新聞配達の
アルバイト

毎朝、ポストに届けられる新聞の朝刊。日が昇る前の早朝の時間帯から、新聞配達のアルバイトは動き出します。早起きを苦にしない人や、住み込みでのアルバイトを希望している人は、「配達」「集金」といった仕事の新聞配達のアルバイトに挑戦してみましょう。

お知らせ:日曜日4:00~6:00の間、メンテナンスのためサービスを停止させていただきます。
※作業状況によっては時間が前後する場合がございます。

新聞配達のアルバイト 3つのポイント

  • 配達先のお客様と接する機会が多く、喜ばれるお仕事!
  • 毎日コツコツ作業をしていく忍耐力、勤勉さが養われる
  • 未経験からでも年齢を問わずスタートしやすく、活躍できるお仕事

新聞配達のアルバイトとは?

  • 新聞配達のアルバイトにはどんな仕事があるの?

    決められたエリア内で新聞の配達や集金を行う仕事

    新聞配達のお仕事は、主に配達と集金の2つの業務があります。配達は朝刊と夕刊の二回あり、チラシの準備や折り込み作業から始まり、担当の家庭や事務所などに一軒一軒配達していきます。

    配達業務は毎日決まった時間に配達することが求められるお仕事ですので、自己管理がしっかりとできるかが重要となってきます。配達には自転車や原付バイクを使用します。

    働いている年齢層は幅広く、若者から高齢者までさまざまです。朝刊の配達だけなど、Wワークで働く人もいます。集金業務は、月末や月初など、決められた期間に家庭を訪問して、購読料を一軒ずつ集めていきます。

    決められたエリア内で新聞の配達や集金を行う仕事
  • 新聞配達のアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    新聞奨学生は就職に有利という情報も

    新聞配達のアルバイトは、朝刊の場合は朝の3時から6時ぐらい、夕刊の場合は16時から18時ぐらいと、働く時間が固定されている場合が多いため、この時間に確実に時間を作れる人にとっては、安定して働くことができるアルバイトです。

    また、「新聞奨学生」として働きながら学校に通っている学生は、所属している新聞社や販売会社から学費の援助や寮付きの店舗など金銭的にもメリットがあります。新聞奨学生は時間を守るというイメージがあり、就職の際に有利とも言われています。

    天候や気温に左右されず毎日決まって配達することで体力がつき、精神力も養われます。仕事自体も長期的に働ける人を重宝しますので、安定収入を得るには最適のアルバイトといえるでしょう。

    新聞奨学生は就職に有利という情報も

新聞配達のアルバイト 体験談

新聞配達アルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 20代  女性
    新聞配達のアルバイトでは、朝3時に起きないといけませんでした。おかげで早寝早起きの習慣が身につき 社会人になった今でも、この頃の習慣により無遅刻無欠席で通すことができています。 雨や雪の日には、新聞が濡れてお客様が読めなくならないようにカバーをかけたり、 朝物音で起こしてしまわないよう、できるだけ小さな音でポストに入れたりするように心がけていました。この仕事を通してお客様のことを1番に考えた行動ができるようになったと思います。スマホやインターネットで、気軽にニュースが読めるようになりましたが、私はやはり新聞に思い入れがあり、新聞を手に取ると懐かしい経験がよみがえります。
  • 30代  男性
    以前夕刊の新聞配達をしたことがあります。最初の頃は先輩の後をついて、新聞を配達する家がどこかを覚えていくことが重要になってきます。50軒ほどの家を歩いて回っていくので、自然と体力が身に付いていきました。数日が経過すると一人で配達するようになるのですが、夕刊の新聞配達は朝刊に比べて配達先のお客様と接する機会が多く、顔なじみのお客様と会話が弾んだりもしました。特に年配の方が多かったせいか、世代を問わずコミュニケーションできる能力が身についたと感じます。新聞を入れ忘れないようにするために自分なりに試行錯誤し、社会人としての基礎が築けたように思います。
  • 50代  男性
    学生時代、早起きが苦にならなかったので、新聞配達の仕事をはじめました。最初は先輩について道を覚えるところからスタート。なかなか配達ルートを覚えられなかったのですが、何度か自分の足でコースを歩いてみたところ、1週間位でおおよそ覚えることができました。その後は一人で配るようになったのですが、自分では完璧に配ったつもりでも時々配り忘れがあり苦情の電話がありました。落ち込んだりもしましたが、先輩たちが「自分たちでも時々あることだから気にすることは無い」と言ってフォローしてくれたのは嬉しかったです。月日が経つにつれほとんど配り忘れはなくなりました。繰り返し努力する大切さ、小さなことでも自分なりに工夫していくことが重要だということに気づかされました。
  • 30代  男性
    私は学生時代に3年間、新聞配達のアルバイトをしていました。 仕事を初めた頃は短時間でも疲れてしまっていましたが、続けているうちにスタミナがつき、体もだいぶ慣れました。また、風邪などもひきにくくなった気がします。雨が降っている日は、新聞を包装して配達するときに濡れないようにしたり、新聞をバラバラに落として汚れたものを配らないように気をつけたりと、注意力が身につきました。 誤配や不配も多かったですが、徐々にそのようなこともなくなりました。この仕事を通して、決められた時間内で効率的に考えて動く習慣が身につき、日常生活でもテキパキ物事をこなせるようになりました。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

新聞配達のお仕事ピックアップ

新聞配達のアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

清潔感のある服装とやる気をアピール
新聞配達の仕事は、朝早くから始まります。時間厳守のため、特に朝が強い人に向いているといえるでしょう。

また、身だしなみも注意が必要です。配達中は動きやすい服装ですが、面接の際は清潔感を意識し、髪型も派手な色は直しておきましょう。面接中は質問されたことにしっかりとハキハキ答え、真面目にきちんと働く意志があることをアピールすると相手に好印象です。

責任感をもって仕事に取り組めるかが重要
新聞配達の仕事は、担当している場所を決められた時間に毎日配達します。そのため、時間をしっかりと守れるか、お客様との約束は守れるかなど、責任感をもって仕事に取り組めるかが重要となってきます。

また、配達業務は体力勝負です。真夏の暑さや、悪天候などに耐えられるか、やる気も求められます。学生時代のスポーツ経験や、これまで続けてきたものがあるならアピールするとよいでしょう。新聞配達は、情報を運ぶ大切な仕事です。そのことをしっかりと理解し、面接に臨みましょう。

仕事・職場になじむコツ

まずはルートを確実に覚えよう!
新聞配達の仕事には、配達と集金がありますが、どちらにしてもルートを確実に覚えなければなりません。基本的には担当エリアが固定されているので、配り忘れなどを防ぐためにも、どの家に配るのか、どんなルートで回るのが効率的なのかをできるだけ早く覚えましょう。

慣れてきたら、新聞を早く配るための工夫も必要です。新聞の入れ方や原付や自転車を止める場所など、自分なりに工夫してみてください。また、雨の日や雪の日など、天候が悪い日でも遅れずに配れるようにすることが大切です。
先輩たちにきちんと挨拶をすること
新人のうちは、先輩が一緒に配達ルートを回ってくれます。その期間に、新聞配達のコツをできるだけ質問しておきましょう。配達先の確実な覚え方や配り方の工夫、雨の日や雪の日の配慮の仕方など、教えてもらえることはたくさんあります。

新聞配達は長く続ける人も多い仕事です。配達前などに配達所で先輩たちに顔を合わせることが多いため、必ず自分から挨拶をしたり、話しかけたりして人間関係を築いていきましょう。さまざまな年代の人がいるため、豊富な話題を持っていることが周りとのかかわり方のコツになります。

新聞配達のアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
最近はインターネットやスマホで簡単にニュース報道を読めますが、新聞は多くの人にとって、今でも重要な情報源です。また、チラシを楽しみにしている人も大勢いますので、「毎日継続して配達すること」そのものが、とても重要なお仕事です。

時には配達先の人からねぎらいの言葉を掛けてもらうこともあり、毎日コツコツ続けていくことの重要性を実感できる瞬間です。また、報道機関の一部として世論を形成しているという要素もあり、社会的な意義の大きなアルバイトです。
どんな大変さがある?
朝刊配達の仕事は、朝3時頃から仕事が始まりますので、早寝早起きの生活リズムを身につける必要があります。また、誤配や不配にならないよう、担当エリアの道や家、事務所、ポストの位置を覚える必要があります。

先輩や同僚から仕事のコツを教わったり、自分でも試行錯誤を繰り返すことで、自然に上達していきます。さまざまな人が一緒に働いているというのも刺激になり、自分の成長にもつながります。

どんなスキルが身に付く?
決まった時間に配達を終える必要がありますので、時間を守る意識や、早寝早起きの習慣が身につきます。朝刊の場合はできるだけ音を立てずに配達する必要があり、他者への気配りや、丁寧に仕事をこなす意識も身につきます。

天候や気温に関係なく新聞は毎日配りますので、自然とスタミナがついて、風邪などを引きにくい強靭な身体になった、という人も多いようです。集金ではお客様と話すことが多いのでコミュニケーション力も身につくでしょう。

このページの先頭へ