WEB・編集・クリエイターの
アルバイト

WEB・編集・クリエイターのアルバイトは、WEBや雑誌、書籍などの制作に携わることができるアルバイトです。自分が企画した特集や記事が、世の中に出回って多くの人に読まれるという、大きなやりがいを感じることができるアルバイトだと言えます。

お知らせ:日曜日4:00~6:00の間、メンテナンスのためサービスを停止させていただきます。
※作業状況によっては時間が前後する場合がございます。

WEB・編集・クリエイターのアルバイト 3つのポイント

  • 編集ソフトの使い方や高い文章力などの専門知識を、仕事を通して深めることが出来る
  • ものづくりの達成感や喜びを感じながら、仕事ができる
  • 自分のかかわった作品がたくさんの人の目に触れるので、やりがいの感じられる仕事

WEB・編集・クリエイターのアルバイトとは?

  • WEB・編集・クリエイターのアルバイトにはどんな仕事があるの?

    クリエイティブな編集の仕事をサポートするアルバイト

    編集の仕事は、雑誌などの誌面構成を考えて、製作全般をコーディネイトするお仕事です。デザイナー、カメラマンなどの協力が欠かせません。雑誌などの内容について、読者に喜んでもらうには、どんな企画でどんな記事を掲載するとよいかなどを考えていく発想力が要求されます。

    編集のアルバイトは、一般的には編集者のサポートがメインの仕事です。リサーチを行い、資料を集め、取材や打ち合わせのアポイントを入れたりなどがあります。原稿や写真データ、キャッチコピーの整理、資料のコピーなどもあり、制作全般のお手伝いをします。

    経験を積んでいくと、コンテンツの一部やページ全体の制作を任されるケースもあり、さらに正社員へとステップアップする人もいるようです。
    クリエイティブな編集の仕事をサポートするアルバイト
  • WEB・編集・クリエイターのアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    憧れのマスコミ業界も夢ではない

    マスコミ業界で働くことに憧れがある人にとっては、とても魅力的なアルバイトといえます。例えば、書店に並ぶよく見かける雑誌などの制作に関われる機会があります。インタビュー取材への同行や制作中の誌面のチェックなど、アルバイトでは、通常は経験できないことをリアルタイムで体験できます。

    将来は出版社で働きたいと考えている人にとっては、編集のアルバイトの仕事を通して、出版業界について知ることができる大きなチャンスです。

    編集のアルバイトの求人はそれほど多くはありません。また人気職種であり、倍率も高くなるケースが多いです。働いてみたい人は、アルバイトを募集していないか、定期的にチェックするようにしましょう。
    憧れのマスコミ業界も夢ではない

WEB・編集・クリエイターのアルバイト 体験談

WEB・編集・クリエイターアルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 30代  女性
    動画編集の経験で学んだことは判断力とイメージ力です。常に第三者の目線で判断することが重要になってくるので、主観的な判断ではなくターゲットに合わせた目線で判断しなければなりません。 また、使用する機材によっても編集する注意点が違ってくるので、再生する環境をイメージして編集を行います。文字の大きさやカットのテンポなど小さなことで印象が変わるので、完成形を想像した上で作業を進めるイメージ力も身につきます。専門ソフトの知識や現場での対応力も身につきました。編集のアルバイトで、受け手に「伝える」ための技術をたくさん学び、大変勉強になりました。
  • 30代  女性
    編集のアルバイトを通して身についたスキルは、日本語の正しい使い方と起承転結のあるストーリーを作ることです。短い文章でも正しい日本語を使わないと、編集長からOKがでないので、細かい接続語の使い方などにも気を使うようになりました。同じ言葉を何度も繰り返さないように、辞書で同義語を調べることも多いので、ボキャブラリーも増えたと思います。また、最初にこれから書く内容をさらっと紹介してから本文に入り、最後にまとめの文で締める、というような一つのストーリーを作るスキルです。話す順序もとても大切で、何を一番よく伝えたいかよく考えて、多くの人にもわかりやすいように意識しなければなりません。普段の会話や何かを人に説明する時、プレゼンテーションにもとっても役立つスキルを学ぶことができたと思います。
  • 30代  男性
    私が経験したのはWEBで使うコンテンツ編集のお仕事です。主な業務は、撮影補助、取材補助などがメインでしたが、アルバイトになれてくると、企画編集すべてを経験しました。普段なにげに見るインターネットや雑誌の記事ができるまでをひととおり経験したわけですが、その際一緒にお仕事をした、カメラマンやライターといった各分野のプロフェッショナルと仕事ができたことは、自分の人間形成に大きな影響を与えてくれたと思います。当たり前ですがコンテンツは想像で作るわけではなく、企画をして電話でアポイントをとり、取材撮影をおこなうといったように、手間ひまをかけて作られています。その一つ一つの作業の中で自分のこだわりを入れ、それが皆さんの目の届く記事として世に出る喜びはほかの仕事にはない経験だと思います。
  • 30代  男性
    私は1年間編集のアルバイトをしていました。メインはロケ地のアポイントやロケハン。荷物持ちなどの雑用でした。雑誌のコンテンツを作るという編集の仕事は、当初思っている数倍きついものでしたが、プロ根性を体の芯まで学べる仕事でした。フリーカメラマンの撮影のこだわり、ライターの方の文章へのこだわり、デザイナーのこだわりなど、各分野のプロが自分のこだわりを集結してコンテンツができていきます。編集はそれを取りまとめる役目ということで、すべてを把握しすべてのプロに的確な指示を出さなくてはなりません。本当にスリリングですが、雑誌ができた時の感動と達成感は何事にも代え難い興奮がありました。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

WEB・編集・クリエイターのお仕事ピックアップ

WEB・編集・クリエイターのアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

どのような制作物を作っていきたいかが問われる
編集業では広告やチラシなど、様々な媒体を制作していきます。アルバイトとしても多くのアイデアを出しながら制作に携わっていく仕事なので、クリエイティブな精神が求められるのです。

面接の応対の中では、こうした制作に関わることについての質問が多く見られる傾向にあり、やりたいことや、普段どんなメディアを見ているのか、興味のある点などについて聞かれます。経験がある場合には、これまで制作してきた成果物のボリュームについて聞かれることがあるので、ある程度の情報はまとめておくと良いでしょう。
しっかりと仕事に向き合う姿勢を伝えよう
編集のアルバイトでは、経験者であれば、どんな制作に携わってきたか、経験として得たものを意欲的に述べていくのが良いです。

また、未経験でも始められる仕事なので、どんな制作に携わっていきたいか、仕事に対する前向きな姿勢が見られます。その他にも「コツコツと取り組むことが好き」というように仕事に性格面で活かせるところがあればアピールするのも良いでしょう。

仕事・職場になじむコツ

基本的な文章力をあげる
編集関連の業務には、高い文章力が問われる仕事が多いです。そのためには本をよく読むことが近道であると言われています。

普段から本を読んでいる人は総じて文章の表現力が高い傾向にあり、活用や推敲のポイントを自然と理解しているということが多いです。

編集の仕事にとっては、キャッチーな一言をすぐに出せる人が重宝します。未経験でも可能な職場ではありますが、本格的に業務に取り組む前段階で、読書が好きであったり、文章を書くことに慣れているなど、ある程度の文章力を持っておく必要があるでしょう。
読み手へのサービスを重視する
編集の仕事に携わる上で一番意識する必要があるのは、読み手へのサービスです。いかに優れた文章であっても、読み手に響かなければ意味がありません。どういう文章・表現が読み手に受けるのかを、経験の中で自身の感性を磨いて行く必要があります。求められている表現は何か、読み手に響く文章は何かを考えながら、仕事仲間との意見交換などを積極的に行っていきましょう。

いろんな人の意見が交じり合うことで、自身の感性も磨かれていくので、積極的なコミュニケーションが仕事を円滑に進める上でも重要になってきます。

WEB・編集・クリエイターのアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
編集のお仕事では、自分が携わった記事や特集が、広く世の中に出回って多くの人々の目に留まるという、ほかの仕事では味わえない大きなやりがいを感じることができます。

編集の求人は比較的少なく、人気職種のため高倍率になりがちですが、出版業界への就職を希望している人は、現場を体験するまたとないチャンスです。

一つひとつ入念な準備と手間暇をかけて作られている記事やコンテンツ作りのお手伝いをして世に送り出す喜びは、この仕事独特のものがあります。
どんな大変さがある?
編集のアルバイトは最初は細かな裏方業務が多く、ロケハンや荷物持ちなど、思った以上に力を使う場面もあるようです。

また、周囲は写真や文章、デザインなどの「職人」ばかりですので、自分の仕事にプライドを持って仕事をしているような独特の雰囲気に最初は圧倒されてしまうかもしれません。しかし、我々が目にする雑誌やWebコンテンツ、映像コンテンツなどは、そういった妥協のない仕事の中から生まれてくるものです。

出版やコンテンツ産業へ進みたい方にとっては、またとない体験ができるアルバイトと言えます。
どんなスキルが身に付く?
アルバイトとはいえ編集のお仕事は「プロ」としての内容を求められることも多く、厳しい反面、さまざまなスキルを身に付けることができます。ふだん何気なく使っている日本語でも、読みやすい文章にするためには正確な使い方をする必要があります。助詞や接続詞など細かい部分や言葉の繰り返しに気を付けて、起承転結があってメリハリの利いた文章を作るスキルが身に付きます。

要点をまとめるスキルなど、社会人になってからも使えるスキルを身に付けられます。

このページの先頭へ