セントチヒロ・チッチ(BiSH)インタビュー 『やりたいと思ったことは全部やりたい。バイトはいつも掛け持ちでした』

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー“楽器を持たないパンクバンド”BiSHから2枚看板とも言えるセントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドが両A面シングルでソロデビュー! 学生時代に力をもらったというカバー曲への想いや、様々な出会いや経験をもたらしてくれたというバイト時代のエピソードをお伺いしました。

 

学生時代の孤独から救ってくれた楽曲「夜王子と月の姫」でソロデビュー!

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー――ソロデビューというのは、チッチさんにとって夢のひとつだったのでしょうか?

歌うことが好きだし、音楽も好きなんですけど、正直に言ってシンガーとして自分に自信があったわけではないし、ひとりで歌いたいという想いは、これまではそこまで強くなかったんです。でも、BiSHに入ってから応援してくださる方たちが私に少しずつ自信をくれて、昨年末の“WACK総選挙”(1位、2位獲得者にはエイベックスからソロデビューできるという特典が用意されていた)では1位をいただいて。実際にソロデビューが決定した時にはすごくわくわくしたし、制作が終わった今、まるで夢を叶えたような、幸せな気持ちになっています。

――しかも、デビュー曲はチッチさんが大好きなGOING STEADY/銀杏BOYZの「夜王子と月の姫」のカヴァーなんですね。

応援してくださった方が“チッチが1位になってよかった”って思ってもらえるソロデビューにしたかったから、自分が大好きな曲に表現したいことを全部詰め込みました。どちらも熱狂的な支持を得るバンドなので、カヴァーは賛否両論があるだろうなとは思ったんですけど……。

――覚悟を決めて臨んだんですか?

はい。全部受け入れて、覚悟を決めて。それは、峯田(和伸)さんの音楽が好きで、ゴイステと銀杏の音楽にこれまで救われてきたからこそ。やらせてもらうからには自信を持って世の中に出すべきだと思ったんです。

――チッチさんならではの透明感のある歌声は、儚くて、美しくて、心動かされました。

嬉しいです、ありがとうございます。峯田さんの歌う「夜王子と月の姫」は、孤独を感じていた学生時代の私を救ってくれた優しい歌だったんですけど、私が歌ったら切ない歌になった気がしていて。好きな気持ちをちゃんと残しながらも、“私”をちゃんと表現できたんじゃないかなと思います。

――チッチさんの希望で、アレンジ、演奏、プロデュースをリーガルリリーが担当していますが、すごくいい音を鳴らしていますね。

本当に素晴らしいんです。見た目はふわふわっとしてかわいらしくておっとりしているのに、音を出したら嫉妬するくらいかっこいい女の子に豹変する3人で。予想をはるかに超えた音作りをしてくれて感動しました。

――刺激的なソロデビューを果たして、今後に向けても、より表現欲が高まっているのではないでしょうか?

機会をいただいて音作りから立ち会ってソロで歌ってみたことで、自分で曲を作れたらもっともっと楽しいんじゃないかなとか、いつかオリジナル曲をソロで歌ってみたいなとか、これまで自分の中にはまったくなかった想いが芽生えていて。BiSHとしてよりパワーアップしていくためにも、これからソロでいろいろな挑戦と吸収ができたらいいなと思っています。

 

高校生になったら自分にかかるお金は自分で稼ごうと決めていました

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー――では、ここからはバイト経験についてお伺いします。チッチさんはたくさんのバイト経験があるそうですね。

小さいころから好奇心旺盛で、やりたいと思ったことは全部やりたいんですよ。だから、だいたいいつも掛け持ちで働いていました。高校生の時は、朝6時から8時までファストフード店で働いて、放課後15時から17時までまた別のファストフード店で働いて、18時から22時まで居酒屋で働いて、土日はテーマパークで働いて。

――多忙ですね。休む間がないじゃないですか。

うちは母子家庭なので、高校生になったら自分にかかるお金は自分で稼ごうと決めていたんです。それに、私は働くことが楽しいし、接客業が好きなんですよ。いろいろな職場でいろいろな人に出会うのも、私にとってはすごく刺激的で。まだ世の中を知らない高校生にとって、学ぶことがたくさんありました。

 

いろいろな人と出会う接客業が好きで、バイト仲間との出会いも一生の宝物になってる

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー――そういったポジティヴ精神は昔からですか?

中学のころまではイジメられたこともあって、めちゃめちゃネガティヴだったんですけど、高校に入ったら楽しい人生を送ってやるって決めていたんです。あと、イジメていた人たちを絶対見返してやるという反骨精神が、どんな時も前向きでいられるように私を強く育ててくれたなとも思います。

――中でも、印象深いバイトというと?

居酒屋ですね。不良っぽい人やギャルも先輩にいて、最初は怖かったんですけど、一緒に働いてみると、みなさんすごく優しくて「ちぃちゃん」って呼んでかわいがってもらって。今でも連絡をくれたり、BiSHのライヴに来てくれる先輩もいるし、一生の宝物になる出会いをさせてもらえたと思います。

――ちなみにどんな仕事内容でしたか?

大学生が毎日100人以上来るお店で、食べ放題&飲み放題コースがあったから、片手にジョッキを5つずつ持ったり、料理を一気にたくさん運んだり、あちこちでオーダーを受けて頭がパンクしそうになったりで、めっちゃ大変でした(笑)。忙しさもあって、どうしてもオーダーミスをしてしまうこともあったんですけど、間違えた時は、なるべく元気よく謝って、何より笑顔でいることは心がけていました。でも、全体に振り返ってみると、しんどかったより、楽しかったという思いのほうが強いんですよね。

 

当時の経験が知らないうちに、自分の栄養になっていると感じる

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー
――土日に働いていたテーマパークでは、どんな仕事を?

プールがメインのテーマパークだったんですけど、海賊の衣装を着て、お客さんを呼び込んだり、レストランでオーダーをとったりしていました。

――外での呼び込みは、夏はとんでもなく暑そうですね。

もう、めちゃめちゃ暑かったですね。館内のフードコートにしても、どうしても動くと暑くなるから、みんな汗だくになって働いて、休憩時間は涼しい場所に駆け込むみたいな(笑)。でも、バイト仲間みんなでわいわい言いながら休憩時間を過ごしたり、その一体感が青春でしたね!

――仲間を大事にされているんですね。

一人でいるのも好きですけど、共有して得られる喜びって大きいと思うんです。だから人との出会いは大事にするようになったし、それがあったからどんなことも楽しく乗り越えられたんだと思います。それと、専門学校生の時に働いていたレンタルショップも、思い出深いです。バイトをしていると借り放題だったので、たくさんの音楽や映画、ドラマを見たし、当時は勉強というつもりはなかったんですけど、自然とそれが自分の栄養になったとも思っています。あとは、小学生に勉強を教えたり……。

 

人に勉強を教えてた経験——イチから相手の立場になることが今に活きてる

――やってみてどうでしたか?

自分は分かっていたとしても、人に教えるためには、ちゃんと説明できないといけないので、その難しさはありましたね。でも、私自身も学生の頃、数学が苦手でイチから教えてもらった経験があるので、なにも分からない人の立場に立って説明するようには心がけていました。そういう相手の立場になって考える経験があったから、BiSHでまとめ役としていられているのかなという気もするし……。今、お客さんとフレンドリーに話せたり、お客さんの顔を覚えたりできるのも、接客業で学んだことが自然と活かされていると思うと、たくさんのバイトを経験して、いろいろな人と関わってこられたのは、私にとって必要なことだったなと思います。

 

経験したことは消えない——貪欲に挑戦していけば、自分の未来につながる可能性が見えてくる

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー――実り多いバイト経験があったからこそ、今のチッチさんがいるのですね。バイトをする際に心がけていたことはありますか?

私は、その月にいくら稼ぎたいかを決めて働いていました。もし掛け持ちでバイトをするなら、スケジュール管理をして、絶対にダブルブッキングをしないようにすることが大事ですね。あとは、人生は一度きりですからね。自分でした経験は消えないので、やってみたいなと思ったら、ためらわずに飛び込んでみたらいいんじゃないかと思います。一歩踏み出してみれば、楽しいこと、初めて知ることがたくさんあるし、人として成長していけるので。貪欲に挑戦していけば、自分の未来につながる可能性も見えてくると思います。

 

🎁 セントチヒロ・チッチさん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、セントチヒロ・チッチさんのサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒 キャンペーン開催期間
2018年9月18日(火)~2018年9月24日(月)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

▼こちらも読みたい▼

アイナ・ジ・エンドBiSH ビッシュ タウンワーク フロムエーアイナ・ジ・エンド(BiSH)インタビュー『ダンスレッスンで生徒にかけた言葉は、自分自身への励ましの言葉でもあった』

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHから2枚看板とも言えるアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチが両A面シングルでソロデビュー! BiSH加入前に自身で初めて作詞・作曲した楽曲「きえないで」について伺ったほか、不器用さ全開のバイト経験や、それでも夢を追いかけ続けた下積み時代のお話を伺いました。

※「タウンワークマガジン」に遷移します。

◾Profile

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

BiSH(ビッシュ)は、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる楽器を持たないパンクバンド。2016年5月4日にシングル『DEADMAN』でメジャーデビュー。エモーショナルなパフォーマンスや個性溢れる歌声で多くのファンを魅了している。セントチヒロ・チッチはリーダーとしての役割も担っている。
10月からは『BRiNG icing HORSE TOUR』がスタート。ファイナルは12月22日(土)千葉 幕張メッセ9・10・11ホールにて開催!

◆BiSH OFFICIAL SITE:http://www.bish.tokyo/
◆BiSH Official Twitter:@BiSHidol
◆セントチヒロ・チッチ Official Twitter:@Chittiii_BiSH

◾リリース情報◾
両A面シングル『夜王子と月の姫/きえないで』9.19 Release!

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー
【初回生産限定盤】
(CD+Blu-ray Disc+PHOTOBOOK)
品番:AVCD-94153/B
価格:¥4,800+tax
*デジパック仕様

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー
【通常盤(CHiTTiii盤)】
(CD)
品番:AVCD-94154
価格:¥1,000+tax

インタビュー BiSH セントチヒロ・チッチ フロムエー
【通常盤(AiNA盤)】
(CD)
品番:AVCD-94155
価格:¥1,000+tax

企画・編集:ぽっくんワールド企画
撮影:河井彩美
取材・文:杉江優花

関連する求人情報

関連ワード

働くコラムの関連記事
北川尚弥
俳優・北川尚弥さんインタビュー 「悩むことも仕事の一つ。悩んだ分、ステージでは必ずいいものが表現できる」

ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターが好きな男子高校生たちの青春を描いた「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」で、主人公・長谷川康…

小宮有紗
女優/声優・小宮有紗さんインタビュー 「何事も自分との闘い。どんどん新しい自分へと更新していきたい」

元ヤクザの私立探偵と小学生の少女--血のつながらないふたりのせつない絆が描かれる犯罪エンターテイメントムービー「アウト&アウト」に花屋の理恵…

推した本は飛ぶように売れる!カリスマ書店員・新井見枝香さんに聞く、”学生におすすめの書籍3選”と”書店員としての楽しさ”

最近、本を買って読んでいますか?なかなか本が売れない時代と言われる中、推した本が必ず売れると言われるカリスマ書店員さんが話題になっています。…

Gero
アーティスト・Gero/インタビュー 『歌い手になった今、あらためて無駄な経験なんて一つもないと思う』

動画投稿サイトから人気に火がつき、今年メジャーデビュー5年目となるGeroさん。上京時はバイトと両立しながら音楽活動をしていたお話や、曲作り…

小野塚勇人
俳優・小野塚勇人さん(劇団EXILE)インタビュー 「一歩前進する勇気がたいせつ。僕も恥をかきながら前進していきたい」

大学の実習で蔵元を訪れた女子大生と、日本酒造りに懸ける人々のふれ合いを描いた映画「恋のしずく」で、老舗蔵元の息子・莞爾(かんじ)に扮した小野…