俳優・北川尚弥さんインタビュー 「悩むことも仕事の一つ。悩んだ分、ステージでは必ずいいものが表現できる」

北川尚弥

ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターが好きな男子高校生たちの青春を描いた「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」で、主人公・長谷川康太に扮する北川尚弥さん。2.5次元作品を中心に活躍する現在、そしてお仕事観を伺いました。

 

サンリオ男子×サンリオキャラのキラキラ感に注目してください

北川尚弥

――連日の稽古お疲れさまです! 今回の公演はどんな内容になるんですか?

まさにミラクルですよ(笑)。皆さん「どんな舞台なのかな?」と思うかもしれませんが、実はコメディです。コメディをやって、歌って、コメディをやって、また歌って……とまるでテレビのお笑い番組を観ているような感覚になるんじゃないかな。

――サンリオ男子とお笑いがうまく結びつきません(笑)。そして、スペシャルゲストにはあの超人気キャラクターも!

ハローキティ、マイメロディ、ポムポムプリンが出演してくれることになりました。キティちゃんたちと僕たちサンリオ男子が融合することによって、さらにキラキラ度がアップすると思います。

――夢の競演ですね。今回は主題歌「√shining!!!!!」も歌ってるんですよね。

「サンリオ男子といえばこの曲」というぐらいキラキラした爽快感のある曲です。一緒に踊れる振り付けもあるので、お客さんにもぜひ一緒に踊っていただきたいですね。

――公演に先がけてファンミーティングで披露したそうですが、ファンの皆さんの反応はどうでしたか?

黄色い歓声を浴びて自信がつきました。ファンミーティングでお客さんと一体になってゲームをしたり、ライブをしたり、学園祭のような時間を過ごすことができたので、本公演につなげるいい一歩になったんじゃないかな。

 

キャラを崩して、役を作り上げていく

北川尚弥

――公演の前に役柄を演じる機会があることは、役を作り上げるうえで貴重だと思います。

キャラクターの持ち味を守ることも大事ですけど、舞台で表現するにあたってはさらにその奥へ行かなきゃいけないんです。もともとのキャラをどうしても崩さなきゃいけない部分が出てきて、そんな姿を観ていただいた時に「康太にはこんな一面があったんだ。アニメでは観られない表情を観ることができたから、また観たい」って思っていただけるような作品になるとうれしいなって。

――「キャラを崩す」ということについて詳しく聞かせてください。

ある作品で冷静で執事のような学生を演じることがありました。そんなキャラクターだったので怒ったセリフや涙を流しながら言うセリフなどが出てきた時に、大げさな感情表現ができない。でも、舞台では自分が思っている以上に感情を出さないとお客さんには伝わらなくて、そんな時に先輩から「実際に舞台で演じる時は、原作のキャラを崩さなきゃいけない部分が出てきて、その山の向こう側へ行かないと表現できないこともあるから、殻を破ったほうがいい」とアドバイスをいただきました。

 

今年最後の観劇を笑顔で過ごし、幸せな新年を迎えてほしい

北川尚弥

――生身の人間が演じるわけですから、人間くさい部分が加わると、よりキャラクターが活きてきますよね。

今は最初からどーんと自分の演技プランを放出するようにしています。やりすぎたら、演出家さんからダメ出しが入りますし、そのほうが絶対にラクなんですよ。お客さんに「このキャラの感情が爆発するとこんなふうになるんだ。舞台では、原作とは違う一面が観られるからこそ、この人を応援したい」と感じていただけた時にやってよかったと実感するので、常にキャラの一歩先を行くようにしています。

――“2.5作品”ならではの楽しみですね。特に注目してほしいのはどんな部分ですか?

もちろん全部ですけど、たくさん笑顔になって帰っていただけたらそれだけで十分です。2018年の最後に観た舞台が「サンリオ男子」でよかったと思っていただけるよう、そして、幸せな気分で新年を迎えてもらえるように僕たちも頑張ります。

 

今のうちにたくさん失敗することが成長につながる

北川尚弥

――楽しみにしています。ところで、俳優を志したきっかけは何だったんですか?

親がジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募したことがきっかけでこの世界に入ったんですが、コンテストに出場したからといって俳優という仕事をする気はありませんでした。でも、いろんな事務所の方から誘っていただいて、お話を聞いているうちにこういう仕事もあるんだって。そんな機会滅多にないし、売れるかどうかも分からないけど、やってみたい」と両親に伝えて、両親も「尚弥がそう言うならチャレンジしてみなさい」と背中を押してくれました。

――そうして飛び込んだ世界。デビュー当時は戸惑うことも多かったと思います。

今も戸惑ってばかりです。どの現場へ行っても1から作り上げていかなきゃいけないので、すべてが初挑戦。戸惑うし、緊張するし、「冷静になれ」って自分に言い聞かせてます。あがり症なので前日に頭の中でシミュレーションをしていくんですけど、なかなか思い通りにはいかないですね。でも、失敗したほうが学ぶことも多いので、今は失敗をたくさん経験して、成長していく姿を応援してくださる方たちに観ていただきたいです。

――失敗することは怖くありませんか?

いつも不安ですよ。でも、悩むことも仕事だと思うんですよ。以前は悩むのって面倒くさいし、緊張したくないし、こんな仕事はイヤだなと感じていたんですが、お芝居には正解がないので研究することも楽しみの一つ、いいものを届けたいからこそ悩む、最後にはすっきりして終わりたいじゃんって考えるようになったんです。悩めば悩んだ分、ステージでいいものを発揮できると思うので、これからも悩み続けていきたいです。

 

“誰にも負けない”自信をもって、ステージに立っています

北川尚弥

――頼もしいですね! 最後に、北川さんと同世代の皆さんへメッセージをお願いします。

どんなに天才と言われる人でも絶対に努力してると思うんです。努力しないで成長する人はいないと思うので、努力することを大事にしてほしい。そして、「誰にも負けない」という気持ちをもつこと。僕もその気持ちを忘れず初心も忘れることなく何事にも向き合うようにしています。

――北川さんも「誰にも負けない」と自信をもって言えますか?

舞台に立ったら「俺だけを観ろ」という気持ちです。そんな気持ちでやらないと、どこかで甘えが出てきちゃうと思うので、向上心は持ち続けていたいです。

 

🎁 北川尚弥さん🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

北川尚弥 チェキ

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、北川尚弥さんのサイン入りチェキを、抽選で3名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒 キャンペーン開催期間
2018年11月28日(水)~2018年12月4日(火)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

■プロフィール
北川尚弥(きたがわ なおや)

1996年5月15日、北海道生まれ。第26回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリストになり、芸能界デビュー。主な出演作にミュージカル『テニスの王子様」3rdシーズン(南健太郎役)、ミュージカル「スタミュ」シリーズ(申渡栄吾役)、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」シリーズ(朱桜司役)、「刀剣乱舞―ジョ伝 三ツら星刀語り」(骨喰藤四郎役)など。現在、テレビ神奈川の情報番組「猫のひたいほどワイド」に水曜レギュラーとして出演中。

◆OFFICIAL SITE:https://irving.co.jp/talents/naoya-kitagawa/
◆OFFICIAL Twitter:@nattu515

 

■作品情報
ミラクル☆ステージ「サンリオ男子」

11/29(木)~12/9(日) 天王洲銀河劇場

サンリオ男子

公式サイト:http://sdan-stage.com/
©’76、‘79、’88、‘89、’93、‘96、’01、’05、‘13、’15、‘18SANRIO MSSB2018

 
編集:ぽっくんワールド企画
撮影:河井彩美
取材・文:荒垣信子

関連する求人情報

関連ワード

働くコラムの関連記事
小宮有紗
女優/声優・小宮有紗さんインタビュー 「何事も自分との闘い。どんどん新しい自分へと更新していきたい」

元ヤクザの私立探偵と小学生の少女--血のつながらないふたりのせつない絆が描かれる犯罪エンターテイメントムービー「アウト&アウト」に花屋の理恵…

推した本は飛ぶように売れる!カリスマ書店員・新井見枝香さんに聞く、”学生におすすめの書籍3選”と”書店員としての楽しさ”

最近、本を買って読んでいますか?なかなか本が売れない時代と言われる中、推した本が必ず売れると言われるカリスマ書店員さんが話題になっています。…

Gero
アーティスト・Gero/インタビュー 『歌い手になった今、あらためて無駄な経験なんて一つもないと思う』

動画投稿サイトから人気に火がつき、今年メジャーデビュー5年目となるGeroさん。上京時はバイトと両立しながら音楽活動をしていたお話や、曲作り…

小野塚勇人
俳優・小野塚勇人さん(劇団EXILE)インタビュー 「一歩前進する勇気がたいせつ。僕も恥をかきながら前進していきたい」

大学の実習で蔵元を訪れた女子大生と、日本酒造りに懸ける人々のふれ合いを描いた映画「恋のしずく」で、老舗蔵元の息子・莞爾(かんじ)に扮した小野…

小澤廉
俳優/歌手・小澤廉さん(B2takes!)インタビュー 「全力を出しきるためにも、自分の気持ちに正直でいたい」

2.5次元舞台を中心に人気を博す小澤廉さん。メジャーデビューしたばかりのメンズユニット・B2takes!のメンバーとしても活躍する小澤さんが…