「カフェバイト」の仕事内容と評判は?時給、時間、体験談あり

「カフェバイト」の仕事内容と満足度

おしゃれな雰囲気の中で働ける人気のカフェバイト。みんなはどこに満足しているの?時間、時給、仕事内容について詳しく聞いてみました。

【目次】
1.カフェバイトの仕事内容
2.総合評価
3.労働時間
4.時給
5.この仕事の満足度
6.カフェで働いてみた体験談
7.カフェバイトのメリット・デメリット、評判は?
8.身につくスキルは?
9.どんな人に向いている?

カフェバイトの仕事内容

カフェバイトの仕事は大きく以下の2タイプがあります。

●セルフサービス形式
お客様カウンターで注文し、自分で席まで品物を運びます。お客様から注文を受ける、飲み物や食べ物を用意する、店内やトイレの清掃、食器などの片付けなどが主な仕事となります。

●フルサービス形式
スタッフが席で注文を取り、オーダーされた料理やドリンクを席まで運びます。喫茶店と呼ばれる店舗はこの形式が多いようです。仕事内容は、お客様から注文を受ける、飲み物や食べ物を用意する、店内やトイレの清掃、食器などの片付けなどに加えて、ホールでの接客があります。ホールとキッチンのスタッフを分ける場合もあれば、全員がホールとキッチン両方を行うお店もあるので、募集時にチェックしてみるといいでしょう。


総合評価:おしゃれに働けるのが魅力。トータル評価も高ポイント!

時間の融通,時給に満足,仕事が好き,トータル評価カフェバイトは、平日のみ、土日のみという勤務形態を選べる店もあり、時間の融通もききやすいです。また、同世代の仲間ができた、コーヒーやカフェメニューの知識が増えた、おしゃれな空間で働ける、など仕事への満足度が高く、トータル評価も★5つと好評価!

1回の労働時間:3-5時間派が半数以上

3時間以下,3-5時間,5-7時間,7時間以上
約半数が3-5時間勤務。次に5-7時間と続きます。短時間勤務でもOKな店舗があったり、シフトに融通がきいたりと、授業やサークル活動がある学生にとっては嬉しいメリット。時間帯は、授業がある平日は夕方から夜にかけて、休日は昼間にシフトを入れることが多いようです。
※平日の労働時間を集計

時給:900円-1000円が約4割を占める結果に

800円以下、800円‐900円,900円-1000円,1000円‐1100円,1100円-1200円,1200円以上時給900-1000円が約4割を占めました。店舗によっては休憩時間にドリンクを自由に飲めたり、まかないメニューを作ってもらえたり(割引で購入の店舗もあり)と、時給以外にも嬉しい特典があります。早朝や深夜営業がある店舗では、時間帯により時給がアップするため、がっつり稼ぐことも可能です。
※バイトの時給は地域や時期、時間帯によっても変わります。

満足度:仕事は「仕事内容そのものが好き」な人が6割近く!

仕事内容そのものが好き,比較的仕事が楽,社会人としてのマナーが身に付く,専門的な知識・技術が身に付く,友達・仲間ができる,服装・髪型が自由,その他「好きなコーヒーの香りに包まれて仕事ができる」「新しいお客さまに毎日出逢って刺激をもらえる」など、仕事自体が楽しいという人が6割近くも!それ以外にも、接客を通して挨拶や礼儀などの社会人としてのマナーが身に付いた、コーヒーなどの専門知識・技術が身に付いたなどの魅力があるようです。
※複数回答可

1.仕事内容そのものが好き
6割近くの人が「仕事内容そのものが好き」だと回答しました。
エクステリアの印象やインテリア、さらには小物や食器、提供する飲食物の盛り付けなど、カフェ独特のお洒落な雰囲気に満足している人が多く、そんな中に身を置きながらスタッフとして働けることが、カフェバイトの人気の理由の一つのようです。
また、もともとケーキやコーヒー、紅茶に興味があり、好きなものに囲まれて過ごせること、好きなものに詳しくなれることに満足している人が多いようです。

2.友達、仲間ができる
「友達、仲間ができる」ことに満足している回答も多数ありました。
カフェには、そこで働くスタッフはもちろん、常連客などいろいろな人が訪れます。多くの場合、そのカフェの雰囲気を好んで集まった人たちなので、話しや趣味が合うことも珍しくありません。そんな仲間たちとの出会いは、掛け替えのない貴重な経験を与えてくれるでしょう。

3.社会人としてのマナーが身に付く
「社会人としてのマナーが身に付く」という回答も3割近くありました。
カフェの雰囲気が心地よいだけにとどまらず、スタッフとして働くことで社会人として覚えておきたいマナーが身に付くようです。例えばホールで接客をする時にも単に料理を運べば良いのではありません。カフェの雰囲気が気に入り来店した客は、少なからず居心地の良さを求めているので、適切な対応が必要です。接客をしながら、社会人としてのコミュニケーション力をカフェバイトで学ぶことができるでしょう。

カフェで働いてみた体験談

<ココがよかった>
・さまざまなお客様と触れ合うことで、コミュニケーションスキルが身に付く。
・お客様に自分が調理したものを提供することに、とても感動を覚えました。
・ラテアートの技術を学べるのが楽しかった。
・ファミレスや居酒屋などの飲食店よりも落ち着いた雰囲気があるところ。

<ココが大変>
・メニューが豊富なので、覚えるのが大変でした。
・常にお客様のこと考えて、こちらから動かなければいけないところ。
・カフェ店員は意外と体力を使うので、体力がないと厳しい。
・立ちっぱなしの仕事なので、足がパンパンになりました。また、手もかなり疲れます。


カフェバイトのメリット・デメリット、評判は?

<メリット>
・おしゃれな雰囲気のお店の中で過ごせてテンションがあがります。(40代/女性)
・美味しいコーヒーの淹れ方をマスターすることができました。(40代/女性)
・基本的には服装も髪型もラフな格好で許されます。(30代/女性)
・人と話す機会が多いので、コミュニケーション能力と臨機応変に対応できる力がつきます。(40代/女性)

<デメリット>
・店内が常にコーヒーの香りで充満しているので、コーヒーが苦手な人だと働くのは大変かもしれません。(40代/女性)
・「今月のメニュー」があると、毎月かわるので覚えるのが大変でした。(20代/女性)
・コーヒー豆についての知識はそれなりに勉強する必要があります。(30代/女性)
・立ちっぱなしの仕事なので腰痛になりやすいかもしれません。(40代/女性)

どんなスキルが身につく?

カフェではスタッフ同士また来店客とも話すことが多いので、幅広い年代の人とコミュニケーションが取れるようになります。

またキッチンを任される場合には、簡単な調理や盛りつけが出来るようになるでしょう。同時にいくつもの仕事を効率的に進め、テキパキと行える習慣が身に付きやすいです。店舗にもよりますが、美味しいコーヒーや紅茶の入れ方、産地などにも詳しくなれます。

向いている人は?

ホール担当は日常的に接客を行うので、人と接することが好きで笑顔で応対できる人に向いています。キッチンの担当では、オーダーに従い調理手順を組み、ミスなく時間内に提供することが求められます。メニューが多い店舗もあるので、料理に興味があり覚えることが苦にならなければ馴染みやすいでしょう。

また担当に関わらず、店舗の規模によってはいろいろな業務を兼ねる必要があります。オーダーを受けてキッチンに伝え、レジを打ったり料理を運んだり、合間に食器を片づけたりと幅広くこなさなければいけません。慣れもありますが、状況に応じてテキパキと判断することが求められるでしょう。



データ:18歳~25歳までの学生時代にアルバイト経験者(2157人)を対象に調査(調査期間:2015年12/4~12/21)。調査協力/株式会社クラウドワークス

文:荒川文乃

関連する求人情報

関連ワード