旅行の
アルバイト

旅行代理店などで旅に関する仕事をするのが旅行の仕事でし。ツアーの中身を決めたり、実際に現地に行ってツアー客のお世話をしたりと、様々な職種が揃います。旅行が好きな人には、憧れのアルバイトです。

旅行のアルバイト 3つのポイント

  • お客様の大切な思い出作りをサポートするやりがいを感じられる
  • 予期せぬトラブル、お客様の対応などを通じて、臨機応変な行動ができるようになる
  • 外国語の知識を活かしてお仕事ができ、キャリアアップにもつながる

旅行のアルバイトとは?

  • 旅行のアルバイトにはどんな仕事があるの?

    旅行を楽しく安全に過ごすための案内役

    旅行関連のアルバイトには、添乗員(ツアーコンダクター)やツアー先への営業、旅行代理店の窓口業務などがあります。添乗員(ツアーコンダクター)の仕事を行うには、「旅程管理主任者」の資格が必要です。ツアーに同行し、スケジュールの管理や観光地の説明などを行います。ツアー終了後には、報告書の作成や清算作業などのデスクワークもあります。

    窓口業務では、宿泊先の手配や交通機関のチケットの手配などを行います。窓口に訪れたお客様の要望から、最適な旅行プランを案内することもあるでしょう。どの業務も、観光地についての最新の知識が必要になる仕事のため、旅行が好きな人にとっては魅力のあるアルバイトといえるでしょう。
    旅行を楽しく安全に過ごすための案内役
  • 旅行のアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    色々な場所に仕事で行くことができる

    旅行関連のアルバイトは、お客様の満足した顔や笑顔が見られるという魅力があります。旅行に対する不安やドキドキの解決や、期待や要望に応えてることで、感謝の言葉を伝えられることも多いでしょう。

    お客様の役に立つことで、喜んだり笑ったりしてくれることに喜びを感じられる人には、やりがいと魅力のある仕事といえるでしょう。

    また、添乗員(ツアーコンダクター)の仕事では、仕事を通して様々な場所を訪れることができるというメリットもあります。これまで行ったことのない場所で、現地の景色や建物を見るのは、旅行好きの人にとってはたまらないことでしょう。ツアー客だけでなく、現地の人との出会いや触れ合いもあり、同じような旅行好きの仲間を見つけたり、観光地などに関する情報を交換したりといったこともあるようです。
    色々な場所に仕事で行くことができる

旅行のアルバイト 体験談

旅行アルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 40代  女性
    旅行会社に勤務していました。国内海外の空港やホテル、街の情報を調べてご案内するので、行ったことがない場所でも詳しい知識が身につきました。お客様のクレームを受けることもありましたが、お客様の主張に真剣に耳を傾け、対応できることは、全力で調べて対応していきました。またお客様の認識違いがあってクレームになっている場合も、決して強く否定することなく、お言葉に感謝したうえで、丁寧に訂正してご理解いただけるよう心掛けていたのを覚えています。お客様のお言葉を否定することなく、対応していく中で感謝の言葉をもらい、その後の自分に自信となりました。
  • 30代  女性
    私は、学生時代に添乗員のアルバイトをしていました。アルバイトを通して身についたことは、人前で話しをする度胸です。最初の頃は、緊張や恥ずかしさで大勢の前で説明をするのが苦手でしたが、何度か続けていくうちに度胸がつき、大勢の前でも堂々と自信を持って話をすることができるようになりました。また、接客業なのでさまざまなお客様と出会い、会話することによって自分自身のコミュニケーション能力も上達したのではないかと思います。その経験は、社会人になってからも非常に役にたっていて、学生時代に添乗員のアルバイトをしていて本当に良かったと思います。
  • 30代  女性
    私は1年間、添乗員のアルバイトをしていました。もともと旅程管理者の資格を持っていたため、すぐに働く事ができました。私が担当したのは、主に日帰りのバス旅行の添乗です。季節ごとのイベント(お花畑や紅葉狩りなど)、ミステリーツアーなど参加されるお客様は老若男女さまざまですので、出発前に下調べをしていても想定外のリクエストや事態があります。最初は戸惑いますが、お客様やバスガイドさん、運転手さん皆さんに助けられながら臨機応変な対応ができるようになりました。良い点は各地の名所や名物を楽しめるところ。成長できたことは、多くの方と接するのでコミュニケーション能力が身に付くところです。さまざまな出会いがあり、貴重な経験ができたことは良い思い出です。
  • 30代  女性
    私は韓国に親会社がある旅行代理店の日本支社で、約2年間アルバイトをしていました。そこでは、当時、韓流ブームなどで手軽な海外旅行先として大人気であった韓国へ、日本からのお客様の航空券や宿泊先の手配などするのが中心でした。旅行代理店のため、仕事の大半はお客様の対応ややり取り。さまざまなご意見等もあり、こういう場合はどう対応すれば喜ばれるか、怒らせてしまった時はどう対処すればよいのかなど、さまざまな接客スキルを学びました。この時の経験は、人間関係を良好に保つ上でも役にたち、学べて良かったと心から思えるものでした。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

旅行のお仕事ピックアップ

旅行のアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

明るさとともに落ち着きのある態度で臨もう
旅行業界でのアルバイトでは身だしなみなどの印象のよさ、また、想定外の事態にも対応できる冷静さや的確な判断力などが求められます。そのため、面接の中で回答に困るような質問の場合には一呼吸おいて気持ちを落ち着かせてから話すようにしましょう。

さらに、添乗員(ツアーコンダクター)を希望する場合は多くのお客様に接するので明るさや気配りのあるていねいな応対が必要になります。面接者の質問をよく聴き、質問の意図に沿った回答をていねいな言葉遣いではっきりとした声で答えることが重要です。
旅行業界の仕事をイメージして具体的に伝えてみよう
好きな旅行を通して人の役に立ちたいという思いが、旅行業界を目指すきっかけのひとつとしてあるようです。また、歴史や文化などに興味がある方にとっても、知識を活かせる仕事として注目されることもあります。

面接では自分の興味や強みを生かし、入社後にどのような貢献ができるのかを具体的に伝えることが重要です。さらに、他業種で培った接遇スキルや語学力を生かしたい、向上させたいという人は旅行業界の仕事を具体的にイメージできているかも大切になります。どのような姿勢で仕事に臨みスキルアップを目指すのか、熱意を具体的に伝えましょう。

仕事・職場になじむコツ

接客のコツと旅行の知識を身に着けよう
旅行のアルバイトは職種も多岐にわたります。添乗員(ツアーコンダクター)、窓口業務など、仕事に慣れるために覚えることとして共通なのは、接客態度と旅行に関する知識を身に着けることです。旅行の仕事は、実際に消費者と接することが多く、年齢層も様々です。

どの人も旅行を楽しみにしている点が共通ですが、その分お客様からの様々な要望にこたえなければならない場面も多々あります。まずは、先輩たちからお客様に接するときのコツを学びましょう。その際は、話をじっくり聞くという姿勢が大切です。
関係者に積極的に話しかけてみて!
添乗員(ツアーコンダクター)の場合は、現場ごとに新しい人たちに会うことになります。バスなどの運転手はもちろん、旅先の関係者とも良好な関係が築けるように、自分から挨拶をしたり、話しかけたりすることを心がけましょう。

窓口業務の場合には、周りに先輩や同僚がいてくれることも多いです。わからないことは積極的に質問するなどして、仕事に意欲的に取り組むようにしましょう。

旅行会社で働く人は自分が旅行好きのことも多いです。旅行の話題を話しかける糸口にしても、会話がはずむのではないでしょうか。

旅行のアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
お客様は旅に慣れている方ばかりではありませんので、緊張しているお客様や、乗り物に不安を感じているお客様もいらっしゃいます。そのようなお客様にどのように楽しんでいただくかを考え、お客様のお役に立つことにやりがいを感じるでしょう。

また、添乗員(ツアーコンダクター)としていろいろな名所、旧跡、観光地を訪れることができ、お客様と感動を共有することができるという魅力があります。長いお付き合いになるお客様もいて、旅行を通じてさまざまな人間関係を学ぶことができます。
どんな大変さがある?
旅行のお仕事は、当日の天候や交通事情などで予想外のことが起きることも多いです。また、お客様から思わぬリクエストを要求されたりすることもありますので、出来ることと出来ないことを冷静に判断する臨機応変な対応力や、調整力が求められます。

ある程度は経験が必要な部分もありますが、事前調査を入念に行い、シミュレーションを行うことで、回避できるトラブルもあります。非日常の時間を求めて参加しているお客様に対し、出来ることは何でもするという姿勢が必要です。
どんなスキルが身に付く?
添乗員(ツアーコンダクター)のアルバイトでは、幅広い年代のお客様と接することから、幅広いコミュニケーション能力が身につきます。事前に旅行先の情報を調べ、バスの中や滞在地で説明することもあり、人前で話す度胸やプレゼンテーション能力がついたという人も多いようです。

勉強して旅程管理者の資格を取り、ステップアップすることも可能です。代理店での窓口業務では、お客様の要望を正確に汲み取る能力や、電話、メールの実戦的なスキルが身につきます。

このページの先頭へ