バイト面接にふさわしい高校生の服装マナーまとめ

高校生 バイト 面接 服装 マナー バイト フロムエー

バイトの面接は誰しも緊張するもの。なかでも、社会経験の少ない高校生は、面接の約束はしたものの、「どのような服装で臨むべきか分からない」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。面接は第一印象が重要なので、きちんとマナーを守った服装を心掛けることが採用に近づくためのポイントです。ここでは、バイトの面接を控えた高校生に向けて、服装選びのコツを紹介します。

【目次】
1.高校生のバイト面接は私服と制服どっち?
2.制服で面接を受ける際のポイントは?
3.私服で面接を受けるときの服装
4.好印象を狙うなら制服が無難

高校生のバイト面接は私服と制服どっち?

高校生 バイト 面接 服装 マナー バイト フロムエー

高校生がバイトの面接に臨む際は、基本的に制服と私服のどちらでも問題ありません。ただ、一般的に高校生の正装というと、「制服」というイメージを持つ人も多いため、制服は無難かつ万人受けしやすい服装といえます。そのため、無難さや好感度の高さを重視するのであれば、制服を着用すると良いでしょう。しかし、なかには面接の約束が夜遅い時間だったり休日だったりするような場合は、私服の方が良いというケースもあります。その時々の状況に合わせて、制服と私服のどちらで臨むべきかを判断しましょう。

制服で面接を受ける際のポイントは?

高校生 バイト 面接 服装 マナー バイト フロムエー

制服で面接を受ける場合は、「校則を守った着方」を意識することが大切です。自己流の着こなし方をしていると、だらしなかったり締まりがなかったり、真面目さから遠のいた印象を与える原因につながります。校則通りの着方をし、清潔感や真面目さを印象づける装いを心掛けましょう。例えば、ボタンを外したり、ネクタイやリボンを緩めて着用したりすることは避けた方が無難です。また、ズボンを腰で履いたり、スカートを折って丈を短くしたりすることも避けた方が良いでしょう。なかでも飲食店は衛生面のチェックが厳しいため、清潔感のある服装を意識することが肝心です。制服にホコリや汚れが付いていないか確認することはもちろん、靴もきちんと磨いておきましょう。靴は見逃しやすいポイントですが、意外に人から見て汚れが目立つ部分になりえます。面接までにきちんと制服と靴の汚れを確認しておき、万全の状態で出かけられるように準備しておきましょう。

私服で面接を受けるときの服装

高校生 バイト 面接 服装 マナー バイト フロムエー

バイトの面接は派手ではなく、清潔感のある服装であれば、私服で臨んでも問題ありません。ただし、私服は選ぶアイテムによってはカジュアルな印象を与えやすくなるため、シンプルかつ真面目さを印象付けられるものを選びましょう。

男性の場合は、トップスに無地やストライプ柄といった、シンプルな襟付きのシャツを選ぶと好印象を与えやすくなります。色はホワイトやパステルカラーといった、爽やかなものが良いでしょう。ボトムスはコットン素材のチノパンを合わせると無難です。髪型は、前髪が目にかからない長さにしておきましょう。それから、寝癖の付いたボサボサ頭は、清潔感から遠のいた印象につながります。きちんと寝癖を整えて面接に臨みましょう。

女性の場合は、トップスに淡く明るい色合いのシャツやブラウスを選ぶことがおすすめです。柄は無地か、派手にならないものを選びましょう。ボトムスは丈の短すぎないスカートや、パンツを合わせると無難です。髪の毛が長い場合は、顔周りがすっきりと見えるように、ゴムで結んでおくと爽やかな印象に近づけます。メイクは派手な印象にならないように、ナチュラルメイクを心掛けることがポイントです。濃いアイメイクやリップメイクは、高校生が持つフレッシュな印象から遠ざかってしまう原因につながります。また、女性のなかにはネイルアートをしている人が見られますが、バイトの面接では長い爪や派手なネイルは避けた方が無難です。清潔感のある印象を与えられるように、爪は長すぎないようにしておきましょう。それから、男女ともに注意しておいた方がいいポイントは、ジーパンの着方です。ジーパンで面接に行くことがいけないわけではありませんが、ジーパンは職種によっては、カジュアルでくだけた印象を与えてしまうため、迷うようであれば避けた方が無難です。職場の規則の規則によって、ジーパンを着用しても問題がないというケースも存在しますが、ダメージ加工や派手な柄の入ったものは避けて、シンプルなデザインを選ぶと良いでしょう。ただし、どんなにカジュアルな服装が許されていたり、規則がゆるかったりする職場だとしても、ジャージやスウェットなどのラフすぎる服装で面接に臨むことは、避けた方が良いでしょう。それから、アクセサリーの着用は控えめにするということも大切です。大ぶりのピアスやネックレス、リングなどのアクセサリー類は、派手な印象を与えてしまうおそれがあります。おしゃれをしたいという気持ちは理解できますが、バイトの面接は大切なビジネスシーンの一環です。面接官にきちんと敬意を払っている姿勢を、見せるためにも、面接時はアクセサリー類を外した方が良いでしょう。

好印象を狙うなら制服が無難

高校生 バイト 面接 服装 マナー バイト フロムエー

服装はその人の第一印象を決める大きな要素のひとつです。職種にもよりますが、好印象を与えやすく、万人受けしやすいものを選ぶことが肝心です。その観点から考えると、制服は校則を守って着用すれば真面目で良い印象を与えやすい服装です。私服選びに悩んでしまったり、印象を少しでも良くしたかったりするのであれば、制服を着て面接に臨むと失敗が少ないでしょう。

関連する求人情報

関連ワード