介護助手の
アルバイト

介護士や看護師の負担を軽減するために色々な作業を行う介護助手は、食事の介助、患者の入浴補助、メッセンジャー業務などの役目があります。このように利用者の方と直接関わりあう業務もありますが、寝具などの環境整備や備品の管理などの事務的な仕事も多いので特別な資格は必要ありません。

介護助手のアルバイト 3つのポイント

  • 介護士、看護師などのサポートや利用者に必要なケアを行い、人と直接関わり役に立てるという仕事のやりがい
  • 福祉や医療に興味がある方は働きながらスキルアップできます
  • 子育て中の方でも安心して働きやすく、頑張れるお仕事

介護助手のアルバイトとは?

  • 介護助手のアルバイトにはどんな仕事があるの?

    高齢者支援施設、老人ホーム、病院などで介護が必要な方の生活を支えるお仕事

    介護助手での仕事は、食事や入浴の手伝いや、おむつの交換などがあります。また、食事の支度や配膳の介助を行うこともあります。日常生活で困難と思われる動作の補助が主な仕事内容です。機能訓練を取り入れた施設では、生活介助だけでなく訓練サポートを行うこともあります。体が思うように動かなくて孤独になりやすい高齢者の方々に寄り添い、スタッフたちと協力しながらより良いコミュニケーションの場を作り上げていくことも必要になってきます。季節ごとのイベントや行事でアイデアを出し合ったり、盛り上げたりすることも大切なお仕事の一つであす。高齢化が進む日本において、重要な仕事のひとつです。未経験の方でも働ける施設が多いこともポイントになっています。
  • 介護助手のアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    未経験でも働くことができ、勤務時間も選べるので家庭の都合にも合わせやすい

    介護助手のアルバイトは、子育てをある程度終えた主婦(夫)の方の社会復帰としても人気があります。未経験でも働くことができ、家庭の都合に合わせやすく、扶養内で勤務できることもメリットです。介護に関する専門知識がなくても、仕事を続けることによって資格試験の受験資格を取得することができます。介護についての高いスキルを身につけることで、仕事の選択肢も広がります。福利厚生もしっかりしているので、自立を考えている場合にも安心です。ハードな仕事ではありますが、アルバイトを通じてやりがいを感じたいという方におすすめです。自分の親の介護など、将来に役立つ介護スキルも自然に習得できるでしょう。やる気があれば何歳でもチャレンジできるのも非常に魅力的です。

介護助手のアルバイト 体験談

介護助手アルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 50代  女性
    半年間ほど小規模なケアホームで介護助手としてアルバイトをしました。入所者の人数は9名で男女共に入所されていました。70代から90代の方までおられて、認知症や脳の病気で自立生活が難しい方のホームでした。一人で外出できる方から寝たきりの方まで、それぞれ身体状態は違っていました。仕事内容は朝の着換え、身支度、食事のお世話、午後のシフトでは入浴から着替えてベッドに寝かしつける迄をしました。その他には施設の掃除から洗濯、電話対応や訪問者の対応まで幅広くお手伝いをしました。中でも認知症の方のお世話は想像を超えてとても大変でした。高齢の方との関わりでしたので、大きな声でゆっくりはっきりと話す様に心掛けていました。一人歯が全くなく、何度聞いても相手が何を言いたいのか聞き取れず、相手を怒らせてしまう事もあり、とても苦労しました。でも入所者の方と心が通じ「もう帰るの?明日は来るの?寂しいなぁ。。」等と言って貰えた時には、とても温かい気持ちになり嬉しかったです。自分の将来の事や高齢者の方との接し方などについても、実体験を含め考える事ができる様になった点は、とても貴重な経験だったと思っています。
  • 20代  女性
    介護助手として、デイケアでスタッフをしていました。主な仕事内容としては、利用者様とのコミュニケーション、見守り、入浴介助などです。介護業界未経験で最初は全てわからないことばかりでしたが、仕事を覚えることよりも何よりも苦労した点は、利用者様との信頼関係です。入浴やトイレなど、プライバシーの部分に知らない人が踏み込んでくるのは、誰でも抵抗があります。仕事だとはいえ、利用者様の立場にたって気持ちを考え、行動するよう心がけていました。また、働く上で、利用者様と沢山お話をすることで、困っていること、悩んでいることが見えてくるようにもなりました。この仕事を通じて、相手の気持ちを考えること、また、相手の話を聴き、くみ取る力が身についたと感じています。
  • 40代  女性
    高齢や障害などで外出が困難な方への外出支援の介護助手として仕事をしていました。私は無資格だったので、外出に2人介護が必要な方のためにヘルパーさんの助手としてつきました。普段在宅の方の余暇活動としての散歩や、通院介助などもありました。2人介護が必要な方は主に身体障害と知的障害が重複している方で、車椅子からトイレへの移動が1人では難しいケースが多かったです。この仕事を通して普段特に何も感じなかった道の段差や、歩道に車や自転車が路駐してあることなどがこんなにも困ることだと初めて知りました。また電車やバスに乗るときには、従業員の方に協力をしていただく必要がありますが、理解の差を感じました。そのうち仕事以外のときも、高齢者や障害を持っている方に気を配り、自然と手助けできる自分になったことは何よりの収穫でした。介護というと、とても重労働で大変な仕事というイメージがあると思いますが、それだけではなく、人間的にも変わることができるやりがいのある仕事です。
  • 20代  男性
    バイト先の施設は24時間フル稼働で、収容人数に合わせてスタッフがシフティングをする形でした。朝、昼、夕番、夜勤の4パターンで回していました。比較的、介護度の高い方々を承っており、その点あらゆる点について配慮が必要でした。入浴介助は必ず誰かがフォローしなければなりませんし、褥瘡もちの方についてはその処置をとらねばなりません。とりわけて苦労したことといえば、夜勤です。夜勤は17時から朝の9時ごろ(もっと過ぎることもある)まで働き、帰宅してから寝ます。今では、介護職では至って普通のことだと思っていますが当時はまだ若かったためかなり苦しんでおりました。ただこの介護の仕事を通してどうやって高齢者に接していくか、介助していくかなど、知るきっかけになりましたので大変、貴い経験になったと実感しております。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

介護助手のお仕事ピックアップ

介護助手のアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

第一印象と笑顔が大事
第一印象は面接の合否に大きな影響を与えます。背筋を伸ばし、しっかりと採用担当者の目を見て声を出すように心がけましょう。介護助手は人と直接関わることも多い仕事なので、自然な笑顔とコミュニケーション能力がとても大事です。人に元気を与えられるような姿が必要とされます。初対面の面接官でも緊張し過ぎず、落ち着いて質問に受け答えしましょう。スマートフォンの録画機能を利用すると良い面接対策になります。
仕事に対しての熱意を伝える
面接時には質問の意図についてしっかり把握し、自分の言葉で答えるようにしましょう。質問には、前向きに応えると良い印象を与えられます。志望動機について訊かれた際には意欲を伝えることが重要です。何故この仕事を選んだのか、介護助手としてどのように働きたいのかなど自分の想いや熱意をしっかりと伝えましょう。面接を受ける前に自分の伝えたいことを頭のなかできちんとまとめておくと落ち着いて受け答えができます。

仕事・職場になじむコツ

仕事の意義について考えて行動しよう
介護助手の現場では、普段の生活ではあまり耳にしない専門用語が多く使われています。わからないことはそのままにせず、調べたり確認したりするよう心がけましょう。積極的な姿勢を示すことで、周囲から信頼を得ることができます。自分の仕事だけでなく、周囲の動きやつながりを意識して行動することによって、自分の役割や仕事についてより深く理解できるようになります。業務を1つずつ大切にし、周囲になじみましょう。
積極的にコミュニケーションを取ろう
介護助手は専門的なことを覚えることが多く、学ぶ姿勢が大切です。その分、大きなやりがいのあるアルバイトでもあります。周りの人に気軽に質問ができるように、日頃から休憩時間などを利用して積極的にコミュニケーションを取りましょう。コミュニケーションが取りやすい、より良い環境づくりをすることで、互いに意識が高まって仕事内容への理解を深めることができるようになります。

介護助手のアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
介護助手は現代社会において非常に必要性が高い仕事なので、専門知識を活かして多くの方々の命を支え、役に立てることができます。さらに、患者さんと密なコミュニケーションが取れるので、症状が回復したときや直接感謝されたときにやりがいを感じられるでしょう。やっていて良かったと思えるアルバイトです。
どんな大変さがある?
介護助手の現場は事前に基本的な知識を持っていても実際の勤務で苦労する場合が多いです。不慣れな現場で専門用語で説明されても最初のうちはいまいちピンとこないかもしれません。わからないことを言われたら、焦らずに近くの先輩にその都度質問するようにしましょう。高齢者の方々のお世話では予期せぬトラブルが起こることもあります。日頃から周りの人々の経験談を聞き、万が一の自体に備えることも大切です。
どんなスキルが身に付く?
介助方法には自分の体に負担をかけずに行うやり方があります。複数の方の介助を行う際にはコツを習得しておく方が良いでしょう。介護方法の技術は実際に仕事をしていく中で覚えていけるので、未経験であってもやる気があれば経験の有無を問わない施設が多いです。施設によっては介護職員初任者研修を修了しているか、ホームヘルパー2級以上の資格を求められる場合もあります。介護助手は高齢化社会に不可欠なアルバイトなので、求人数が比較的多いのも特徴です。介護助手の経験を通して、ホームヘルパーの資格取得や介護福祉士の資格取得、ケアマネージャーを目指すことも可能です。

このページの先頭へ