アルバイトの応募先から着信アリ!折り返し電話のポイントは?

FromAしよ!! アルバイトの応募先から着信アリ!折り返し電話のポイントは?アルバイトに応募した後、応募先から面接の日程や持ち物について、電話で連絡が入ることがあります。自分の電話に応募先からの着信履歴が残っているのを見て、緊張して慌ててかけ直し、受け答えがしどろもどろになってしまった経験はありませんか?

1回目の着信で電話にでられず、応募先に折り返しの電話をするときは、電話をするタイミングやかけ方に気をつけるべきポイントがあります。ここでは折り返しの電話の基本的なマナーや注意点、すぐに使えるトーク例を紹介します。

応募先からの着信には必ず折り返しを!

応募先からの着信履歴があることを確認したら、必ずこちらから折り返しの電話をかけるのが大切なマナーです。着信に気づいたら出来るだけ早めにかけ直すことが基本です。応募先からの着信に気が付いたら、まずは慌てずに留守番電話に先方からのメッセージが残っていないかを確認します。留守電にメッセージがあれば、その内容を聞いて電話をくれた担当者の名前を確認し、それをふまえて担当者あてに電話をかけ直します。応募先の担当者が「またかけ直します」という内容のメッセージを残していても、電話をもらった場合はこちらからかけ直すのが常識です。

折り返し電話をするタイミング

折り返しの電話をするタイミングですが、留守電に連絡時間の指定があったらまずそれに従います。応募した業種によって忙しい時間帯は決まっていますので、その時間をさけて電話をするのがおすすめです。

オフィスワークであれば、お昼の12時~13時はランチの時間帯で、担当者が席をはずしていることが予想されます。また始業直後や終業間際も社内ミーティングで離席していたり、業務に追われていたりする可能性が高いので、できるだけその時間は避けましょう。

また応募先が飲食店やショップの場合は、昼休み前後や夜は接客で忙しい時間帯です。この時間は避けて電話をかけ直した方が良いでしょう。

アルバイトに応募した時に連絡の時間帯が記載されていたら、できるだけその時間帯に折り返しするようにします。

折り返し電話のトーク例

では折り返しの電話の具体的なかけ方を紹介します。自分がアルバイトに応募した立場であること、すでに電話をもらっていることを、電話にでてくれた人に簡潔に伝えることが大切です。

「お忙しいところ失礼します。わたくし、アルバイトに応募しました◯◯と申します。先ほどお電話をいただいたようなのですが、ご担当の××様はいらっしゃいますか」。

担当者に電話がつながったら

「わたくし、アルバイトで応募しました◯◯と申します。先ほどはお電話をありがとうございました」。

と伝えましょう。先方は電話の内容を理解して、すんなり要件にはいれるはずです。もし担当の人が不在であることを告げられたら

「こちらからかけ直しますので、恐れ入りますがわたくし○○から電話があったことご伝言お願いします」。

とお願いして、静かに電話を切ります。

応募先から電話がかかってきた場合は、要件は面接の日時の持ち物の連絡など、高い確率でメモを取る必要が出てきます。筆記用具を準備して、スケジュールを確認できるものを手元に置いてから電話をかけるようにしましょう。

かかってきた電話番号は記録しておこう!

無事に電話をかけ直し終わったら、応募先からかかってきた電話番号はそのまま携帯電話のアドレス帳に登録しておきましょう。電話番号を登録することで、この次採用の連絡などの電話がかかってきたときに、電話をとる前に気持ちの準備ができるので「もしもし?」ではなく、戸惑うことなく「はい◯◯です」と落ち着いて電話に出られるようになります。電話でのスムーズな受け答えは先方からの印象がよくなります。番号を登録するときは会社名だけでなく担当者の名前も一緒に登録しておくと、忘れることがなく便利です。

電話をしてくれた担当者の名前が分からない場合は?

留守電にメッセージが残っていなかったり、メッセージがうまく聞き取れなかったりしたせいで、電話をいただいた担当者の名前が分からないことがあります。その場合は、担当者の名前が分からないことを取り次ぎの人に率直に伝えても失礼ではありません。

「お忙しいところ失礼します。わたくし、アルバイトに応募しました◯◯と申します。先ほどお電話をいただいたようなのですが、採用ご担当の方はいらっしゃいますか」。

と伝えることで、たいてい、うまく取り次いでもらえるはずです。

まとめ

アルバイトの応募先から電話があった場合の、折り返しで気をつけることについて紹介しました。1回で電話に出られなかったことが応募の合否につながるわけではないので、メモをとる準備をして落ち着いて静かな場所から電話をかけ直しましょう。冷静でしっかりとした電話の受け答えは、この先バイトの上司や同僚になる人に、よい印象を与えます。電話ではポイントを押さえて、はきはきと爽やかな声で話すことを心がけてください。

 
協力会社/ウィルゲート

関連する求人情報

バイトの応募・問合せの関連記事
フロムエーしよ!! 【例文あり】バイト応募のメールの書き方
【例文あり】バイト応募のメールの書き方

アルバイトへメールで応募する機会は増えています。応募する側としては、好きな時間に応募できるというメリットがありますし、企業としても空いた時間…

現役学生に質問!一度に複数のバイト先に応募する時のマナーや注意点は?
現役学生に質問!一度に複数のバイト先に応募する時のマナーや注意点は?

学生のみなさんの中にはバイトをしている人や、これから始めようと考えている人もいますよね。 思い立ったら吉日!バイトを決意した以上、少しでも早…

知っている番号がフリーダイヤルの場合、アルバイト応募の電話で使用していいの? 
知っている番号がフリーダイヤルの場合、アルバイト応募の電話で使用していいの? 

フリーダイヤルは、通話料金を電話をかけた側ではなく、電話を受けた側が支払う仕組みです。 そのため、アルバイト応募をする際にフリーダイヤルを使…

バイトのWeb応募の面接の連絡がメールできた。メールで返信する場合のマナーを紹介

Webで応募をしたとき、メールで面接の連絡が来ることがよくあります。メールでやりとりをする場合、返信はできるだけ早くするなど、メールならでは…

バイト応募電話をかける時の確認事項まとめ

バイトの応募をする際に、まず、最初の一歩となるのが電話です。直接顔を合わせずに声だけでやりとりする分、電話の掛け方次第で印象が大きく変わって…