広告の
アルバイト

テレビCMや新聞・雑誌広告と生活の中で広告に触れないことはありません。これらの広告をクライアントから依頼を受けて作るのが広告の仕事。世の中を動かす、ダイナミックな仕事がアルバイトを通じて、経験できます。

広告のアルバイトとは?

  • 広告のアルバイトにはどんな仕事があるの?

    商品や企業の宣伝するスペシャリスト

    クライアントから商品や企業を宣伝するための広告を作るのが、広告の仕事です。メーカーの宣伝部や広告代理店、制作会社でのアルバイト募集が多くなっています。例えば、広告代理店では、クライアントの課題をヒアリングし企画内容や広告を出す媒体を決定します。先方の意向をいかに具体的に広告に落とし込むかが重要で、テレビや雑誌、ラジオ、PR等幅広い知識が求められます。広告制作の際は、コピーライターやカメラマン、デザイナーと仕事を進めるため自分の考えを他者に伝えるコミュニケーション力が必要となります。広告のアルバイトの場合、まずは先輩に付いて仕事をサポートすることからはじまり、経験を積むことで社員への道が開けることもあるようです。
    商品や企業の宣伝するスペシャリスト
  • 広告のアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    仕事の結果や成果が見えやすい仕事

    広告のアルバイトのメリットは、スケールの大きな仕事に携われることです。街中やメディアで自分の手がけた広告を見かける機会も多く、世の中を動かしている実感を持つことができます。「いかに商品の良さを伝え、伝えたい人に認知してもらうか」を考える仕事なので、広告でヒットを生み出すことができると、大きなやりがいを感じることができるそうです。優れた広告を決める賞や公募も多く、受賞することでより大きな仕事を手がけることができます。資格のいらない職業なだけに、過去の仕事が未来の仕事を作ってくれるとも言えるので、アルバイトとして色々な案件に関わり、広告の醍醐味を味わうのもおすすめだと言えます。
    仕事の結果や成果が見えやすい仕事

広告のアルバイト 体験談

広告アルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 40代  男性
    毎週差し替えで、CMの原稿を書いていた経験があります。限られた文字数や時間の中でしたが、そこで商品などの魅力をスポンサー様の意向を取り入れつつも、不特定多数の人たちに、いかに分かりやすく丁寧にインフォメーションするというスキルが身につきました。なおかつ、放送コードに留意しながら分かりやすく文章を書くことも学んだり、取材や打ち合わせ等の広告業界の流れもつかむことができました。 短期間でしたが、もちろん文章力や表現の幅が広がりました。なかなかできない職種ですし、大変やりがいもあり、貴重な経験ができたと思います。
  • 30代  女性
    広告業界の営業をしていました。さまざまなジャンルのお店に、アポ無しの飛び込みでアプローチをするので、最初はとても緊張しましたが、数をこなすにつれて楽しくなっていきました。電話でひたすらテレアポをしたり、雨の日の飛び込みは少し気持ちが萎えてしまう時もありましたが、基本的に広告業の営業は若い方が多いので、仲間と一緒に外回りをしたり、目標を立てて楽しく進められました。また、広告は自分で記事を作成し、実際に反響も目に見えて分かるので、とてもやりがいがある仕事です。反響が0なのか、それとも1000なのか、自分の記事の作り方、配布時期、配布の仕方、記事のサイズ、全部をクライアントと話し合い決めていきます。やりがいを感じた仕事でした。
  • 30代  男性
    ポスターやパンフレットなどの広告制作の仕事をしていました。私がいた会社では、まず営業からクライアントの広告、キャッチコピー等やそれにまつわるエピソード、コメント等の文字類が箇条書きで提示されます。そしてそれを材料におおまかな構成をつくっていきます。数日するとそれに付随する写真データやイメージ画などがあつまってくるので、それをみてさらにレイアウトをつめていきます。発注から全てのデータが集まるまでに時間がかかることが多いため、商品のイメージがなかなか掴みにく苦労したこともありました。また、納期が短いケースもあるため、クオリティの高い広告をいかにスピード感をもって仕上げられるかについては、随分鍛えられたと思います。忙しいこともありましたが、苦労して作ったものが日本中に発信されるので、やりがいと達成感はひとしおでした。
  • 30代  女性
    私にとって広告制作のお仕事は全くの未経験だったため、すべてのことが勉強になりました。まずは基礎的なパソコンのスキルが身についたこと。仕事の幅が広がり、大変役に立っています。そして広告に掲載する業界や商品についての知識です。私の場合は冷凍食品や精製食品に関する広告に携わっていたので、身近でありながら知らなかった専門的な用語や業界の事情を知ることができました。普段何気なく見ている広告ですが、制作の立場になるとレイアウトや文のインパクト、写真のチョイスや広告全体の配色のバランスなど、いかに消費者に印象づけられるかを考えながら作業しなければなりません。細部にまで気を遣いながら進めていく作業はとても奥が深く、面白いと感じました。専門的な仕事ではありますが、幅広い職種にも生かせる要素を持っていると思います。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

広告のお仕事ピックアップ

このページの先頭へ