「履歴書不要」のバイト応募先、履歴書は本当に不要なの?

「履歴書不要」のバイト応募先、履歴書は本当に不要なの?

アルバイトの求人の条件の中には、「履歴書不要」と書いてあるものがありますが、本当に不要なのでしょうか? そこで今回は、履歴書不要のアルバイトへの応募についてのアンケート調査を行いました。

【質問】
応募しようと思ったアルバイト先が「履歴書不要」だった!どの対応が正解?

3

【回答数】
履歴書は作成しないが、とりあえず志望動機や自己PRを考えてから面接に行く:55
念のため、履歴書を作成して面接の時に持っていく:40
何も準備せずに面接に行く:5

履歴書は用意しなくても、面接の準備は必要!

履歴書を持っていく必要がないだけで、面接の準備をしていくという人が過半数の55%となりました。

・おそらく面接会場にて専用の履歴書を書かされるのだと思います。わざわざ不要と書かれている履歴書を持っていく必要はないと思います。(20代/女性/学生)

・不要ということは、自分のことは総て口頭で伝える必要があると思うので、前もって準備はしておくべき。(20代/男性/学生)

・不要と先方が言っているのであれば、履歴書は必要ないと思います。ただ、面接の時に困らないようにPRくらいは考えておいた方が無難だと思います。(20代/男性/学生)

事前に履歴書を作る必要がなかったとしても、面接会場に出向いた時に専用の履歴書を書いたり、口頭で答えたりする必要があるため、あらかじめ想定質問の準備をしておくという意見がみられますね。「履歴書不要」の応募先では、経歴よりも人物面や意気込みを重視しているため、履歴書がいらないということもあります。履歴書がない場合には、面接で経歴などの質問をされた際に記憶をたどって答えなくてはなりません。「分からない」と回答するわけにもいかないので、ある程度は聞かれても答えられるよう準備をしておく必要があると思っている人が多いようですね。

提出は不要でも、面接時に役に立つかも!?

2番目に多かったのが「念のため、履歴書を作成して面接の時に持っていく」が40%。ついで、「何も準備せずに面接に行く」が5%という結果になりました。

・念のため作っておけば、経歴や自己PRを答えるときに楽だし、見せることもできる。(20代/女性/学生)

・雇い入れ後に従業員名簿のような感じで履歴書を求められることはありそうだし、もしかしたら面接のときに欲しいと言われるかもしれないから。(20代/女性/学生)

・やる気を見せるために一応制作し、持っていきます。使わなければそれでいいし使って好感度が上がればそっちの方が得です。(10代/女性/学生)

履歴書不要となっていても用意しておけば、経歴や自己PRを答えるときに役に立ちますね。また、必要とされれば見せることもできるし、履歴書を作成したことでやる気があると思ってもらえる可能性もあります。履歴書の中身よりも、履歴書を用意したという行為をPRすることによって、応募先への前向きで積極的な姿勢が評価されるかもしれません。もし使わなかったとしても、日付を空欄にしておけば、他のところに提出するときに使うこともできますね。

「履歴書不要」だからこそ、あなたの意気込みを伝えよう!

一般的に履歴書不要の求人には面接会場に所定の登録用紙があり、当日記入することが多いです。しかし、ベストな方法としては特に意気込みをあらわしたいときは履歴書持参で臨み、積極性をアピールするという方法があります。もともと不要といわれているのであれば、提出することはほとんどないでしょう。そのため、日付と志望動機を空欄にして持っていけば、後日他のところで使うことができて一石二鳥です。採用のチャンスをさらに広げたいのならばやってみてもよいのではないかと思われます。

企業によっては、手書きの履歴書が好まれる場合も

履歴書にはさまざまなフォーマットがあり、手書きにするかWordなどで作成するか、どちらがよいのか迷うときもあるかと思います。面接を担当する方にもよりますが、ベテランの方が担当される場合は、手書きを好まれる場合があります。Wordなどのデジタルデータは一度作ったらテンプレート化してしまい、応募先に対する固有の気持ちが伝わりにくいという印象があるようです。履歴書不要とあり、面接官がどのような人なのかわからないけど履歴書を持参したいのなら、手書きにして意欲を伝えてみるのもいいかもしれませんね。

当日記入する書類は丁寧に!

バイト期間が比較的短期で、なおかつ大量採用の場合には書類を減らす意味もあって、履歴書を提出させずに専用の登録用紙で済ませるという場合もあります。現地で書く場合は、記入する時間が短くて焦ってしまう場合もありますが、字を見て人柄を判断される場合もあります。できるだけ丁寧な字でハッキリとわかってもらえるように努めて書きましょう。

【著者プロフィール】
オフィス瀧本心理&キャリアカウンセラー 瀧本博史
17年間学校法人で新卒の民間企業および公務員試験の筆記・面接対策指導を行い、就職講演や内定者向けセミナーなどを実施してきた。職業訓練校ではキャリア研修担当講師とジョブカードの作成を担当。公共機関や大学では若年者から高齢者までの職業紹介と相談員としてのメンタル・ケアやキャリアカウンセリング業務を行い、自己理解や職業理解のためのセミナーや自治体主催の合同企業説明会での相談員などの業務を行なっている。
【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【職業】学生
調査期間:2016年07月04日~2016年07月18日
有効回答数:100サンプル
調査協力:ウィルゲート

関連する求人情報

バイト履歴書エトセトラの関連記事