1. 全国のアルバイト
  2. カフェアルバイト
カフェアルバイト

人気エリアからアルバイトを探す

おすすめキーワードからアルバイトを探す

職種からアルバイトを探す

人気の条件からアルバイトを探す

カフェバイトにはどんな仕事があるの?

お客様にゆったりとした時間を提供

基本的な仕事は、店舗内での接客とドリンクや軽食の提供です。チェーン展開するカフェと個人で経営しているカフェでは業務内容に若干の違いがあります。チェーン展開のお店ではセルフサービスのところが多く、ホールとキッチンの仕事の区別がなく、レジでの接客から販売、ドリンクの準備、サンドイッチなどの軽食の調理まで幅広く行います。個人経営のお店ではセルフサービスのところが少ないので、調理や食器洗いを担当するキッチン業務と、注文を聞いたり、できた料理をテーブルに運んだりする接客業務に分かれているお店が多いです。どちらもお客様にくつろいでいただける空間を大切にし、掃除やインテリアに力を入れているお店が多い傾向にあります。

カフェバイトのメリットとは?

お客様にくつろいでいただく空間づくり

カフェで働くうえで最も大切なのが、お客様にくつろいでいただける空間を提供することです。店員の仲の良さは店の雰囲気に直結します。店内の良い雰囲気づくりのため店員同士でのコミュニケーションを重視しているお店が多いのが特徴です。そのため他の仕事にくらべて、たくさんの友人をつくることができるメリットがあります。
カフェの仕事でメニューやコーヒーマシンの使い方、コーヒーのドリップ法などの基本を覚えることができるので、他の飲食店でもそれを応用して仕事に活かすことができます。また、コーヒー豆の知識が増えたり、おしゃれな盛り付けができたり、日常でも役に立つことが多いです。さまざまなお客様を接客することで接客能力も身に付き、仕事にやりがいを感じる人がたくさんいます。

面接のコツ

明るい雰囲気と清潔な服装が大切!

カフェでの仕事は、接客業務はもちろん、調理業務でもお客様と接することがあるので、明るい雰囲気がとても大切です。面接では自然な笑顔とハキハキした受け答えを心がけましょう。普段は笑顔に自信がない人も口角を上げるだけで顔の印象は変わるのでやってみてください。食べ物を扱う仕事なので清潔感のある服装で面接を受けることも絶対条件です。かっちりしたスーツを着る必要はありませんが、汚れやシワのないシンプルな服装が好ましいです。

仕事内容への興味とコミュニケーション力を伝えよう

接客と調理がカフェの主な仕事なので、そのどちらか、または両方に興味があると言うのが良いでしょう。例えば、普段から友人を家に招いておもてなしをするのが好きだったり、カフェのおしゃれな料理の盛り付けを勉強したかったりということが、アピールポイントになります。また、店員同士のチームワークやコミュニケーションも必要な職場なので、過去のクラブ活動や学校生活などから、コミュニケーション力の高さをアピールするのも良いでしょう。

仕事・職場になじむコツ

とにかくメモをとろう

メニューから接客の仕方、物の置いてある場所、掃除方法など覚えることがたくさんあります。ポケットに小さなメモを用意しておいて教えてもらったことを書くようにしましょう。そのときは分かっているから大丈夫と思っていても、後で思い出せないことは多いものです。わからないことがあれば、うやむやにせず先輩に聞くことも大切です。最初は覚えることが多く大変かもしれませんが、自信をもって仕事をするためにも頑張ってください。

明るい返事と前向きな姿勢で仕事を!

最初は自分から動くより、言われたことをこなすので精一杯だと思います。店長や先輩スタッフから仕事を言われたら元気に返事をしましょう。挨拶と返事がコミュニケーションには欠かせません。もし失敗をして注意をされてもいつまでも落ち込まず、次につなげるように、前向きに仕事に取り組むことが重要です。頑張る姿を周りの人たちはよく見てくれています。だんだん仕事の範囲が広がっていくでしょう。

カフェバイトQ&A

どんなやりがいがある?
とにかく1番のやりがいは、自分の提供したドリンクや食べ物、サービスをお客様が喜んでくれることです。顔見知りになれば声をかけてくれる方もいて、仕事へのモチベーションにつながります。あと、コーヒーを美味しく淹れられるようになったり、料理をおしゃれに盛れるようになったり、上達が目に見えるのでやりがいを感じるでしょう。さまざまなお客様を接客することで、トラブル時の対処法を学ぶこともでき、普段の生活に活かせることもあります。
どんな大変さがある?
くつろぎの空間であるカフェですが、仕事は想像以上にハードです。忙しい時間帯だと次から次にやらないといけないことがあり、動きっぱなしで足が痛くなることもあるでしょう。また接客にはトラブルがつきものです。慣れない間は上手く対処できず、泣きたくなることもあるかもしれません。そんなときには先輩スタッフに力を借りて乗り越えることも必要です。多くの経験をしていくうちに、仕事に対して自信が持てるようになり成長していけます。
どんなスキルが身に付く?
忙しい時間帯は効率良く仕事をこなさないといけないので、先を予測しながら段取りよく物事を進めることができるようになります。また、接客をとおして相手の立場に立って考えることができるようになったり、突然のトラブルに上手く対処できるようになったり、社会に出てからも役に立つスキルが身に付きます。コーヒーに力を入れているカフェでは、コーヒー豆に詳しくなれるので、将来自分のお店を持ちたい人にとっても有利だと言えます。

カフェバイト体験談

20代 男性
カフェでのアルバイト経験があります。そこのバイトで、どんな状況でもお客さんの立場になって考え、声をかけて行動していく姿勢が身に付きました。例えば、お客さんがドリンクをこぼしてしまった時の対応や、何かメニューの選択で迷っているときに声をかけてサービスをしていく流れなど、その一人ひとりのお客さんの気持ちを汲み取って行動する優しさや思いやりが自然と業務を通して身に付いたことが良かったと感じています。やってもらって当然と考えている人もいるので、まさに気を抜かずに対応していくことで、だいぶキビキビとした性格にもなったかなと感じています。サービスはこれといった答えはありませんが、基本的に相手の気持ちに立つということが大事だと思います。
20代 女性
私が働いていたカフェはとても規模が小さいカフェだったので、店のオープン・クローズ・接客・商品の納品及び陳列・在庫の確認・売り上げの計算・ドリンクやフードの提供(コーヒーを出す際はコーヒー豆を挽いていた)などを全部一人でしていました。そのおかげで、より責任感と緊張感を持ち、現場に出ることができました。そればかりでなく、カフェで働く同僚は目上の人ばかりだったので、自然と年上の人と話す際の態度や言葉遣いが身につき、臆することなく話すことができました。 これらの経験は就職活動の際にとても役に立ちました。このアルバイトを通して「一人で決断する」ことの大切さを学びました。 優柔不断だった私が変わるキッカケになった出来事です。
30代 男性
カフェでホールスタッフとして幅広い年齢層のお客様と接しました。注文を受けたり飲み物を運んだりと簡単なやりとりだけでしたが、最初はお客様との軽い会話をすることさえうまくできませんでした。相手の話をよく聞き、それに対して上手に回答をするのは意外と大変でした。お客様からクレームが入った時に慌てることなく、お客様の怒りを静めるための対処方法なども、社会に出てからとても役立っていると思います。学生生活だけでは出会うことがなかったであろう方とのやりとりを通じて、コミュニケーション能力がどんどん鍛えられました。
30代 女性
私はカフェで2年間アルバイトをしました。そのカフェはマスターが、地元で経営されている小さなカフェでした。学生時代のアルバイトでしたので、マスターは、「社会に出てから役に立つようにここで社会勉強しなさい」と言ってくださいました。アルバイトでは接客はもちろん、コップの洗い方や窓の拭き方、電話の応対などマスターのこだわりから学ぶことは多かったです。備品も置く場所が細かく決まっていて、置く場所を決めると仕事の効率が上がることが分かりました。それ以来、今の自分の生活でも収納は細かいものまで置く場所を決めています。ビジネスマンの常連さんが多く来られていたのでお客さんにもよく声をかけてもらい、人見知りが随分改善されました。カフェでの社会勉強を今でも時々思い出しています。

このページの先頭へ