推した本は飛ぶように売れる!カリスマ書店員・新井見枝香さんに聞く、”学生におすすめの書籍3選”と”書店員としての楽しさ”

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
最近、本を買って読んでいますか?なかなか本が売れない時代と言われる中、推した本が必ず売れると言われるカリスマ書店員さんが話題になっています。

今回は、書店員の仕事の魅力と、カリスマ書店員が推薦する『学生におすすめの書籍3選』をご紹介していきます。本好きの学生さん必見です!

>>書店員バイトを探すならこちら!<<

アルバイトからスタートし、今やカリスマ書店員として大活躍!新井見枝香さんって?

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
三省堂書店神保町本店で働く、新井見枝香さん。アルバイトから書籍の世界に入り、今では各種メディアでも引っ張りだこの“推した本は必ず売れる”カリスマ書店員です。

新井さんの書店員としてのスタートは約10年前。アルバイト先を探していたとき、たまたま店頭で「アルバイト募集」の貼り紙を目にして応募したのが三省堂書店有楽町店でした。時間や曜日の条件をつけずに週5日シフトに入り、書店のさまざまな業務を覚えていったといいます。

徐々に責任の重い仕事を任されるようになって、アルバイトでありながらも“任される楽しさ”を知った新井さん。今度は、実際に読んでみて自分が面白いと感じた本にオリジナリティーあふれるPOPを作成して、ダメ元で社員に「つけてみたい」と提案してみます。すると、日頃の新井さんの働きぶりが功を奏してOKの返事が。早速売り場につけてみた結果、そのPOPが評判を呼び、瞬く間に新井さんが推薦する本が売れていきました。

アルバイトから契約社員、そして正社員へ

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
積極的な仕事ぶりが評価された新井さんは、その後、契約社員を経て現在は正社員として文芸書を担当。カリスマ書店員としてテレビやラジオ、各種メディアにも度々登場する大人気書店員として活躍しています。

新井さんが注目されるようになった取り組みのひとつに「新井賞」というものがあります。これは新井さんがたった一人で文芸作品を独自に選定し、「賞」という名をつけて発表するもの。実際に「新井賞」に選ばれた作品は、店舗では「芥川賞」・「直木賞」よりも売れると言われるほど、多くの人から信頼を集めているのです。

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
そんな新井さんですが、なんと作家デビューも果たしています。2017年に12月にエッセイ本「探してるものはそう遠くはないのかもしれない」(秀和システム)を出版し、2冊目の「本屋の新井」が今月発売になったばかり。執筆活動に加えてトークイベントなども精力的にこなす、まさにアルバイトから生まれたスーパーウーマンなのです。

多くのことを吸収できる!書店員のアルバイトとは

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
そんな新井さんにアルバイト時代の1日を伺いました。

「まずは開店前の朝礼からはじまります。社員さんから売筋や完売になった本に関する情報、イベントなどについて伝達があったことをメモします。これはお客さまから問い合わせがあったときにすぐに応えられるようにするためです」(新井さん)

お店が開店すると、最初のうちはレジ業務が中心。レジに入りながらその合間を縫って本にかけるカバー折りを行います。
徐々に仕事に慣れてきたら、雑誌の付録分けや「雑誌抜き」といって、発売日を翌日に控えた雑誌を棚から抜く作業などが任されるように。

「取り寄せなど、お客さまから注文を承る業務やプレゼント包装、さらには店内巡回や店内整理が自発的にできるようになると、一人前と言えますね」(新井さん)

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
「長く勤めていると、アルバイトでも関われる仕事の幅が広くなります。例えば、著者来店などのイベントのお手伝いや社員が不在のときは各出版社の方への対応など、かなり責任のある仕事も任せてもらえます。それぞれに担当ができ、専門職のようになっていきます」(新井さん)

やっぱり書店員が最高!と感じた瞬間

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
面白い本をたくさんの人に知ってもらいたいという思いで、自ら進んでPOPを書き始めた新井さん。POPを書いた本が売れるのはもちろん喜ばしいことだと言いますが、それ以上にうれしかった出来事があったそうです。

「今では、ドラマの原作になるほど有名な中山七里さんが作家デビューしたばかりの頃、『とても面白い作家さんだ!』と思って、POPを書きました。するとある日、レジで『あのPOPを書いた書店員さんはどなたですか?』と尋ねられたことがあったんです。恐る恐る『私です』と答えると、『私が中山七里です』と言って、中山さんご本人がご挨拶をしてくださいました。デビューしたばかりの自分の作品に、はじめてPOPで紹介してもらえたのがうれしくて声をかけてくださったそうです。その時、私のやっている仕事は、作家さんにも喜んでもらえているんだということを知れて非常に励みになりました」(新井さん)

書店で働いていると、作家さんと触れ合える機会にも恵まれるそうです。特に大きなお店では、著者来店などのイベントで1日に何人もの作家さんが来店されるので、作家さんと会って話をするチャンスが頻繁にあると言います。

また、書店員さんは元々本が好きな人が集まることが多いので「本の話を他の人と共有できる場所ができたこと」も嬉しかったそう。書店で働く前は、人と大好きな本の話をすることはなかったという新井さんですが、好きなものを人と共有できる楽しさ、話をわかってもらえるうれしさを知れたことが、書店員になってよかったと感じる理由の一つだそうです。

そこで、独自の目線で本選びを行う新井さんに、学生のみなさんにぜひ読んでほしいという本を3冊教えていただきました。

新井さんおすすめ!学生におすすめの書籍3選

将来の悩み、不安に対しておすすめの本

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
「猫のお告げは樹の下で」/青山美智子/(宝島社)1300円(税別)

あらすじ:
猫のお告げがきっかけで、思い悩む人たちの世界をガラッと変えていく7つの連作短編集。

新井さんおすすめポイント:
「ポイント」というCD屋でアルバイトをしている就活中の学生の物語が、就職試験に落ち続けて自信を失ってしまった人におすすめです。
同じ人物が別の物語にも登場する、爽やかで親切な店員さんとして描かれています。その店員さんが自分自身の良さや向いている仕事って、意外と自分ではよくわかっていないのかもしれないということに気づかせてくれます。

人間関係に悩んだときのおすすめの本

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
「おまじない」/西加奈子/筑摩書房/1300円(税別)

あらすじ:
人生に行き詰ったとき、ぽんと前へ進むための「おまじない」のような言葉をもらう瞬間を描いた、連続短編小説。

新井さんおすすめポイント:
「孫係」は、実は仲良くなんてない「おじいちゃま」と良好な関係を演じることで、周囲の人をしあわせにする物語。
人と人の関係に、正解なんてないのだと楽になります。

恋愛について悩んだ時のおすすめの本

三省堂書店 神保町 新井見枝香 書店員 本 文芸 カリスマ 推薦 書籍 バイト フロムエー
「愛なき世界」/三浦しをん/中央公論新社/1600円(税別)

あらすじ:
洋食屋で働く男の子が、配達先の大学の研究室でひたすら植物の研究に打ち込む女の子に恋をする物語。その恋の行方は……

新井さんおすすめポイント:
付き合う付き合わない以前に、他のことに夢中な相手にはどうやって接したらいいのか。愛とはそもそも何なのか。と、恋愛に悩む主人公の心の内が描かれています。
この小説で、うまくいかない恋愛を楽しむ方法を学んでほしいと思います。

まとめ

いかがでしたか? 書店員はアルバイトでも、長く経験を積めばやる気次第ではかなりやりがいのある仕事を任せてもらえるようですね。作家さんと実際に触れ合える機会もあるみたいなので、本が好きな人、本の世界をもっと知りたい人には非常に魅力的な仕事ではないでしょうか。

文/福田 彩 撮影/八木虎造

>>書店員バイトを探すならこちら!<<

関連する求人情報

関連ワード