ジョイマン高木 第1話「道標」|履歴小説

takagi_banner
カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

第1話のお題は、世田谷区在住、浅野真悟(21)の履歴書。

asanoshingo_rirekisho
※クリックで拡大

書き手は、ツイートがエモすぎると話題のラップ芸人、ジョイマンの高木晋哉でお送りします。

 

ジョイマン高木 第1話「道標」

 
一年前、母が亡くなった。

母の死は僕の生活に影響を与えた。話だけ聞けば当たり前に思えるかもしれない。しかし、それは当事者には通用しない理屈だ。少なくとも僕にとって“人は当たり前の事には抗えない”と思い知らされる事は、人生の歩みを止めるのに充分な出来事だった。

頼りにしていた地図を失くしたのだ。自分がどこにいるのかすら分からず、立ち尽くすしかなかった。誰かに助けを求めようにも、周りに何か目印となるようなものは見つからない。僕は途方に暮れていた。

僕は誰にも言わずに大学に休学届けを出し、ヴァイオリンを弾いた。食事や睡眠以外の時間は、母の好きだったバッハの「G線上のアリア」を休まず弾き続けた。その優雅な旋律は、隙あらばざわつこうとする僕の心を優しく撫でて落ち着かせてくれた。

そして僕は母の好きだった花を育て始めた。母はガーベラが好きだった。育てたガーベラを家のあらゆる所に飾った。色とりどりのガーベラは、部屋の隅や、床や、天井から絶え間なく染み出してくる行き場のない哀しみを少しだけ美しいものに感じさせてくれた。

一連の僕の行動に父はどうしていいか分からないようだった。仕方の無いことだと思う。

世の中は、どうすればいいか分かる事よりも、どうすればいいか分からない事の方がずっと多い。僕は自分がどういう状況なのか上手く言葉に出来なかった。しかしどこで何をするにも、それを周りから求められているような気がして、戸惑うばかりだった。

なぜ人はあらゆる事を言葉にして理解しなくては気が済まないのだろう。いびつな胸の内は、言葉にしようと光を当てれば当てるほど、暗い影がおぞましく形を変えて現れるだけ。それが周りの人々や僕にとって何らかの足しになるとは到底思えなかった。

僕は、心配する父への言いわけ代わりにアルバイトを始める事にした。生まれて初めてのアルバイト。今までに経験した事の無いものをと思い、イベント会場の設営の仕事を選んだ。仕事は都内のショッピングモールで行なわれるイベント会場の設営だった。

僕の素性を全く知らない人達と一緒に仕事をするという事に緊張したが、常に言われるがまま黙々と作業をした。黙々と作業をする事で、いつも考えてしまう余計な事を考えずに済んだ。しかしその行為は、毎日をただ薄く引き伸ばし、報われない延命治療を続けているだけのようにも思えた。

takagi_event
アルバイトにも慣れてきていたある日、仕事が終わり、会場を設営したイベントが始まる頃、僕はショッピングモールを後にしようとしていた。お笑い芸人のイベントという事だったが、お客さんは数人しか集まっていなかった。出口を出ようとした時、ふいに背中越しに聞いた事のあるネタが耳に入ってきた。

「今日は沢山の御来場ありがとうオリゴ糖!」

イベントに出演していたお笑い芸人はジョイマンだった。亡くなった母はお笑いが好きで、特に、韻を踏んだラップ調のリズムネタをするこのジョイマンという芸人が好きだった。母の愛したジョイマン。十年近く前だっただろうか、ネタを見るたびに母は楽しそうに笑っていた。僕はそんな母を見るのがとても好きだった。

僕達の設営したステージに立つジョイマンは、あの頃と全く同じネタをやっていた。寸分違わず全く一緒だった。

悠久の時を超えて、あの滞空時間の長いステップで悠然と舞台上を漂うジョイマンの変わらぬその姿は、まるで三億五千万年以上も姿形を変えていない“生きた化石”と呼ばれる古代魚シーラカンスのようであり、生や死、更には時という概念をも超越した究極に新しい存在のようにも見えた。

ジョイマンから目が離せなくなっていた。食い入るようにネタを観ていた。母が亡くなって、僕はこの世界が何もかも変わってしまったような気がしていた。もう僕のいた世界は永遠に失われてしまったのではないかとすら思っていた。しかしジョイマンのように、いつも変わらないでいてくれるものもある。

涙が溢れていた。確かに母はもういない。しかしジョイマンはここにいる。僕はジョイマンを通して母が幸せに生きていた事を感じられる。ステージ上のジョイマンが、涙で滲んでいた。

僕が母から受け取れなかった命のバトンを、ジョイマンが手渡してくれたように思えた。なぜこんな気持ちになるのだろう。僕は決定的なものを失ったと思っていた。寂しさは何食わぬ顔で僕にこびりついていく。哀しみは煙草の臭いのように身体に染み付いていく。人は当たり前の事には抗えない、僕はそれを受け容れようとしていたのに。甘んじて屈しようとしていたのに。

しかし今、僕は歩き出さずにはいられないでいる。ジョイマンに背中を押されるかのように。慣れ親しんだ哀しみを置き去りにして、図々しくも前を向き光の方へと歩き出そうとしている。足がもつれる。膝をついてもいい、尻もちをついてもいい、どんなに格好悪くていびつな歩みだろうと。

今、僕には歩むべき道が見える。

 


 
著者・ジョイマン 高木晋哉(@joymanjoyman

takagi_profile
お笑い芸人。神奈川県横浜市出身。桐蔭学園高等学校出身。早稲田大学中退。 NSC東京8期生。2003年中学からの同級生池谷とジョイマンを結成。出演番組は、「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ)、「エンタの神様」(日本テレビ)、舞台「ハイスクール奇面組」(大間仁 役)など。

第1話「道標」
第2話「雨」
第3話 9月25日公開予定

著者からのコメント
履歴書からは、恵まれた家庭でたくさんの愛を受けて育ってきた素直で柔らかな心を持った男の子を想像しました。この男の子が、人生の試練が襲ってきた時にどう乗り越えていくのか、そこに興味があったので僕も楽しみにしながら書き始めました。

 

▼履歴小説とは?▼

履歴小説_タイトルバナー
【履歴小説】5人の作家が3枚の履歴書から物語を妄想してみた
カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家が、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴ります。

 

▼5人の第1話を読みくらべる▼

カツセマサヒコ 履歴小説 第一話カツセマサヒコ 第1話
「from2119」

shinada_banner品田遊 第1話「検索履歴書」

saeri_banner夏生さえり 第1話
「なんでもやる覚悟です~志望動機は恋にある~」

konoha_banner比之葉ラプソディ 第1話「真悟は激怒した」

関連する求人情報

関連ワード