全ては“ご主人様”に楽しい時間を過ごしてもらうため。人気メイドカフェのスーパー・プレミアム・メイド”Chimu”流接客術

Chimu(ちむ)さん

「お帰りなさいませ、ご主人様」

この一言に癒しを求め、いまや日本の誇るカルチャーのひとつとなった「メイドカフェ」。日本の文化に触れるべく海外からの観光客すらも惹きつけるメイドたちにはどんな接客のノウハウがあるでしょうか。今回は、秋葉原でメイドカフェの先駆け的存在であり、今なお高い人気と実績を誇る「@ほぉ~むカフェ」(東京都千代田区)で”スーパー・プレミアム・メイド”としてお店を引っ張るChimu(ちむ)さんの接客に迫りました。

 

目で楽しめる「世界観」と、働く側も楽しめる「エンターテイメント性」

お絵かきしたカフェメイドカフェの魅力はその「世界観」です。”ご主人様(男性客) “・”お嬢様(女性客) “にお仕えする「メイド」という非日常的な設定を通じて、楽しい時間を過ごす場所と言えます。内装や料理には可愛らしい装飾がほどこされ、エンターテイメントの要素も盛りだくさんです。そして料理はただ食べるだけでなく、ケチャップやソースでメイドがお絵かきしたり、美味しくなる”おまじない”を一緒にしたりと世界観を際立たせる工夫がいっぱいです。

またメイドの仕事は、働く側の女の子にとっても楽しみが盛りだくさんの仕事です。例えば監修店の@ほぉ〜むカフェでは、ヘアメイクをしてもらえたり、歌やダンスの活動ができたり、ネイルや髪型も自由であったり。一般の飲食店より個性を活かしながら働けるお店も増えました。メイドがより安全に働けるように出勤情報を出勤時間まで公にしないなど、女の子の職場ならではの工夫も@ほぉ〜むカフェではされています。

加えて、「メイド服」という制服のパワーもあります。”変身願望”という言葉がありますが、可愛い制服に袖を通すだけで、自分を内面から変えることができるのです。自分を変えたいと思っている女の子は、メイドという仕事やメイド服というアイテムのパワーを借りて自分を変えてみるのもいいのかもしれません。

 

ご主人様たちに魔法をかける接客ポイント

Chimu(ちむ)さん多くのご主人様たちを楽しませるために、メイドになくてはならないものは「笑顔」です。接客が好き・歌やダンスが好き、中には人見知りを克服したいという人まで、メイドになるきっかけは様々です。志望動機は何にせよ、素敵な笑顔があればどんな女の子でもメイドになる素質はあります。

そして、あくまでご主人様に仕える立場であるメイドとして、ご主人様たちと同じ目線で接客をします。低いテーブル席などでの接客は膝をついて目線を下げることもありますが、メイドが立って移動しながらでもご主人様たちと同じ目線になるように机や椅子なども計算して置かれています。店内のステージも、窪んだ位置に置くことで、ご主人様たちとメイドの目線が合うようになっていたりと店内の作りも接客に合わせて計算されているほどです。

 

Chimuさんオリジナルの接客術

では、多くのメイドのなかで一際輝く存在になるためにはどうしたらいいのでしょうか。今回はインタビューに加えて、Chimuさんの接客の様子も拝見してきました。

居心地のよさと現実味のバランス

二度三度来店するにつれ、お互いに顔と名前を覚えるようになります。次第に仕事や趣味などプライベートな会話をするようになるため、例えば好きなグルメやスポットを勧められたら自分でも試してみて、次回来店されたときに感想を伝えるようにしているそうです。自分が好きなものの話で盛り上がったら楽しいと思いますし、こういった何気ない会話を楽しめるようにすることで、まるで本当にお屋敷でメイドにお話しするような気分になってほしいと言います。

ただ、居心地の良さは演出しても、現実味を出し”過ぎ”ないように注意もしています。例えば「お金の数え方」。お金を上手に数えるメイドは生々しいとChimuさんは捉えているため、一枚一枚をわざとゆっくり置くようにして数えています。

ひとつひとつに丁寧な説明

初めて来店したご主人様には、お店のシステムやメニューの紹介など、説明することも多いです。接客に慣れてくるとつい説明を省略してしまいそうですが、 Chimuさんは基本的なことまで事細かく説明を行います。例えば、両手の親指と人差し指を使ってハート形を作り、「萌え萌えキュンキュン」と声をかけながら”料理が美味しくなる呪文”をかける際には、まずは自分がハート形を作って見せて、手を左・右に動かして最後に前に出すという流れを目の前で説明していました。

ハート形の料理メニュー

ショータイムで部屋が暗転した際には「これからステージでお歌とダンスを披露しますね」と一声かけたり、ペンライトを渡す際には「ダンスに合わせて振って楽しんでください」と使い方をレクチャーしたり。こういった細かい説明を行うなかで、ご主人様たちとの距離をちぢめるというのもChimuさんの接客術でしょう。

笑顔でてきぱきと

多くのご主人様たちで賑わうと、色々なことに対応しなければなりません。声をかけられた際になるべく待たせないというだけでなく、食事を温かいうちに提供したり、ゲームなどの準備を滞りなく進めたりするにはてきぱき動くのが一番です。

中でも、Chimuさんは店内を所狭しと駆け回ります。ただ単に早ければいいというわけでもありませんが、やはりスピーディーに移動することでご主人様を待たせることなく作業も効率的に行っていました。その際に笑顔も忘れません。笑顔で駆け寄ってくれるメイドというのはご主人様心をくすぐる効力も抜群です。

全体やご主人様たちをよく見る

一人で来店されるご主人様もたくさんいます。手持ち無沙汰になっている人には声をかけ、物珍しそうに店内を見渡している人には笑顔でアイコンタクトをとります。手元に意識が集中しがちな中で、顔を上げて店内全体を見渡せるのはChimuさんの強みかもしれません。

また実際にご主人様たちと話すときには、しっかりご主人様の目を見ます。特に、何かを説明しているときには、ご主人様が理解していないと意味がありません。ゆっくり丁寧に話しながらご主人様の反応を見ることでしっかり伝わっていることを確認していました。見られているご主人様の方にも、真摯な姿勢が伝わり、好印象を抱かせることができるのです。

 

メイドになって自己成長

Chimu(ちむ)さん「将来、何やろう?」と悩んでいる人には、「メイドしてみたらどうかな?」と勧めたいとChimuさんは言います。自分らしく働ける環境があるのはもちろん、日本の新しい文化にまでなったオタクカルチャーは世界からも注目を集めています。Chimuさんは海外でのイベントに参加されたりしていますが、そういったチャンスにアナタも巡り会えるかもしれません。来店して楽しむもよし、働いて接客スキルを磨くもよしのメイドカフェ。まだ行ったことのない人はぜひ一度”ご帰宅”してみてはいかがでしょうか。
 
(取材・構成:田中利知[ネイビープロジェクト] 執筆:小石原誠)
 

監修・取材協力店
@ほぉ〜むカフェ 本店
(〒101-0021東京都千代田区外神田1-11-4ミツワビル3F~7F)
数あるメイドカフェのなかでも、エンターテイメント性を重視したメイドカフェ。日本のみならず、海外からの取材を受けることもあり、世界中からの観光客にも安心な、日本の代表的メイドカフェとして認知されている。
運営会社:インフィニア株式会社
HP: http://www.cafe-athome.com/
Chimuさん プロフィール : http://www.cafe-athome.com/maids/774/


職種と都道府県を選んでバイトを探してみよう🔎

 
 

関連する求人情報

関連ワード