スムーズなバイト面接の断り方|電話?メール?辞退のマナーまとめ(例文あり)

アルバイト 断り方 面接

複数のバイトに応募すると、状況によっては面接を断らなければならない場合があります。特に初めてバイトに応募した人は「面接ってどうやって断ればいいんだろう」と悩んでしまいますよね。面接の日時が設定されている以上、採用担当者には時間を空けてもらっています。きちんとした対応をしなければ折角時間を取ってもらっている相手に迷惑がかかります。そこで、今回は面接を辞退するときに注意したいマナーや断り方を紹介します。

【目次】

面接を辞退をする際に注意すること

アルバイト 断り方 面接

辞退する旨を伝えるにあたって、相手に失礼のないようにするには、心がけるべきポイントがあります。

辞退を伝えるタイミングは?

面接を辞退しようと思ったら、できるだけすぐに連絡しましょう。断りの連絡は早ければ早いほど採用担当者も辞退後の対応を取りやすくなります。目安としては面接日の1週間前までには連絡をしておきたいところです。しかし、面接日が迫ってからでは相手方も面接の準備をしているので非常に困ります。もし、辞退しようか迷っているのであれば1週間前には決断しておきましょう。

電話/メール 連絡方法は?

連絡手段としては採用担当者と連絡を取っていた手段に合わせるのが一番良いでしょう。メールでやり取りをしていたならメールで、電話でやり取りをしたのなら電話で連絡します。

ただし面接の日程が迫っている場合(目安1週間以内)場合は、必ず電話で連絡するようにしましょう。メールの場合、相手が確認し忘れる場合があります。電話であれば確実に伝えることができるので、必ず電話で連絡しましょう。辞退をする旨を伝えるのは誰でも心苦しいものです。「できればメールで連絡したい」と思う人も多いですが前日や当日の連絡ではすでに相手方に迷惑をかけてしまっています。電話できちんと辞退を伝えるのはマナーのひとつです。誠意ある対応をこころがけましょう。中には手紙を書く人もいますが、手紙まで書く必要はありません。電話でしっかりと伝えれば十分です。

連絡が当日になってしまう場合は?

「他で面接していたバイトの合否連絡が遅かったため」など場合によっては当日になってしまうこともあるでしょう。もし、当日になってしまった場合は「なぜ連絡が遅くなってしまったのか」を簡潔に説明した上で辞退の旨を伝えましょう

 

電話で断る場合のトーク例

アルバイト 断り方 面接

断り方には押さえておくべき点がいくつかあります。まず、お礼とお詫びを伝えその後に面接を辞退する旨を伝えましょう。

「〇〇日に応募させて頂きました〇〇と申します。先日は書類選考通過のご連絡ありがとうございました」

と、まずお礼を伝えます。そして、

「この度は大変申し訳ないのですが、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたく連絡いたしました」

と繋げます。最後に

「お手数をおかけし申し訳ございません」

と謝りを入れておきましょう。

辞退の理由は「一身上の都合」で問題ありません。採用担当者も一定数の辞退は想定の範囲内なので、理由を深く聞いてくることは少ないでしょう。

もし、他のバイトが決まった場合であれば「他のバイトが決まってしまったので、今回は辞退させていただきます」と素直に伝えましょう。

 

メールで断る場合の例文

株式会社○○
○○店 店長 ○○様

○/○の○時に面接をお約束しておりました、XXと申します。
面接のご連絡ありがとうございました。大変申し訳ございませんが、一身上の都合により、今回の面接を辞退させていただきたくご連絡いたしました。お忙しい中、面接の時間をご調整いただいたにもかかわらず、ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありません。何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前をフルネームで)
〒XXX-XXXX
住所○○○○○○○○
電話:000-0000-0000
mail:aaaaaaa@bb.com

 

辞退の電話をする時間帯は?

連絡をする際は、電話をする時間帯にも気を付けてください。辞退する意思が決まったら、すぐに連絡するのが、鉄則ですが時間帯によっては相手に迷惑となることもあります。例えば、9時や10時など午前中の早い時間は朝礼や仕事始めになるので忙しいタイミングです。12時~13時はお昼ごはんどきになるので、この時間帯にも連絡は避けましょう。理想的な時間帯は14時~16時ごろです。この時間帯は多くの業種で手が空く時間帯です。相手が電話に出やすい時間帯にかけるのもマナーのひとつなので、注意しましょう。

<避けたほうが無難な時間帯>
・前9時~10時ごろ
・12時~13時ごろ
<比較的かけやすい時間帯>
・14時~16時ごろ

 

辞退の理由を聞かれたときは?

アルバイト 断り方 面接

「なぜ辞退するの?」と聞かれた場合は、正直に事情を伝えましょう。「お店の雰囲気が合わなかった」や「思っていた仕事内容と違った」と理由を説明すれば納得してもらえるはずです。「書類を提出していながら辞退するのは申し訳ない」と多くの人が思うかもしれません。しかし、「辞退理由はどうしよう」「正直に答えるのは気が引ける」と悩んでいても仕方ありません。採用担当者が辞意の理由を聞くのは、「何か悪いところがあったか」「改善するにはどうしたらよいか」を考えるために質問しています。したがって、嘘をついたり本当の理由ではないことを伝える必要はありません。正直に答えたほうが、かえって相手方のためにもなります。もちろん、伝える際の言葉遣いには十分注意しましょう。失礼な言い方や礼節をわきまえない態度は厳禁です。

 

面接を辞退する場合はマナーを守って

辞退の連絡をするのは誰でも緊張するものです。中には連絡せずに面接をスルーしたり連絡に出ない人もいます。これから、社会で仕事をするにあたって「相手のことを気遣う」のは当然のマナーです。「連絡しづらい」という自分の都合で物事を考えず、相手の立場を考えて行動しましょう。面接を辞退すること自体は何も悪いことではありません。企業側としても無理やり働いてほしいとは思っていないからです。面接を辞退する場合には、企業先にできるだけ迷惑をかけないようになるべく早く辞退の意思を伝えましょう。

 
▼バイト面接の基本はコチラを参考に
バイト面接ノウハウのまとめ

 

関連する求人情報

バイト面接エトセトラの関連記事