俳優・小越勇輝さんインタビュー「踏み出せないと思っても、勇気を出して一歩踏み出すことに意味がある」

小越勇輝

イケメン宇宙人が地球侵略のために、なぜかアイドルを目指すことになるという映画「劇場版 ドルメンX」で、“美少女系美少年”ニイに扮している小越勇輝さん。大人気ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」で主人公・越前リョーマを長年にわたって演じ、舞台を中心に独自の路線を走り続けてきた小越さんが今作品で感じたこととは…。今年、芸能生活20周年を迎えた若きベテランの仕事観、そして同世代の皆さんへのメッセージをいただきました。

 

ニイという役と出会い、初心に返ることができた

小越勇輝

――作品におけるファンのみなさんの熱気がすごいですよね。

一つの作品のために集まった僕らが、ファン感謝祭をやったり、ファッションショーで踊らせていただいたり活動していくなかで、「ドルメンX」というグループが作品の中だけの存在じゃなくなってきていることを感じています。ファン感謝祭では個々のファンはもちろん、「ドルメンXが好き」という方が大勢集まってくださって、ペンライトやウチワを振って声援を送ってくれた。役柄とはいえ、自分たちがアイドルとして地球を侵略していっているような感覚に陥りましたし、ドルメンXが作品を飛び出して広がっているんだなと実感しました。

――グループでは弟的な立場のニイですが、小越さんにとってはどんな存在ですか?

改めて初心に返ったというか、考えさせられる役でした。ニイというキャラクターを通して、僕もこんな過程を経てきたな……など駆け出しの頃のことを思い出しましたね。僕はニイのように器用ではなく、人よりも稽古を重ねて完璧にやりたいという性格なので、似てない部分もありましたが、原作を読んだ時に共感するところがたくさんありました。

――例えばどんなところに?

生活しているなかでもお仕事をしているなかでも、今回の作品のテーマになっている見栄や嫉妬について考える瞬間って出てくると思うんです。自分で気づいていても避けてしまったり、目を向けないようにしていたところにこの作品と関わって、役柄としても小越勇輝としても、逃げないで考えてみなきゃと思いました。

 

小越勇輝の存在を世界の人に知ってほしい

小越勇輝

――ニイがエゴサーチをする場面もありましたが、小越さん自身、評価は気になる?

SNS社会ですから、見たくなくても自然と耳に入ってくるものもあります。人からどんなふうに見られてるんだろうって気にはなりますけど、世の中にはいろんな人がいて、いろんな意見があって当然なので、そこに振り回されることはありません。

――ドルメンXが地球侵略を目指したように、小越さんの今の野望は?

ドルメンXのように一歩ずつ進んでいって、日本だけじゃなく世界にいる人たちに自分の存在を知ってほしいです。お芝居だけじゃなくバラエティー番組に出演したり、人前に出たりしていると、僕はすごいところにいるんだなって、不思議に感じるんですよ。もっとこういう景色を見たい、もっと僕のことを知ってほしいという欲が以前より強くなっています。ドルメンXは宇宙人なので年をとりませんが、僕は年をとるので(笑)。でも、焦らずにしっかりとその時できることをやっていこうと思います。

 

どんな現場でも“一球入魂”の精神で

小越勇輝

――舞台出演の多い小越さんですが、今回映像作品に参加して、違いを感じたことはありましたか?

人とかけ合いをするという意味では同じですが、映画は舞台と違って、例えばあまり大きな表現をしない、相手との距離感など細かいことから、カットで割ってつなげていくという大きな違いがあります。けれど、舞台であっても映像であっても現場や作品によってやり方が違うこともあるので、僕はその都度どんなふうに表現できるんだろうということを考えます。

――順応性が大事ですね。お仕事にはどんなスタンスで臨んでいるんですか?

まっすぐぶつかっていくことを大事にしています。僕、仕事に入ると周りのことが何も見えなくなるぐらい集中してしまう“一球入魂”の取り組み方なんです。でも、もうちょっとラクに考えたほうがいいのかもしれませんね。ゆるくという意味ではなく、少し遊びがあってもいいのかなって。これは僕にとってのこれからの課題です。

 

パン職人やパティシエに憧れていた時期があった

小越勇輝

――ストイックなんですね。そんな小越さんが、もし、この世界に入ってなかったとしたらやってみたい職業やアルバイトはありますか?

他の仕事をしている自分がまったくイメージできないんですよ。あえて言うなら、小さい頃にテレビで見てパン職人やパティシエをやってみたいと考えたことがありました。この仕事をやっているからこそだと思うんですけど、洋服が好きなのでデザインにも興味があります。あとは、コンビニやファーストフードでバイトもしてみたかったですね。

 

芸歴20年だけどまだ駆け出し。ゴールはない

小越勇輝

――好奇心旺盛ですね(笑)。今年はデビュー20周年ですが、この仕事でやっていこうと決めたのはいつ頃?

人生の節目で考えることがありました。中学生になる時に親から「このまま仕事を続けるのか」と尋ねられたんです。そして、僕は役者を続けることを選び、中3になって進学する高校を決める時にはこの仕事で食べていきたいという思いがあったので、芸能コースのある高校に決めました。

――ある意味、本気の芸能活動のスタートですね。

はい。高校に入ってすぐにタイミングよくミュージカルの仕事が決まって、そこから一気に走ってきた感じです。確かにキャリアは長いですけど、まだまだ駆け出し。ゴールはないのでもっといろんなことを知りたい、挑戦していきたいと思っています。

――小越さんのチャレンジに期待しています。最後に、やりたいことに対して踏み出せないという読者もたくさんいると思います。そんな人たちへメッセージを!

僕も最初の一歩を踏み出すことが大変でしたけど、思いきって進んでみたら道が拓けたり、意外と楽しいじゃんと思うことがたくさんありました。「踏み出せない」と思っていても、勇気を出して踏み出せば、成し遂げられる可能性があるんじゃないかなって。一歩踏み出したことに意味が生まれてくると思うので、迷ってるなら一度やってみることをおススメします。

 

🎁 小越勇輝さん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

小越勇輝さんチェキ

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、小越勇輝さんのサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒 キャンペーン開催期間
2018年6月14日(木)~2018年6月20日(水)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

■プロフィール
小越勇輝(おごえ ゆうき)

1994年4月8日、東京都生まれの24歳。90年に芸能界入りし、2000年俳優デビュー。2010年~2014年までミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」で主人公・越前リョーマを演じたほか、ドラマ「弱虫ペダル」「弱虫ペダルSeason2」(BSスカパー!)でも主人公・小野田坂道を好演。DVD「小越勇輝 IN LOS ANGELES VOL.1」(イーネット・フロンティア)が発売中。2018年1月から公式サイト「小越勇輝 公式インターネットテレビ『CHAPTER2』」を開設し、月に1度映像コンテンツの配信を行っている。

◆OFFICIAL SITE:http://www.at-production.jp/talent/726.html
◆OFFICIAL Twitter:@yuki_ogoe_0408
◆OFFICIAL Instagram:@yuki_ogoe
◆OFFICIAL BLOG:https://ameblo.jp/ogoeyuuki-0408/
◆OFFICIAL INTERNET TV:ogoeyuki.com

■映画情報
「劇場版 ドルメンX」
6月15日(金)より全国公開

小越勇輝

ある惑星から地球にやってきた宇宙人の隊長(志尊淳)、イチイ(浅香航大)、ニイ(小越勇輝)、サイ(堀井新太)、ヨイ(玉城ティナ)の使命は地球を侵略すること。ある日、アイドルヲタのヨイの誘いで男性アイドルグループのライブを見にいった彼らは、そのキラキラした姿に圧倒されてしまう。そこで彼らの頭に浮かんだのは「地球一のアイドルになって地球人の心を掴み、地球を侵略する」というとんでもないアイデア。芸能プロダクション社長(徳井義実)のもと、アイドルグループ・ドルメンXの無謀なプロジェクトが始まる。

公式サイト:http://dolmenx_movie.official-movie.com/
(c)高木ユーナ/小学館 (c)2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会

 
編集:ぽっくんワールド企画
撮影:河井彩美
取材・文:荒垣信子

関連する求人情報

関連ワード

働くコラムの関連記事
北川尚弥
俳優・北川尚弥さんインタビュー 「悩むことも仕事の一つ。悩んだ分、ステージでは必ずいいものが表現できる」

ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターが好きな男子高校生たちの青春を描いた「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」で、主人公・長谷川康…

小宮有紗
女優/声優・小宮有紗さんインタビュー 「何事も自分との闘い。どんどん新しい自分へと更新していきたい」

元ヤクザの私立探偵と小学生の少女--血のつながらないふたりのせつない絆が描かれる犯罪エンターテイメントムービー「アウト&アウト」に花屋の理恵…

推した本は飛ぶように売れる!カリスマ書店員・新井見枝香さんに聞く、”学生におすすめの書籍3選”と”書店員としての楽しさ”

最近、本を買って読んでいますか?なかなか本が売れない時代と言われる中、推した本が必ず売れると言われるカリスマ書店員さんが話題になっています。…

Gero
アーティスト・Gero/インタビュー 『歌い手になった今、あらためて無駄な経験なんて一つもないと思う』

動画投稿サイトから人気に火がつき、今年メジャーデビュー5年目となるGeroさん。上京時はバイトと両立しながら音楽活動をしていたお話や、曲作り…

小野塚勇人
俳優・小野塚勇人さん(劇団EXILE)インタビュー 「一歩前進する勇気がたいせつ。僕も恥をかきながら前進していきたい」

大学の実習で蔵元を訪れた女子大生と、日本酒造りに懸ける人々のふれ合いを描いた映画「恋のしずく」で、老舗蔵元の息子・莞爾(かんじ)に扮した小野…