男子高生ミスターコン2016グランプリ、本田響矢さんインタビュー「夢を叶えるなら1日でも早く動くこと」

本田響矢

日本で一番イケメンの高校生を決定する「男子高生ミスターコン」で2016年グランプリを受賞した本田響矢さん。現在はモデルやイベントなどの仕事で活躍し、俳優を目指しています。福井県の“普通”の高校生が、わずか1年半で人生が激変し、新たな夢を追い続けている本田さんの仕事観や今の思いを聞いてみました。

 

まったく乗り気じゃなかったけれど合格するにつれて気持ちが変化

本田響矢

――「男子高生ミスターコン」に応募したのは、やはり昔から芸能界に興味があったのでしょうか?

実は僕が応募したのではなくて、中学の同級生が「本田ならいける」と勝手に応募したんです。僕自身は小学生3年生から始めた剣道にずっと夢中で、モデルや芸能界の仕事なんて考えたこともありませんでした。

――よくある「友達が応募したらイケちゃった」ってヤツですね。

僕はかなり抵抗したんですよ(笑)。書類審査で写真を送らないといけなくて、自撮りなんて恥ずかしくてしたこともないし、そもそも芸能界に興味もないし。でも、友達がものすごく強引で。今になればかなり感謝しているんですけれど。

――そんな乗り気じゃない状態で、どんどん合格していくわけですよね。

合格すると今度は名古屋で面接があったり、東京で審査があったりとどんどん進んでいっちゃうんです。この頃になると、周りの友達も「頑張れ」と応援してくれて。でも、一番大きかったのは剣道部の先生に相談したら「お前の進みたい道へ進め」と背中を押してくれたことです。僕、剣道のスポーツ推薦で高校に入学しているので、部活以外のことに時間をかけるのが申し訳ないと思っていたので。

――剣道部の先生から後押しされたことで、本気になったんですね。

やっぱり合格するとうれしいですし、これまでに経験したことがない世界が見えてきてワクワクしてきたんです。僕、福井県出身なんですが、東京なんて行ったこともないし憧れの街でしたから、その東京で撮影してもらうなんて刺激的で。

――実際にグランプリを受賞して事務所に所属しましたが、芸能界の道に進むことに迷いはなかったですか?

まさかグランプリを受賞できるなんて思ってもみなかったので嬉しくて、迷いはありませんでした。ただ、2016年の12月に受賞して、翌年の4月までは月~木曜は授業と部活、金曜は学校の後に東京に来て、土日でお仕事して月曜からまた学校というスケジュール。これがかなり大変で、2017年の5月に東京の学校に編入してひとり暮らしを始めました。

――人生が激変ですね! 初めての東京に初めてのひとり暮らし!

そうなんです。でも案外、ひとり暮らしできちゃいました(笑)。掃除も洗濯もわりと好きですし。ただ、自炊だけが自信がなくて外食中心になっています。

――ひとり暮らしだけでなく、本格的に仕事を始めて大変なことはありますか?

雑誌の撮影のとき、1ページの撮影で何度も着替えたり、真夏に冬服を着て汗だくで撮影したりと予想以上に大変だとは思いました。これまで何気なくなく読んでいた雑誌ですが、撮影現場では、こんな苦労があるなんてと知りました。

――でも、本田さん、最初は自撮りも嫌だなんて言っていましたが…。

それが慣れちゃうんですよ(笑)。最初、撮影スタジオに入ったとき大きな照明やカメラマンさんを見て「すごい! ドラマで見たことあるヤツだ!」なんて緊張していましたけど、少しずつ慣れてきて。今は写真を撮られるのは好きになりましたし、自撮りもできちゃいます(笑)。

 

自分が読んでいた雑誌にモデルで出ているなんて夢のよう!

本田響矢

――慣れですね(笑)。今、仕事は楽しいですか?

すごく楽しいです。昔から読んでいた雑誌に自分が出ているなんて夢のようですし。それにこれまで会ったことのない人や、場所に出かけられて毎日、楽しいです。今は俳優を目指して演技のレッスンをしていて、いつか恋愛や青春系の映画に出たい! 女性だけでなく、男性からも「あいつ、カッコいいじゃん」と言われるような俳優になりたいです。

――俳優になる夢を叶えるために、本田さんが仕事で大切にしていることがあれば教えてください。

感謝を忘れないことです。コンテストに応募してくれた友人をはじめ、支えてくれた友達や家族。そして事務所の方やお仕事で関わっている方。すべての人に感謝の気持ちをもって接するようにしています。そうすると、仕事も頑張ろうと思うんですよ!

 

バイトするならまかない目当てで飲食店!

本田響矢

――本田さんは友人がきっかけで夢を見つけましたが、夢を叶える秘訣はどこにあると思いますか?

実は僕、警察になりたかったんです。剣道をやるうちにこの特技を警官になって生かせないかなと思っていて。実際は、まったく別の夢になりましたけど、何にしろ、夢があるなら早くに動いたほうがいいと思います。高校生のうちに動くのと、大学を卒業してから動くのでは、大きく差が出ると思うので。

だから、今、やりたいことがあるなら動いてみることをおすすめします。もし、まだ夢がないなら、いろんなことに挑戦してみてやりたいことを見つけてみてればいいと思います。

――ちなみに本田さんはアルバイトを経験したことはありますか?

実は一度もないんです。でも、やるならカフェ店員とかいいですね。「コーヒーお待たせしました!」と爽やかな笑顔で言ってみたい(笑)。それ以外だと飲食店がいいです。まかない目当てで、バイト中においしいものを食べたいですね。

 

🎁 本田響矢さん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

🎁プレゼント内容🎁
記事公開を記念して、本田響矢さんのサイン入りチェキを、抽選で3名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間
2018年2月28日(水)~3月6日(火)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

■プロフィール
本田響矢(ほんだ・きょうや)

1999年6月20日生まれ、福井県出身。2016年『男子高生ミスターコン』でグランプリを受賞。ファッション誌でモデルやイベントに出演などで活躍中。
公式Twitter: @kyoya00662200

 
■クレジット
取材・文:中屋麻依子 撮影:西岡さちこ

関連する求人情報

関連ワード

働くコラムの関連記事
納谷健
俳優・納谷健さん(劇団Patch)インタビュー 「どんなにツラい道であろうと、前へ進まなければ見えるものも見えてこない」

関西発の劇団Patchに所属する納谷健さん。この夏は「七つの大罪the STAGE」に主演したばかりで、次は水泳の飛び込み競技に懸ける少年た…

阿久津仁愛
俳優・阿久津仁愛さんインタビュー 「“楽しむ”が僕のモットー。心の底から楽しめば、観てる人も楽しくなる」

大人気ミュージカル『テニスの王子様』シリーズで主人公・越前リョーマに扮している阿久津仁愛さん。9月20日より上演の「3rdシーズン 全国大会…

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー
セントチヒロ・チッチ(BiSH)インタビュー 『やりたいと思ったことは全部やりたい。バイトはいつも掛け持ちでした』

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHから2枚看板とも言えるセントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドが両A面シングルでソロデビュー! 学生時…

小岩井ことり
声優・小岩井ことりインタビュー 「人を喜ばせることを自分の喜びにできる職業。私にとってそれが“声優”だった」

とある田舎で暮らす少女たちの日常を描いた劇場版アニメ「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」で、主人公・宮内れんげの声を担当している小岩井こ…

高杉真宙
俳優・高杉真宙さんインタビュー 「失敗をおそれずに、楽しみながら進んでいきたい」

今年、公開された出演作はすでに4本。ドラマや舞台のみならず、映画界でも大活躍の高杉さんにとって、念願の声優デビュー作品となった「君の膵臓をた…