校正の
アルバイト

新聞や雑誌・書籍等の制作過程で間違いを見つけるのが校正のアルバイトです。正しい日本語を使っているか、文法は間違っていないか等を専門の知識を駆使してチェックしていきます。印刷物のクオリティを上げるための専門職です。

校正のアルバイト 3つのポイント

  • 新聞や雑誌、印刷物など、多くの人の目に触れる文章に携われるやりがいあり!
  • 正しい表記、美しい日本語に関する専門知識が身につく
  • 細かいミスを見逃さない「注意力」を養うことが出来る

校正のアルバイトとは?

  • 校正のアルバイトにはどんな仕事があるの?

    制作物の文章が適切かをチェックするお仕事

    書籍や雑誌などの印刷物、あるいはwebの情報サイトなどの制作工程でライターが書いた文章と照合して間違いや不備などをチェックすることが主な仕事です。具体的には一字一字誤字脱字がないか、正しい日本語になっているかの確認、あるいは校閲として書かれた内容が適切かを調べることもあります。また、図表などの挿入位置や書体のチェックなども必要です。

    パソコンで文章を作成する場合は変換ミスも多く、同音異義語の使い分けなどの誤りも起こりがちですが、間違った情報は発行者の信用にも影響を与えかねません。校正の仕事は間違いを見逃さないように集中力を高めて取り組むことが求められ、文章を世の中に発表する前には不可欠な仕事です。
    制作物の文章が適切かをチェックするお仕事
  • 校正のアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    経験ととも校正技術が向上し、自宅でも勤務できます

    校正のアルバイトは経験を重ねることによって校正技術を高めることができ、文章力が養われ、正しい日本語の表現なども身につきます。さまざまな分野のライターの書いた文章を発売前に読めることもメリットといえるでしょう。また、webサイトの普及やデジタル化が進む中で、出版業界や新聞業界に限らず一般企業などからもニーズが高まっている仕事です。

    働く場としては、自宅で行うこともできるため専業主婦も育児や家事の合間を効率よく使って働くことができます。

    また、校正には各社のルールがあるため、丁寧な研修や指導を行っている企業が多くあります。そのため、ブランクのある経験者や未経験者でも、挑戦しやすい仕事だといえるでしょう。さらに年齢の制約を受けずに長く活躍できることも魅力です。
    経験ととも校正技術が向上し、自宅でも勤務できます

校正のアルバイト 体験談

校正アルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 20代  女性
    私は印刷会社で1年半ほど校正のアルバイトをしていました。アルバイトを通して身についたことは、短時間で最大限のパフォーマンスを発揮させる力です。校正では集中力が全てを左右します。そのため、頭が冴えている時間帯に一気に片づけるのが最も効率が良いとされています。ところが印刷会社の仕事というのは、長時間にかかる作業になることもあります。そこで休憩をとるときはしっかり休み、メリハリをつけることを心掛けていました。集中力を最大限まで高めた状態で作業をし、クオリティの高い仕事をする、その流れが自然と自分のスキルアップにもつながったと感じます。仕事を通してオンオフの切り替えのコツが身に付き、現在の生活にも生きています。
  • 30代  女性
    年賀状の校正のアルバイトを経験しました。私の勤務先では校正をする際、1通につき3度、違うスタッフがチェックをします。しっかり見たと思っても見直すと再度間違いが見つかったりもします。名前に使われている古い漢字などは特に気をつけました。そうやっていくうちにコツコツと地道にやること、集中することが身についたと思います。また人の名前ですから、もちろん間違えがあっては失礼。自分が年賀状を作るときにも気をつけようと意識するようになりました。地道な作業ではありましたがコツコツできる方、じっと座ってられる方に向いていると思います。
  • 30代  女性
    一年半ほど広告代理店で校正の仕事をしました。完成前に何度か刷り上がった紙面に訂正の赤字を入れる仕事です。前もってもらっている原稿の内容と違いがないか、また単純な文字のミス、文章の文法がおかしくないかなどをチェックします。 このアルバイトでは短い文字や写真だけから第三者が欲しい情報を得るためにはどう伝えるべきか、ということを学びました。アルバイトながら、こうしたら見やすいのではないか、日本語がおかしいのではないか、などさまざま意見は聞いてもらえました。また、校正のカ所に赤字を入れる時もスペースも狭く、どう書いたら他の人にわかりやすいかと頭を使いました。校正のアルバイトを経験して、人に文章で伝えることが上手くなったのではないかと思います。
  • 20代  男性
    短期間ではありますが、校正のアルバイトをしていました。もともと細かい間違いを探すのは苦手なタイプで、最初は誤字脱字に気が付けないことも多かったです。数をこなしていくうちに徐々に仕事にも慣れ、文章を読むポイントや間違いやすい単語などにピンとくるようになりました。また決められた時間内で効率よくチェックができる方法を試行錯誤して工夫できたのも良かったです。現在は違う業界にいますが、細かい部分までしっかり見落とさないようにする習慣が活きています。文章ではないものの、日常生活でも細かいところにも気を配れるようになり、良い経験になったと感じています。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

校正のお仕事ピックアップ

校正のアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

誠実な対応を心掛け、かつてきぱきと!
校正は、情報を正しく伝えるために必要な作業であり、責任感が求められる仕事です。対応には誠実さを心掛け、責任感をアピールしましょう。

これは、仕事のやり取りをする際のコミュニケーション能力にもつながります。明るいてきぱきとした姿勢でのぞみましょう。

筆記試験がある場合は、短時間で異なる部分を探しますので、集中して取り組むことが大切です。在宅での筆記試験の場合も、正確さが第一ですので、時間制限がない場合は、間違いがないか何度も念入りに見直しましょう。
忍耐強く取り組めることを伝えよう!
校正の仕事は、正確さが重要となります。そのためには、集中して間違っている部分を探す作業に、忍耐強く取り組むことが必要です。「文書を比較して細かい間違いを探すことが得意」など、必要とされるスキルに結びつけるとよいでしょう。

「日本語や文章が好き」といった点もアピールポイントになります。独特の校正記号を使う場合もあります。漢字検定の資格や教育関係なら教員免許の資格がある場合は、合わせて面接時に伝えましょう。

仕事・職場になじむコツ

集中力と知識がカギ
校正の主な仕事は、文章やコピーなどを読んで、誤字や脱字、文法などの間違いを見つけて正すことです。専門的な知識が求められる仕事であり、高い日本語力が要求されます。

また、校正をする際に、見やすく赤字を入れるというのも重要なことです。先輩たちの校正の仕方などを見て、相手にわかりやすい書き方を覚えましょう。作業スピードをあげるためには、ある程度の慣れも必要です。職場に先輩や同僚がいる場合は、仕事をスムーズに進めるコツなどを情報共有することをおすすめします。
作業中以外のコミュニケーションを大切に
校正の仕事中は、誤字や脱字、文法の間違いなどを見つけるために、集中して文章を読まなければなりません。そのため、作業中に話をするのは難しいことも多いです。仕事の前後や休憩時間に、同僚や先輩たちとコミュニケーションをとるように心がけましょう。

特に、新人のうちは誤字や脱字を見つけられなかったり、先輩から直してもらうことも多いかもしれません。指摘されたり、助言を受けたりしたことは素直に聞き入れ、次に活かせるようにしましょう。

校正のアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
校正の立場で一つの作品の制作に携わることは達成感につながる仕事です。自分が校正した文章が印刷物として、あるいはweb上に発表されて多くの人が読んでくれるという経験ができます。表に出ることの少ない仕事であっても、自分がかかわった作品に対し肯定的なフィードバックがあると制作者の一員として一層のやりがいを感じることが出できるのが魅力です。

また、校正のアルバイトは経験者に対する求人が多く、職場では即戦力として期待され、実績によっては時給がアップすることなども校正者のやりがいにつながっています。
どんな大変さがある?
校正の仕事は原稿と校正刷を見比べながら、何度も集中して読み返す作業です。集中力だけでなく根気が必要で、目の疲れを感じる場合もあります。また、校正のアルバイトは依頼の内容を十分に理解して的確に作業を遂行することが求められる仕事です。校正者は間違いや不適切な個所を見逃さないように最善を尽くさなければなりません。

校正の仕事は緊張感が続く責任も重い仕事ですが、それ故にやりがいがあり、納期までに無事に校了できたときには大きな達成感となります。
どんなスキルが身に付く?
校正のアルバイトでは日本語の正しい知識や校正技術など専門的な知識や技術が必要になり、これらのスキルは経験を通して高めていくことができます。また、小説などの膨大な量を担当することもあり、校閲を行う場合には多くの資料で調べなければなりません。そのため、集中力を継続させて正確な仕事をする力、あるいはコツコツと根気よく作業をする姿勢も身につくようになります。

さらに、そのときどきで作業量の異なる仕事を納期までに終えることにより、責任感だけでなく遂行可能な作業量を見極める力も身につくでしょう。

このページの先頭へ