俳優・エキストラの
アルバイト

テレビドラマや映画に登場するのは役者だけではありません。通行人などの多くはエキストラのアルバイトを使って、撮影されています。そんな有名な役者と一緒にドラマや映画のワンシーンに登場するのがエキストラアルバイトの仕事です。

お知らせ:日曜日2:00~8:00の間、メンテナンスのためサービスを停止させていただきます。
※作業状況によっては時間が前後する場合がございます。

俳優・エキストラのアルバイト 3つのポイント

  • テレビ・映画など、作品の一場面に関わることが出来るやりがい
  • たくさんの人達と関わる中で、貴重な出会いや経験ができる環境
  • 緊張感漂う現場の中での度胸や周りへの気遣いを養うことが出来る

俳優・エキストラのアルバイトとは?

  • 俳優・エキストラのアルバイトにはどんな仕事があるの?

    ドラマや映画の通行人や、歌番組の番組観覧などをするお仕事

    俳優・エキストラのアルバイトでは、映画やドラマに登場する通行人や群衆など、作品の一部として出演し、時にはセリフをもらえたり、アドリブで演技をしたりなど、アルバイトとは言え本格的に制作に携わることができます。

    また、歌番組やバラエティ番組の番組観覧者もエキストラの仕事の一つです。自分が参加できる都合の良い日を申込み、条件が合えば連絡が入り、当日撮影現場に行く、という流れになります。制作現場に入ることができたり、関係者としてTV局に行くなど普段なかなか入ることができない場所にいくことができます。また自分が参加したドラマや映画を観て自分の出演シーンを探すなど、ほかの仕事には無い楽しみがあるアルバイトです。
    ドラマや映画の通行人や、歌番組の番組観覧などをするお仕事
  • 俳優・エキストラのアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    映画やドラマ作りの裏側を覗くことができる

    俳優・エキストラのアルバイトは、好きな芸能人やタレントがいる人にとっては、とてもメリットの多いお仕事です。

    番組出演中だけでなく待機中や休憩中など、タレントさんの素顔を垣間見ることができるだけでなく、歌番組の番組観覧の場合は、普段は絶対近づけないような距離に近づくことが可能な場合もあります。また、将来的に放送関係や映画関係、ショービジネス関係に進みたいと考えている方にとっては、進行の進め方や機材・スタッフの配置など、現場でなければ体験できない貴重な体験をすることができます。

    ロケ撮影のエキストラは時間も不規則なことが多く、拘束時間も長くなってしまうこともありますが、その分、プロの仕事をじっくり観察することで自分の財産になるものが見つかります。
    映画やドラマ作りの裏側を覗くことができる

俳優・エキストラのアルバイト 体験談

俳優・エキストラアルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 40代  女性
    テレビドラマのエキストラは、「興味がある」「楽しそう」という理由だけではなかなか大変だと思いました。特殊な世界なので、色々と勉強になったと思います。ひとつのドラマができるまでには莫大な時間と、人々の努力がありました。ひとつひとつの事に役割分担があり、それぞれその世界のエキスパートたちが自分の力を信じて行動していました。それを自分に置き換えてみることで、普段自分が何気なく無事に暮らせるのも、色んな人が関わってくれているからなんだなと改めて感じることができました。周囲への気遣いや、失敗に対する向上心などもその現場で教わった気がします。
  • 20代  女性
    まずテレビの撮影などの風景がわかり、面白いなと思いました。そして、その中で少々のことでは動じないスキルが身につきました。有名人の方やスタッフの方とお話ができることや、収録という「仕事」の中でお手伝いするという立場から来る緊張が常にある状況に慣れることで、あがり症も改善できました。100人以上の人がいるなかで大きな声で話すという事があったのですが、その状況でも緊張せずにでき、これは経験としても成長につながることができたと思います。また、多くの人がいる現場なので視野を広げることが自然にできるようになりました。楽しい上に人間として成長できるアルバイトだったと思います。
  • 50代  女性
    映画の撮影現場でアルバイトをしました。私の仕事は小道具の管理とメンテナンス、配置係でした。初めてのデジタル映画撮影現場だったので、興味があって手伝いを申し込みました。フィルム撮影と違って随分カメラが小さくて驚きました。小道具の配置は監督さんと俳優さんの要望で色んな小物を出したりしまったりしました。俳優さんの代わりに私が小物を動かしたりしてかなり緊張しましたが、やりがいのあるバイトでした。私が失敗するとスタッフさんが全員で待っていてくれて、責任重大だったと思います。大勢の人と一つの作品を作っている雰囲気を味わうことができて良かったです。仲間と共に、どうにかしてもっと良いものを作ろうと頑張る姿勢が身につきました。
  • 30代  女性
    エキストラのアルバイトをしていました。ドラマ撮影で有名歌手のコンサートの観客の一人として参加して、言われた通りに歓声をあげるなどしました。好きな俳優さんの撮影だったのでうれしかった気持ちと、たくさんの人がスタッフの指示で歓声をあげたり立ち上がったりと、拘束時間が長かったですが、撮影の雰囲気とどんな風に撮影されているか理解することができました。他では、ドラマ中での遠くの風景の一員になったことがあります。ひたすらベンチに座って隣の人とお話するという内容で、大きく動くこともできなく、長い時間寒空の中でしたが、参加した映像がこの先も作品として残っていく意義を強く感じました。この経験から、なんでもやれることはやってみよう、大事にしようと思うようになれました。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

俳優・エキストラのアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

多数の人がいるのでコミュニケーションが大事
俳優・エキストラの仕事の面接見られるポイントは「素材」としてどうか、ということです。仕事内容はさまざまで、それぞれの案件に合った人を選んで仕事を振っていくため、見た目の年齢感やその人本来の雰囲気などがわかることが大事です。前髪が長い場合はピンでとめるなどしてきちんと顔が見えるようにしましょう。

また、エキストラの現場では撮影の進み具合によって待ち時間が長いこともあるので体力も必要ですし、急な指示が来る場合もあるので対応力も必要ですので、そういったところをアピールしていくと良いでしょう。
業界への熱意をアピールしよう
テレビ・映画業界の仕事になるので、俳優を目指しているなど最終的にはその業界で仕事をしていきたいというアピールをすると良いでしょう。エキストラの仕事を通じて、事務所や配役のオーディションを受けられるようになることもあります。この業界に対する熱意を伝えましょう。

また、エキストラの仕事は、時間が読みにくい仕事なので予定時間を越えたりすることもあります。時間に融通が利く点をアピールすると好感をもたれやすいです。

仕事・職場になじむコツ

スタッフの指示を的確にこなすことが大事
エキストラの仕事では、監督やディレクターなどの指示をよく聞き的確に対応することが大事です。どのようなシーンなのか、どのような演技が求められているのかの指示があるので指示通り動くことを意識します。監督などの指示だけでは詳細な意図がわからないことが多いため、撮影スタッフや他のエキストラなどとうまくコミュニケーションをとって詳しい情報を得ると良いでしょう。

また、撮影現場は野外のことが多く、季節によっては寒暖が厳しかったりすることもあるので対策することをおすすめします。
周りの人とのコミュニケーションをしっかりとろう
勤務地である撮影現場では、他のエキストラや撮影スタッフなど数多くの人がいます。積極的にいろんな人とコミュニケーションをとっていきましょう。監督やディレクターの指示をより深く理解できるようになったり、他のエキストラをまとめる立場となれば撮影現場では重宝されるでしょう。

監督やディレクターを始め、撮影スタッフは忙しく動いていることが多いので、休憩時間やあいている時間を見計らってコミュニケーションをとってみましょう。

俳優・エキストラのアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
エキストラとして映画やドラマのワンシーンを構成することで、その作品作りに参加したという一体感や満足感を感じることができるアルバイトです。作品によっては何度も再放送されたり、賞を受賞する場合もあり、エキストラとはいえやりがいや充実感を感じることができる瞬間です。

それぞれの分野のプロが自分の意見を出し合って、協力して良いものを作っていこうという現場に立ちあうことで、協力することの大切さを感じるでしょう。
どんな大変さがある?
映画やドラマのエキストラの場合は、シーンの仕上がりによって拘束時間が長くなることがあり、特に屋外での撮影の場合は、体力的にキツイこともあるようです。指示通りに声を上げたり動いたりする一方、指示が出るまで動いてはいけない場合もあり、健康な体と同時に忍耐力や精神力も必要なアルバイトです。

演技や演出、番組制作のプロが関わるお仕事ですので独特の緊張感がありますが、一緒に作品を作り上げていく一体感を感じることができます。
どんなスキルが身に付く?
エキストラのアルバイトには年齢も性別も職業もさまざまな人が集まります。多くの人と出会い、交流をもつことで自分自身の視野も広がります。

映画やテレビのお仕事では、それぞれのスタッフに役割分担があること、膨大な時間と手間ひまをかけて一つの作品を作っていくことなどを学ぶことができ、作品を見るときにもそれまでと見方が変わってきます。

有名俳優やタレントと接することで、画面だけでは分からない、意外な一面を知ることもあるようです。

このページの先頭へ