月末恒例行事!?スマホが速度制限になったときの対処法あるある

月末になると、スマホの速度制限に悩まされる学生の方は少なくないのではないでしょうか。ネットを開こうにも、重くてうまく読み込めない……そんな速度制限中はどのようにして切り抜けているのでしょうか。みなさんに聞いてみました。

 

ネットが通じる環境で動画を読み込んでおく

速度制限になったときのあるある

「家でYoutubeの動画を読み込んでおく。ただし、広告が入ると読み込みがリセットされるので泣きをみるハメに……」

家のネットを使って外出前に動画を読み込んでおくという人も。せっかく読み込んだのに広告が入ってしまったら全てが台無しですね……。

 

オフラインでもOKなアプリを使う

 
「ダウンロードすればオフラインでも楽しめるマンガやゲームアプリがあるので、速度制限中のときはひたすら活用する」

ネットがつながらなくてもOKなアプリは速度制限中には大活躍します。

 

スクリーンショットで記事を保存

速度制限になったときのあるある

「読みたいネットの記事を全てスクリーンショットしておいて、移動中に読む」

画像として保存する「スクリーンショット」。そんな活用法もあったのですね!

 

テキストサイトを読む

 
「画像がたくさん掲載されているサイトは確実に開けないので、テキスト中心のサイトの記事を楽しむ」

画像がたくさんあるような重いサイトは、月初の楽しみにとっておくもの!?

 

スマホを振る

速度制限になったときのあるある

「無駄な抵抗だとは分かっているのだが、通信速度が速くなるような気がするので、スマホをとにかく振る」

意味がないとわかっているのにスマホを振ってしまう気持ち、なんだかわかります……。

 

テザリングしてもらう

 
「どうしてもネットを使わなければいけないときは、友達に頼み込んでテザリングしてもらう」

速度制限になっていない友達に頼み込むという手も……!

 

周辺wifi情報に強くなる

 
「常に周辺のwifiを調べ続ける。駅やチェーン店などの無料wifiに詳しくなる」

これはあるあるかも。月末は無料のwifiに大変お世話になっております。

 

wifiを使うためだけにカフェに……

速度制限になったときのあるある

「就活中、行き先の企業の地図が読み込めず、通信制限のせいで調べることもできなかったので、wifiを使うためだけにカフェに入って一番安いドリンクを頼み、一気飲み。少し時間に余裕があったので、なんとか間に合った」

周辺のwifiに頼った結果、こんな事態に陥ることも。

 

スマホのコンパスを使って目的地へ

速度制限になったときのあるある

「通信制限のせいで地図アプリが役に立たない。しかし、方角だけはスマホのコンパスで見ることができるので、目的地と方向感覚だけでなんとかする」

東西南北を頼りに目的地に向かう様子は、とても2018年とは思えないですね……。

 

お店のwifiを使わせてもらったことも

 
「買い物をしたときに、『アプリをダウンロードすればポイントがつきます』と言われたが、速度制限中でなかなかダウンロードが進まず……見かねた店員さんがお店のwifiを使わせてくれたことがあった」

見かねた店員さんがお店のwifiを教えてくれたというケースもあるようですが、基本的に速度制限中はポイントをあきらめるべき……?

 

まとめ

 
誰しも一度は経験したことがあるであろう速度制限。まさかそんなテクニックがあるとは……というお役立ち情報が意外とありました(笑)。みなさんも月末で困った際はぜひ活用してみてくださいね!

文:大田彩 イラスト:てぶくろ星人

 

関連する求人情報

関連ワード