バイト求人の応募メールをしたい!書き方や送り方は?例文あり

求人 メール 応募 書き方アルバイト求人への応募方法は電話が一般的です。しかし最近ではメールで受け付けている企業も増えてきています。メールの場合、企業にとっては大量の応募があっても管理をしやすいという利点があります。応募者にとっても気軽に応募ができるとういメリットがあります。しかし、いざ応募しようとしても、どのように送っていいのか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。そこで、求人の応募メールの書き方と送り方のポイントについて解説します。

【目次】

求人応募メールを送るときのマナー

求人 メール 応募 書き方気軽に利用できるメールですが、だからこそ慎重にマナーを守って送ることが大切です。そこで、送る際に気を付けておきたい4つのポイントをご紹介します。

(1)敬語を使う
メールにおいても敬語を使ってやりとりができるというのは、社会人としての基本です。応募の段階で正しい敬語を使用することができない人は、これから一社会人として働くことは難しいと採用担当者から判断されることもあるため、気を付けましょう。

(2)馴れ馴れしい表現は避ける
普段は親しい友人や家族とだけメールを使用するという人も多いでしょう。そんないつもの感覚で応募メールの際にも馴れ馴れしい表現を使ってしまわないように気を付けましょう。しかし、社会人のマナーとして立場や状況に合った表現を使用することは基本です。応募のメールではカジュアルな言葉遣いは避け、相手を敬った失礼のない表現をするようにしましょう。

(3)簡潔に内容を伝える
応募メールを書く際にありがちなのは、長々と長文で書いてしまい結局何を言いたいのかわからなくなってしまうケースです。忙しい採用担当者にとって長い文章を読むことは大きな負担です。書くべきことが抜けているメールでは困りますが、ダラダラとした文章にならないように、できるだけ簡潔に書くように心がけましょう。

(4)件名はわかりやすくする
応募メールがたくさん届いた場合や応募のメール以外も数多くのメールを受け取る場合、採用担当者は、一目で内容がわかる件名が付けられていると管理しやすく助かるものです。件名には、メールの内容を簡潔に書き、その後に自分の氏名を添えるとわかりやすくなります。
件名の例:「アルバイトの応募について|フロム太郎」

 

求人の応募メールの構成内容は?

求人 メール 応募 書き方
メールの書き方には基本の構成があります。注意すべきポイントをおさえた上で、下記に紹介している順番を参考にしながらメールを構成して、実際に作成してみるとよいでしょう。

(1)件名
本文とは別に設けられている件名欄には、「アルバイトの応募の件」といったように簡潔に要件を明記します。ただし、募集要項に件名の書き方の指定があった場合には、指定された通りに書くようにしましょう。

(2)宛先
本文の最初に記入する項目です。1行目には会社名、2行目には採用担当者名を書きます。会社名は「(株)」といったように略すことはせずに「株式会社」のように正式名称で書くことがマナーです。また、募集要項に採用担当者の名前の記載がなかった場合には、「採用ご担当者様」と書くこともできます。

(3)冒頭の挨拶
「はじめまして」といった挨拶から入り、続けて「〇〇と申します」と自分の名前を記載します。名前は必ずフルネームで書くようにしましょう。

(4)用件
バイトの応募のためのメールであることを伝えます。併せてバイトの募集を知ったきっかけも書き添えるとよいでしょう。たとえば「〇〇の求人広告を拝見し、〇〇のアルバイトに応募させていただきたく、メールにて連絡差し上げました」といった書き方です。

(5)自己紹介
必要事項を簡潔に書くことがポイントです。記載すべき事項は、冒頭の挨拶から始まり自分の氏名、さらに、住所、電話番号、メールアドレスとなります。住所は必ず都道府県名から書きましょう。電話番号は自宅でも携帯電話でも構いませんが、連絡が付きやすい番号を書くことが必要です。学生の場合には学校名と学部名も記載しておくとよいでしょう。

(6)志望動機
自分をアピールするチャンスとなる項目です。募集している仕事に応募した理由などを書きます。つい長く書いてしまいやすい項目ですが、できる限り簡潔にまとめて書くようにしましょう。

(7)締めの挨拶
必ず、「よろしくお願いいたします」といった挨拶の言葉で締めます。

(8)署名
メールの末尾には、送信者の氏名や連絡先などを記載することが基本のメールマナーです。自己紹介で記載した項目とかぶる内容となりますが、必ず、自分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載しておきましょう。

 

求人応募メールの例文

求人 メール 応募 書き方

(1)アルバイト応募の件|フロム太郎

(2)〇〇株式会社 △△部
アルバイト採用ご担当者様

(3)はじめまして、フロム太郎と申します。

(4)〇〇の求人広告を拝見し、〇〇のアルバイトに応募させていただきたく、メールにてご連絡差し上げました。

(5)簡単ではありますが自己紹介させていただきます。
————-
山田太郎
東京都〇〇区〇〇1-1-1
090-××××-××××
×××@××××.××.JP
〇〇大学〇〇学部在学
————-

(6)こちらのお店の雰囲気が好きでよく通っていました。
接客の仕事に興味があり、ぜひこちらのお店で働かせていただきたく応募いたしました。
接客の仕事は未経験ですが、明るい性格を活かして、お客様にも気持ちよく過ごしていただける接客を心がけたいと思っております。

(7)以上です。何卒よろしくお願いいたします。
————-
(8)フロム太郎
東京都〇〇区〇〇1-1-1
090-××××-××××
×××@××××.××.JP
〇〇大学〇〇学部在学
————-

 

履歴書をメールで送るときのマナーは?

求人 メール 応募 書き方
メールの応募の際には履歴書を添付するように採用担当者から指示を受けることもあります。メールに履歴書を添付する場合には、ファイル名の付け方に気を付けなければいけません。採用担当者が管理しやすいように、一目でわかるファイル名を付ける気遣いが必要です。具体的には、日付、ファイル内容、氏名の順に羅列したものをファイル名とします。ファイル内容とは、この場合、「履歴書」となります。また、WordやExcelで履歴書を作成した場合であっても、必ずPDF形式に変換してから送るようにしましょう。手書きで作成した場合には、スキャンしてからPDFデータにします。

 

送信前のチェックも忘れずに!

メールの作成をすべて終えたら、すぐに送信ボタンを押すことは危険です。記入漏れや誤字脱字といったミスがあると、仕事への丁寧さが欠けていると判断されて、採用担当者からの印象を悪くしてしまう可能性もあります。小さなミスで後悔しないようにするためにも、送信前には、必ず内容をチェックするよう心がけましょう。

 

関連する求人情報

バイトの応募・問合せの関連記事