足が遅くても楽しめる21世紀の鬼ごっこ!?「スポーツ鬼ごっこ」の魅力と楽しみ方に迫る!!

レクリエーションの定番といえば、「ボーリング」や「フットサル」、あるいは「ビリヤード」などが挙げられますよね。みなさんに親しまれているこれらのレクリエーションではありますが、なんやかんや言って実は飽きてしまっているという人も少なからずいると思います。

そんな人のために今回は、古くから親しまれている「鬼ごっこ」がベースとなったニュースポーツ「スポーツ鬼ごっこ」をご紹介したいと思います。「鬼ごっこ」というフレーズから親しみやすさもあり、簡単に始められ、いい運動にもなるスポーツ鬼ごっこ。サークルやバイト先の親睦会やイベントにもうってつけなその魅力と楽しみ方に迫っていきましょう。
 

まずは、「鬼ごっこ」についておさらい。

今更ではありますが、「鬼ごっこ」のルールについて改めて確認してみましょう。まず、何人かのメンバーの中から、ジャンケンなどで1人「鬼」の役を決めます。スタートと同時に、鬼以外のメンバーは鬼から離れて逃げます。鬼は一定時間を数えた後に動き出し、逃げたメンバーを追いかける。鬼にタッチされたメンバーが次の鬼となり、またメンバーを追いかける…というのが基本的なルールです。動ける範囲や制限時間を決めたりすることもありますが、そこは子供の遊びです。いつの間にかみんなが飽きて別の遊びを始めてしまい、自然と鬼ごっこが終わっていたなんてこともあったのではないでしょうか。

そんな鬼ごっこの起源は、約1300年前から伝わる伝承遊び「ことろことろ(子取ろ子取ろ)」に遡ります。平安時代当時、神社仏閣の宮廷行事として行われていたものですが、当時は「攻める鬼」、「守る親」、「守られる子」の3役に分かれて行われていました。以降、江戸時代には子どもの遊びへと変化していき、現在では多くの子供達に親しまれるポピュラーな遊びとなったのです。
 

誰もが楽しめるニュースポーツ「スポーツ鬼ごっこ」誕生。

数百年もの間、”子どもの遊び”として親しまれてきた鬼ごっこですが、平成22年(2010年)6月に、「一般社団法人鬼ごっこ協会」が設立され、新たなスポーツ競技として改めて注目されるようになりました。それが、「スポーツ鬼ごっこ」なのです。

当初は、子どもたちの基礎体力やチームワーク、コミュニケーション能力の向上などを目的とされて開発されたスポーツ鬼ごっこでしたが、その誕生から4年後の平成26年(2014年)には、スポーツ鬼ごっこの日本代表チームが誕生(現在は男子代表・女子代表・男子U-22代表が存在)します。そして平成27年(2015年)には初の国内リーグ「ONIリーグ」が設立され、現在6チームが参戦しているなど、着実にスポーツ競技としての歴史を積み重ねています。

また、スポーツ鬼ごっこ開発当初は子どもたちの参加がほとんどだったのが、近年になって大人の参加も徐々に増えてきました。子どもたちのチームだけではなく、大人のサークル活動も生まれてきています。


 

気になる「スポーツ鬼ごっこ」のルールとは!?

いまや立派な競技スポーツとして全国で楽しまれているスポーツ鬼ごっこ。気になるそのルールは、以下のようになっています。イラストを見ながらルールを見て見ましょう。

○7人1チームの団体競技。
○時間内に相手エリアのトレジャー(宝)を多くハント(獲得)したチームが勝ち。
○タッチする時は、必ず両手でタッチする。
○Tサークルの(宝サークル)の内側には守りの選手は入ってはいけない。
○センターラインを越えて敵陣に入り、相手にタッチされたら自陣のSエリアに戻り再スタートする。
○敵陣のSエリアに入ると相手からタッチされない。
○タッチする時に、押したり、叩いたりしてはいけない。

通常の鬼ごっことは違い、チームで戦うスポーツ競技としてしっかりとルールが設定されています。その一方で、相手にタッチされないSエリアからのにらみ合いは、鬼ごっこで木を挟んで鬼と対峙した時のような緊迫した状況とも似ており、遊びやゲームとしての鬼ごっこの面白さもしっかり味わえるのがスポーツ鬼ごっこの魅力です。

また、限られたコートの中で行われるために、フットワークや身のこなし方が重要となって運動量も多いです。専門的な能力や技術は不要ですが、大事なのはチームワークと言えます。足の速い人が囮になることで足の遅い人がその隙に相手のトレジャーをハントするなんてシーンもたびたび見られます。そうやって運動やスポーツが苦手な方も含めて誰もが楽しめるユニバーサルスポーツとしての側面も持っているのが、スポーツ鬼ごっこの特徴でもあります。

「スポーツ鬼ごっこ」を楽しむには??

誰でも気軽に楽しめるスポーツ鬼ごっこは、全国各地にある「地域スポーツ鬼ごっこ連盟」や「地域スポーツ鬼ごっこ愛好会」が定期的に大会や体験会を開催しています。また、スポーツ鬼ごっこのチームやサークルも全国各地にたくさんあります。もしスポーツ鬼ごっこに興味があれば、ぜひお近くの地域の鬼ごっこ連盟あるいは鬼ごっこ愛好会、スポーツ鬼ごっこのチームなどを、ホームページやSNSにて調べてみていただきたいです。

また、一般社団法人鬼ごっこ協会では、全国のチームやサークルの情報をまとめるポータルサイトの運営も4月に予定しているので、そちらを見てみるのもいいでしょう。若者はもちろんのこと子供からご高齢の方まで、老若男女問わず楽しめるのがスポーツ鬼ごっこです。学校やサークルの友達で参加するもよし、バイト先の仲間で参加するもよし。体力や筋肉痛など気にせずに走り回っていたあの頃を思い出して、スポーツ鬼ごっこに挑戦してみましょう!!
 
(取材・執筆:小石原誠、編集:田中利知[ネイビープロジェクト])
 

【監修者プロフィール】

一般社団法人鬼ごっこ協会 理事 羽崎 貴雄(上写真 左)
〒156-0045  東京都世田谷区桜上水4-6-14-215(株式会社アミカ企画内)
HP:http://www.onigokko.or.jp
Facebook:https://www.facebook.com/onigotter/
Twitter:@onigotter
一般社団法人鬼ごっこ協会は、鬼ごっこイベントの実施、スポーツ鬼ごっこ大会の実施、地域活性化イベントの実施、協会公認の審判員・指導者の育成と派遣業務などを通じて、「鬼ごっこ」の啓発及び推進を行っている団体です。

関連する求人情報

ライフの関連記事
店内の雰囲気
老舗BARのベテラン バーテンダーが教える!カクテルの基本と極旨レシピ5選!

カクテルとはベースとなるお酒に違うお酒やジュース、シロップ、果物、クリームなどを混ぜ合わせて作ったお酒のこと。材料の組み合わせや作り方、味が…

小野寺力さん
「餃子フェス」仕掛人・小野寺力氏が教える、餃子パーティーが10倍盛り上がるマル秘テクニック

飲食店でのアルバイトを探す人は最近「餃子屋さん」の求人情報を目にする機会も増えているのではないでしょうか。それもそのはず、餃子ブームで都内も…

760_froma_結婚式バイト
飲食店の覆面調査!?探せばあるある!おもしろバイトとその実態7選

世の中には色々な仕事がある・・・それはアルバイトといえど、実にバラエティ豊かで楽しそうなものもチラホラ。今回は、そんなおもしろバイト経験者に…

船山葵さん
美容家・船山葵が教える、ユニットバスでも効果的な入浴習慣。バイトの疲れもその日のうちに!

7月も後半に入り、そろそろ夏休みが始まる学生さんも多いのでは。暑い夏は屋外にいるだけで疲れやすくなりますが、夏休みはアルバイトの稼ぎ時でもあ…

プロカメラマン直伝! 「ことりカフェ」で学ぶ、インスタ映えテクニック4つのポイント

2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」は、今年も勢いが止まりません。その一方、改めて撮影の基本を聞かれると、思わず首をかしげてし…