2日間で1億円を売り上げた伝説のキャバクラ嬢・小川えり(エンリケ)インタビュー「生まれ変わっても、私はキャバクラ嬢になりたい」

アールズカフェ キャバクラ キャバ嬢 小川えり えんりけ 1億 夜の仕事 バイト フロムエー
18歳の時にキャバクラで働き始め、現在働く名古屋の「アールズカフェ」では7年間連続No.1の座に君臨! 2017年のバースデーイベントでは、2日間で1億円を売り上げたという、人気キャバクラ嬢、小川えりさん(以下、エンリケさん)。もともとはキャバクラに対して良いイメージを持っていなかったという彼女に、キャバクラで働く魅力や働く上で大事にしていることやコツについて、教えてもらいました。

>>稼げる!人気のナイトワークはこちら!<<

キャバクラで働く人達は、意外と純粋で真面目な人が多い

アールズカフェ キャバクラ キャバ嬢 小川えり えんりけ 1億 夜の仕事 バイト フロムエー
――現在働いているお店では7年間No.1をキープしているというエンリケさんですが、キャバクラで働くことになったのは、中学の先輩に代打を頼まれたからだそうですね。もともと、キャバクラに対してはどんな印象を持っていましたか?

「18歳で働き始める前は、悪い印象しかなかったですね。私自身、夜の仕事をするのは初めてだったから、“キャバクラ=怖いところ”っていうイメージがあったし。田舎育ちだからか、周りの人からも“キャバクラはちゃんとした仕事じゃない”っていう偏見がすごくあって、初めは職種を言いにくい状況でした。先輩に誘われた時も、断れない性格だからやったけど、すごい嫌々で……(笑)。

でも、働き始めていろいろな人と接していくうちに、徐々に偏見がとれていきましたね。どんな仕事もそうですけど、長く働いてみないとわからないことがたくさんあるなって思いました。たとえば、キャバクラは色恋(お客様に対して恋人同士のように振る舞う接客方法)のイメージが強いから、男関係がだらしないと思われがちですけど、意外とみんな純粋(笑)。黒服さん(男性スタッフ)も含めて、真面目な人が多いですね」

自分らしく働いたら、純粋に人と人との繋がりを大事にしているお客様だけが残ってくれた

アールズカフェ キャバクラ キャバ嬢 小川えり えんりけ 1億 夜の仕事 バイト フロムエー
――たくさんのお客様の名前や性格などを覚えて、丁寧に接しないと、人気に繋がらないでしょうし、真面目じゃないと続かない仕事ですもんね。

「そうそう。あと、キャバクラの営業方法は色恋だけじゃないんだっていうのも、大きな発見でした。お客様を手の平で上手く転がしてる子(キャバクラ嬢)がすごく羨ましかったんだけど(笑)、私はそういう営業ができないんですよ、キャラクター的に。だから、そういうことを求めているお客様は自然と離れていって……。働き始めた当初は、“おしとやかにしていればいい”と思っていて、自分のキャラクターを活かせなかったこともあって、なかなか芽が出なくて苦しみました。

でも、ノリが良くて“面白い”って思ってもらえるようなやり方、素の自分に近いキャラクターで接客を続けた結果、純粋に人と人との繋がりを大事にしているお客様だけが残ってくれて。今は、自分らしいやり方を続けてきてよかったなと思っています」

――そういったエンリケさんの努力もあり、今では、エンリケさんに会うために女性のお客様が多数来店されるなど、キャバクラがエンターテインメントの場に変わってきていると伺いました。

「そうですね。だけどそれは、私が意識的に変えたんじゃなくて、お客様達が私をエンターテイナーに変えてくれたんだと思っています」

他の仕事では出会えない人達との出会いが、自分を成長させてくれる

アールズカフェ キャバクラ キャバ嬢 小川えり えんりけ 1億 夜の仕事 バイト フロムエー
――週7日勤務を続け、なおかつ小悪魔agehaでモデルもして、多忙な毎日だと思いますが、1日のスケジュールはどんな感じなんですか?

「お店が深夜1時に終わるので、2時にはもう、とりあえず化粧だけ落としてすぐに寝ます。本当はちゃんとお風呂に入りたいんだけど、そのくらい疲れるんですよ。全力でやってると(笑)。だから、基本的に8時間はしっかり寝るようにしていて。1回8時に起きたら、来店してくれたお客様にお礼の連絡をして、SNSを更新して。13時くらいにもう1回寝て、15時くらいに起きるっていうのがいつもの流れですね」

――2回にわけて寝ているんですね。

「そう。1回目の睡眠は体の疲れをとるためで、2回目の睡眠はメンタルの疲れをとるため。仕事のパフォーマンスを下げないために、睡眠コントロールをしています。寝ないとモチベーションも下がっちゃうし、私は寝ないと絶対にダメなタイプだから、当たり前のことではあるんだけど、睡眠は大事にしてますね。で、起きてからは、ジムに行ったりとか、撮影に行ったりして、夜は毎日出勤しています」

――すごくストイックですね。そこまで自分を追い込んでも、キャバクラで働いていてよかったと思うことはなんですか?

「キャバクラは他の仕事では出会えないような人達と出会える場だし、人気店で働いていると、仕事で成功を収めている人達ともたくさん出会えるんですよね。そういう人達からもらえるアドバイスは、すごくためになるし、自分を成長させてくれるなって思います。お客様に言われたことの中で、一番心に響いた言葉は、“損をして得をとれ”。“目先のことばっかりじゃなくて、後からついてくるものを大事にして、人に接していくことが大事だよ”って言われたことがすごく印象的で、それはずっと守ってきました」

たくさん稼ぎたい人こそ、目先のお金を追わずに長く続けたほうがいいと思う

アールズカフェ キャバクラ キャバ嬢 小川えり えんりけ 1億 夜の仕事 バイト フロムエー
――キャバクラで長く働いたからこそ、見えてきたこと、身についたこともありますか?

「キャバクラって、女性が多く働いているから、私が働き始めたばかりの頃は先輩と上手くいかないこともあったんですよ。昔は、新人に冷たく当たる人もいたし。でも、自分がそれで苦労したからこそ、後から入ってきた子達には優しくしてあげたいなと思えるようになりましたね。そうすることで、お店全体の雰囲気も良くなって、自分自身も働きやすくなりました」

――そういった心遣いや、キャスト同士が楽しんで働いている雰囲気もまた、女性ファンが増えた一因なんでしょうね。

「ああ、そうかもしれない。それに、これまでは女同士でじっくり話す機会があんまりなかったから、女性に対して人見知りがあったんだけど、最近は女性のお客様と話す機会も増えたから、どんな人とも壁を作らず話せるようになったし……結果的に良いことだらけだったなって。意図的に好感度を上げようと思ってやっていたわけじゃないけど、結果的に良い方向に向かってよかったです(笑)」

――では、継続して働くコツはなんでしょう?

「まず、店を変えないこと。あとは、キャバクラはチームワークが大事だから、敵を作らないように、男性も女性もコミュニケーションを常にとって、思いやりをもって接することが大事かな。キャバクラは、最初の3ヵ月間は保証期間っていって給料が高く設定されてるから、短期間でバッと稼いで居なくなってしまう子もいるんだけど、たくさん稼ぎたい人こそ、目先のお金を追わずに長く続けたほうがいいと思うんですよね。キャバ嬢としてやっていきたいなら、最初は給料が安くてもいいから続けようっていう気持ちを持たないと、そんなに甘い世界じゃないので」

キャバクラは、いろんな意味で“人生を変えてくれる場所”

アールズカフェ キャバクラ キャバ嬢 小川えり えんりけ 1億 夜の仕事 バイト フロムエー
――そうですよね。でも、週7で働いていると、さすがに1日くらい休みたいって思いません?

「たまにあるけど……行きたくなくてもお店に行けばなんとかなる!(笑)私の場合、メイクやヘアセット、綺麗な格好をすることでスイッチが入るので、同じように何かスイッチを自分の中で作っておくといいのかなって思います。それに、笑顔でいると良いことがあるから、嫌なことがあった時こそ、負のオーラを消すためにも私は毎日出勤してますね。仕事をすること自体がストレス発散になってるし、たとえ大変な時でも、お客様に“ありがとう”って言われると頑張ってよかったなって思います」

――エンリケさんにとって、キャバクラは欠かせない存在なんですね。

「そうですね。さっきも言ったように、成功者というか良い運気を持った人がたくさん来るから、そういう人達と一緒にいると自分まで運気が上がった気がするし(笑)。21歳の時、なかなか人気が出なくてどん底だった時も、自分を変えるために通信制の高校に通って、高校を卒業したことがすごく自分の自信に繋がったし。その経験で得たことが仕事にも役立って、こうしてNo.1になれたので……キャバクラは、いろんな意味で“人生を変えてくれる場所”だなって思います」

――では最後に、キャバクラの仕事をやってみようかな?と興味を持っている人に向けて、何かメッセージをお願いします。

「キャバクラは、自分自身も成長できる仕事だし、自分を輝かせてくれる仕事でもあるので、いつか他の仕事をする上でも絶対に役立つことがたくさん学べると思うんですよね。キャバ嬢として成功した人は、どんな仕事をしても成功できると思う。だから、“自分には無理かも”と思わずに、思い切って飛び込んでみてもらいたいですね。“もう一度生まれ変わって仕事をするとしたら、何がしたい?”って聞かれたら、私はキャバ嬢になりたいです」

▼稼げる!人気のナイトワークはこちら!▼

■Profile
小川えり
1987年11月2日生まれ、岐阜県出身。通称:エンリケ。名古屋・錦の老舗高級キャバクラ「アールズカフェ」に週7日、年間360日出勤中の現役キャバ嬢。7年間連続No.1記録を更新する中、2017年のバースデーイベントでは2日間で1億円を売り上げ、名実共に日本1のキャバ嬢となる。現在はモデル業のほか、TVなどにも出演し、女性客も含め、彼女に会うために全国から客が訪れている。2018年6月15日に初の著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力』を発売。

◆小川えりOfficial Twitter:@rie0985
◆小川えりOfficial Instagram:@eri.ogawa1102

■発売情報

初の著書『日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力
発売中
1,404円(税込)
KADOKAWA 刊
詳細はこちら!
■撮影協力
日替わりBarTonzura

中野新橋駅から徒歩1分
中野初のシェアリングバー。日替わりで店長やお店のコンセプトが替わります。「今日はどんなお店なんだろう?」とワクワクしながらお越しください。
お店の詳細はこちら!
◆Twitter : @BarTonzura
◆instagram : @bartonzura

▼稼げる!人気のナイトワークはこちら!▼

企画・編集:ぽっくんワールド企画/小川晶 取材・文:斉藤碧 撮影:花井透

関連する求人情報