これも仕事のうち!?バイト中に起きた珍事件

バイト中に突然のアクシデントが発生することもあるものです。中には、「え!これも仕事なの……?」と思うような出来事が起こることも? そんな思いもよらなかった珍事件についてのエピソードを紹介します。

 

下着の相談まで受ける

珍事件 スーツ パンツ

「スーツ屋でのアルバイト中、就活中の男子学生にスーツのアドバイスをしているうちに『ボクサーパンツとブリーフだったら、どっちがいいんですかね……』、となぜかスーツの中の下着の相談までされた」

これぞトータルコーディネートの真骨頂!?

 

カバーに挟まった虫を救出

「書店でのアルバイト時代、絵本のカバーの間に大きな虫が挟まっていた。まだ生きていたのでなんとか殺さないように20分かけて救出。助け出したときには若干愛着が生まれていた」

虫が入り込むこともあるのですね……無事に救出できてよかったです。

 

家までカギの開け方を教えに行く

「飲食店で接客中、常連のおじいちゃんに『新しく引っ越したマンションのオートロックの開け方がわからない』と相談を受けた。最終的に部屋まで案内してカギの開け方を教えてあげた」

たしかに直接見てみないと状況はわからないもの……個人店で常連のお客様相手だとこういう事件も起こるのでしょうか。

 

ハンドメイドアプリに出品させる

珍事件 ハンドメイド

「引越しバイト中、お客様のおじいさんから『自作の手彫り人形を捨てようか迷っている』と言われた。その人形を見てみたら、あまりにもクオリティが高かったので『これ、ハンドメイドのアプリで絶対売れますよ!』とアプリのダウンロードまでして出品方法を説明してあげた」

ハンドメイドの商品を売れるアプリは流行っていますし、これは名アドバイスかも。

 

ミットに向かって全力キック

珍事件 ミット

「引っ越し作業をしていると、家の中からキックボクシング用ミットを発見。『捨てるので、最後に使いたいです』、とお客様からキックするようにお願いされた。お客様と先輩が見ている中、気持ちを込めて全力でキックを打ち込ませてもらった」

こちらも引っ越しバイトでのエピソード。これはだいぶ珍事件ですね。

 

手遊びを思い出しながら迷子の対応

「バイト先のコンビニに迷子の女の子がやってきた。迎えがくるまで、小さいころにやった手遊びの記憶を一生懸命思い出しながら、なんとか場をつないだ」

デパートやスーパーなどでは、迷子の対応をすることもありそうですね。しかし、コンビニに尋ねてくるケースもあるとは。

 

リレーマラソンの代打に抜擢

珍事件 リレー 代打

「スポーツジムのアルバイトで、お客様が出場するリレーマラソンの応援に行った。しかし第一走者が二日酔いで走れず、急遽自分がトップバッターとして代走することになった」

休日に応援へ行ったらまさかのランナーに大抜擢。ジムで働いているだけに、周りからの期待度も高そう。

 

生徒とアイドルの応援に行く

珍事件 アイドル

「家庭教師のバイトで、『うちの子が好きなアイドルのコンサートに行ってばっかりで遊んでいる』とお母さんから相談を受けた。しかし、無理にやめさせるわけにもいかず、最終的になぜか生徒とお母さんと3人でコンサートに行くことに。ライブ中は3人で真剣にアイドルの応援をし、行き帰りの電車では問題集で一緒に勉強した。見張られている意識からか、生徒もメリハリをもって勉強してくれるようになった」

家庭教師のバイトでは、勉強や進路の相談を受ける機会もあるもの。そこからまさかの展開ですが、やる気になったなら結果オーライ!?

 

まとめ

 
直接の業務とは関係のない珍事件も多くあるよう。聞いているとなんだか面白そうですね。もしかしたら、当事者は大変なのかもしれませんが……。みなさんのバイト先ではどんな珍事件がありますか?

 
文:大田彩 イラスト:てぶくろ星人

 

関連する求人情報

関連ワード