場合は髪が耳にかからない程度の長さに整えておくと、爽やかな印象を与えやすくなるでしょう。

セットしすぎもNG

面接では、派手なセットをしたりスタイリング剤を付けすぎたりすると、かえって不真面目な印象を与えてしまい、好印象から遠のいてしまう場合があるので注意しましょう。

髪色はお店の方針に合わせる

髪色は職場により規定が異なるため、一概に「この髪色がベスト」とは言えません。ただし、金色に近い明るさや、染色が一目で分かるような派手な髪色は、マイナスの印象を与えてしまうことがあります。もしも不安な場合は、面接前にバイト先で働く人たちの様子を確認するか、もしくは電話で確認をしておくと安心です。

髪型はその人の印象を大きく左右するポイントです。きちんとマナーを守った髪型を意識して面接に臨みましょう。

髪型で気をつけるポイント【女性編】

服装 気を付ける 髪型 バイト面接 身だしなみ バイト フロムエー
女性の場合は髪の長さや、スタイリングの方法に気をつける必要があります。面接にふさわしい髪型を知り、好印象を目指しましょう。

長い場合は後ろでまとめる

髪が肩につく長さの場合は、ゴムなどで髪をまとめておくと清潔感のある印象になります。結ぶ位置は顔の横よりも後ろの方が、きちんとした雰囲気になります。ゴムは派手な色は避けて、黒などの目立ちにくいものを選ぶと良いでしょう。

髪色はお店の方針に合わせる

髪色はお店により染髪NGな場合がありますので、そのお店の方針に合わせるようにしましょう。

巻きすぎは基本NGだが、アパレル系などお店の雰囲気に合っていればOK

巻き髪はおしゃれでかわいらしい印象になり人気の髪型ですが、面接官によっては不衛生だったり派手な印象を与えてしまったりすることもあります。面接の際にはナチュラルさを意識して、シンプルに整えるようにしましょう。ただし、アパレル系などの場合は、服装や髪型を含めて個性やセンスを確認したいというケースもあります。巻き髪がそのお店の雰囲気に合っているようであれば、問題ない場合もあるでしょう。

前髪は目にかからないようにピンなどで止める

前髪は目にかからない長さにカットするか、もしくはピンなどで固定しておくことが基本です。前髪が長く目にかかっていると、暗い印象を与えてしまう場合があります。目元やおでこを露出させることで顔周りが明るく見えて、明るい印象を与えやすくなるでしょう。

せっかく気合いを入れて服を選んでも、髪がボサボサでは台無しです面接だからこそ、服装だけではなく髪型にまできちんと気を配りましょう。

他に身だしなみで気をつけるポイントは?

服装 気を付ける 髪型 バイト面接 身だしなみ バイト フロムエー
面接官は細かい部分にまで目を光らせているものです。意外に注目されている、自分では見落としがちなポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

香水はつけすぎない

香水をつけすぎると匂いが強くなり、不衛生な印象を与えてしまう場合があります。特に飲食店のような食品を扱うバイトは、衛生面が重視されます。匂いはエチケットの基本ですから、香水のつけすぎには十分注意しましょう。

アクセサリーはつけないか、小さめでシンプルなものを選ぶ

おしゃれを楽しむうえで欠かせないアクセサリーですが、面接時にはつけずに行くか、つけるならば大ぶりなものは避けて、小さくシンプルなデザインのものを選ぶことがおすすめです。

女性の場合はネイルも派手すぎないものにする

女性のなかにはネイルを楽しんでいる人もいるかもしれません。しかし、派手なネイルは清潔感を損ねてしまう原因につながります。きっちりとした真面目な印象を与えるためにも、派手なネイルは避けた方が無難です。

バイトの面接は大切なビジネスシーンの一環です。香水やアクセサリー、それからネイルなどの細かい部分にまで配慮することで、採用に近づきやすくなります。

お店の雰囲気に合わせて服装を選ぶようにしよう

面接での第一印象は、採用を左右する大事な要素といえます。第一印象を良くして採用を手にするためにも、服装や髪型はお店の雰囲気に合わせることが肝心です。服装や髪型でマイナスイメージにならないようにポイントをおさえて、しっかりと準備をしてから面接に臨みましょう。

関連する求人情報