WEBデザイナーの
アルバイト

クライアントから依頼を受け、商品やサービスを広く伝えるためのWEBページを制作するのが、WEBデザイナーのお仕事です。WEBページのデザインを本格的に担当することもあれば、プロのWEBデザイナーの仕事をサポートするアシスタントのようなアルバイトもあります。

WEBデザイナーのアルバイトとは?

  • WEBデザイナーのアルバイトにはどんな仕事があるの?

    先輩のアシスタントとして部分的なデザインを担当

    クライアントがイメージするアイデアを形にしたり、ネットユーザーに何度も足を運んでもらえるようなWEBページを制作するのが、Webデザイナーの役割です。アルバイトの場合には、最初のうちは先輩社員のアシスタントとして、部分的なデザインなど、簡単なものから手伝っていくというパターンが多いようです。WEBのデザイン経験がある人は優遇されますが、Webサイトのデザイン未経験者でも働くことができるケースもあります。仕事をしていきながら、少しずつ専用の画像処理ソフトの「Photoshop」や映像描写の「illustrator」などデザインに関するソフトを使えるようになると、アルバイトでも仕事の範囲が広がっていきます。
    先輩のアシスタントとして部分的なデザインを担当
  • WEBデザイナーのアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    仕事をしながらデザイナーとしての実力を身につけていける

    将来のWebデザイナーを目指している人にとって、アルバイトとして働きながらスキルを身につけ、お給料をもらえるというのは、非常に魅力的で大きなメリットです。先輩の知識や技術力を少しずつ自分のものにしながら、一人前のWEBデザイナーを目指していけます。また、企画立案やホームページ全体の作成を任されることもよくあるため、ホームページ作成ソフトの使い方、Webサーバーヘのアップロードなどについても、仕事を通じて身につけることができます。アルバイトをしている人の多くが将来的にWebデザイナーを志望する人なので、仲間意識やライバル意識が芽生え、人脈が広がるのも特徴です。
    仕事をしながらデザイナーとしての実力を身につけていける

WEBデザイナーのアルバイト 体験談

WEBデザイナーアルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 30代  女性
    WEBデザイナーのアルバイトを通して学んだのは、デザインする際にただデザインがカッコイイだけではだめだということ。特に、HPを作成する際にはそのHPがいかに検索結果の上位に上がってこられるかという所まで考えなければいけないということです。つまり、PC上のデザインと実戦でのデザインの世界は違うということがわかりました。デザインだけにとらわれていてもいいものはでき上がらず、インターネットの世界では生き残れない作品になることを感じました。このアルバイトを通して、常に新しい状況に対応していくための姿勢が身についたと思います。
  • 30代  女性
    WEBデザインのいろはも知らなかった私ですが、公共機関の業務補助のアルバイトに就きhtmlソースの記述のやり方から学ぶ機会に恵まれました。基本的なことが分かってくると動的コンテンツ作成の意欲が生まれ、スタイルシートやJavaScriptの勉強も始めるきっかけになりました。またコンテンツ作りに欠かせない図版の製作を通し、PhotoshopやIllustratorの技術も身につきました。これらは高価なソフトウエアゆえ、独学でスキルを身につけようとしても、簡単に手を出せる物ではありません。アルバイトで使わせていただいたのは、助かりました。これらの経験は、現在している在宅ワークに生きていると思います。
  • 30代  女性
    私は大学四年の夏休み中に、とある企業でWEBデザイナーとしてアルバイトしました。社員として働く先輩方と同じエリアにデスクを設けてくださり、横目で先輩方の仕事ぶりをみながら作業できました。その甲斐もあり、先輩方の仕事ぶりを直接見ながら働くことができ、ショートカットを駆使していかに効率良く正確に作業するか、たった1ピクセルの違いに対するこだわりなど、プロの技を肌で感じることができました。それまでは個人の趣味程度にホームページを作っているだけの自分でしたが、このアルバイト経験によってデザイナーというのはアーティストではなく、あくまでもクライアントや依頼者の要望や目的意識に沿ってデザインできてこそプロフェッショナルなのだと学ばせていただきました。単に格好良く綺麗にホームページを作って満足だった自分を大きく成長させてくれたと思います。
  • 40代  男性
    Webに限らずデザインというものは、なかなか自分では評価することが難しい業種だと思います。アルバイトを通して、いろいろな人の目にさらされることによって、良くも悪くも評価されます。良い場合はそれでいいのですが、悪く評価されても、それを受け止めて理解することによって、さらにデザイナーとしてのスキル向上や、人間性までも高めることができます。アルバイトをすることによって、自分のWebデザイナーとしての実力を評価してもらうといいと思います。自分もアルバイト時代は、なかなか評価されなくて、落ち込んだりしていましたが、先輩から、デザインは千差万別。自分の「色」を出していけば必ず認めてくる人がいると言う言葉に感動したのを覚えています。この先輩からの言葉を含めて、アルバイト時代で得られたことは今でも役に立っています。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

WEBデザイナーのお仕事ピックアップ

このページの先頭へ