アルバイトの履歴書のサイズ、A4とB5どちらを選ぶのが正解?

アルバイトの履歴書のサイズ、A4とB5どちらを選ぶのが正解?
バイト応募の時に「履歴書のサイズどっちがいいのだろう?」と悩んだことがある方も多いのではないでしょうか。履歴書のサイズには、A4やB5など、さまざまなサイズがあり、どれが適切な大きさなのか迷ってしまいがちです。そこで、今回は、最も迷いやすいA4とB5、どちらを選ぶか調査しました。

【質問】
バイトの履歴書のサイズ、あなたならどちらを選ぶ?

【回答数】
A4版:57
B5版:43

16

A4サイズを選ぶという回答が6割弱

アンケートの結果、A4サイズの履歴書を使うという方が多い結果となりました。

・基本的に指定がなければA4を使います。A4の方がなじみがあるサイズなので。(20代/男性/学生)

・大学の生協に売られている履歴書がA4版が多いので、A4が一般的なのかなと思うから。(10代/男性/学生)

・国際的にA4サイズが1番普及していると思ったから。また、社会人になるとA4サイズの資料が多いと思うので、社会に適応したサイズを選ぶべきだと思ったから。(10代/女性/学生)

このように、A4サイズが一般的に普及しているから「A4サイズが適切だ」と考えている人が多いようです。中には、このような面白い意見もあります。

・大きい方が書きやすくていいし、その方が一般的な気がするから。(20代/女性/学生)

確かに、A4サイズのほうがB5サイズに比べ大きいため、書きたいことをたくさん書くことができます。アルバイトの経験が多い方や、相手先に伝えたいことがたくさんある方などにもA4は選ばれているようです。

少数派?!B5サイズを選ぶ理由とは

アンケートの結果、A4サイズに次いで、B5サイズが多い回答となりました。

・クリアファイルに楽に収まるサイズがいいですね。端が出て折れるのは避けたいので。(20代/男性/学生)

・A4版だと書く部分が多くて大変な気がするので、いつもB5で出してます。(20代/女性/学生)

・サイズが小さいぶん、空欄が少なくて済むし、持ち運びが便利だから。(20代/男性/学生)

B5サイズを選んだ方の多くは、「書くスペースが小さいから楽」という意見が多く目立ちました。確かに、B5サイズであれば書くスペースが小さいため、あまり多く書かなくてもスカスカという印象は与えにくいのではないでしょうか。中には、クリアファイルに入れても、端は折れにくいのできれいな形で提出できるという意見もありました。

正解はない?!履歴書サイズは用途によって決めるのが良い

今回のアンケートを通じ、バイトの応募の際に出す履歴書のサイズは、A4を使う人もいれば、B5を使う人がいることがわかりました。「一般的に普及しているからA4を使っている」という人がいる一方、「埋めるスペースが小さいので書く量が少ないからB5を使っている」という人がいることも明らかになりました。

どちらのサイズを使うかは、応募者の自由となっていますので、書きたいことがある方はA4サイズ、あまり書けないという方はB5サイズを選ぶと、中身のある履歴書と見られるのではないでしょうか。

B5サイズもA4サイズも実際に市販されているものなので、どちらを選んでも問題ないでしょう。ただし、応募先から指定がある場合は従ってください。

履歴書の用紙の入手場所

履歴書の用紙は、コンビニ、書店、文具店、またインターネットの通販サイトで購入できます。履歴書用の無料テンプレートもインターネット上で配布されているので、自分で作成することも可能です。

大切なのはサイズより何を書くか

前述したように、B5サイズもA4サイズもどちらを選んでも大丈夫です。大切なのは、むしろ項目。履歴書の種類はさまざまで、自己PRや趣味・特技、課外活動などの欄はない場合もあります。自分がアピールしたい項目があるか、アピールしたい項目欄のスペースは十分かなどを確認して購入するといいでしょう。履歴書に何を書くか、自分にあった履歴書であるかどうかが大切です。

■調査地域:全国
■調査対象:学生
■調査期間:2016年09月09日~2016年09月23日
■有効回答数:100サンプル
■調査会社:株式会社ウィルゲート
学歴・職歴の書き方の関連記事