バイトの履歴書:志望動機・自己PRの書き方・例文【主婦・主夫編】

バイトの履歴書:志望動機・自己PRの書き方・例文【主婦・主夫編】

主婦や主夫の方は、家事や育児で仕事から離れていた人や初めて仕事をする人も少なくないでしょう。仕事の経験にブランクがあったり、仕事の経験がなかったりする場合は、志望動機や自己PRに何を記載すればよいのでしょうか。実は自分がいつもしている家事などの経験や、自分の生活基盤を把握していれば志望動機や自己PRを書くのはそう難しくないのです。

【志望動機】

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

条件にあっているから

家に近い、長く続けられる、といったシンプルな動機であっても応募先にとっては好印象となる場合も多いです。書き方例を参考にしてみてください。

○長く続けられるから
「家からの距離も近いので、希望通りの時間帯で働けるところに魅力を感じ、長く続けられると思い応募しました。未経験の仕事ですが、早く仕事を覚えていきたいと考えています」。

○家が近くて通いやすい
「家から○○分で通える立地なので応募しました。自転車ですぐの距離なので、無理なく通うことができ、時間に融通を利かせることができます」。

○余裕ができた時間を有効に活用したい
「育児に余裕ができ、○時~○時までの時間帯を有効に使おうと思い応募しました。もし今後も余裕ができれば、出勤日数を増やしたいと考えています」。

○生活・家計のため
「家計の足しにするために仕事に応募しました。時間に余裕がある時はできる限り働きたいと考えています」。

経験を活かせるから

過去の経験がある方はそれを強みにして、相手に印象付けることができればバイト採用に近づけることができるでしょう。相手に興味をもってもらえれば、面接のときにその内容について聞いてもらえ、さらにアピールをすることができるはずです。

○正社員時代の経験を活かしたい

「私は正社員時代に一般事務に就いておりました。そのときの経験を活かせると思い、この度は応募致しました。ブランクはありますが、早めに仕事に慣れて、お力になれればと思います」。

○未経験だが過去の経験を活かしたい
「正社員時代に一般事務を経験しています。違う業種ですが、働いていた時に掃除などの雑務や会計業務を行っており、微力ながらその経験を活かしつつ、新たな仕事にチャレンジしたいと思い応募しました」。

「過去にファミレスに務めていた経験があり、業種は違いますが当時に経験した店舗会計や雑務経験を少しでも活かしながら頑張りたいと思い応募しました」。

○主婦・主夫の視点を活かしたい
「いつもスーパーを利用させていただいており、主婦(主夫)目線でみた日頃の感覚を活かせると思い応募しました」。

仕事への興味・前向きな気持ちがあるから

最もバイトの履歴書や面接で伝えるべきことは、その仕事に対しての興味や前向きな気持ちです。ネガティブな感じでは、相手も雇い入れるときに心配になってしまいます。経験も大切ですが、ポジティブで明るい印象は大きな効果を発揮します。

○昔から興味のある仕事だったから
「昔から興味のある仕事で、自分なりに勉強もしてきました。率先して仕事を覚えていきたいと考えています」。

○新しい領域の仕事にチャレンジしてみたい
「まだ経験がない仕事ですが、新しいことに挑戦したく応募しました。わからないことが多いですが、何事にもチャレンジして行きたいです」。

【自己PR】

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

経験をアピールする場合

過去の経験では、仕事で共通する点や共通しないが活かせそうな点を具体的にあげて答えられると良いでしょう。できるなら、その職種や業種の特長なども記載し、なぜ活かせるかを記載すると、わかりやすく好感触を持ってもらえるはずです。

○過去の職種の経験
「私は過去に○○(職種)に就いていました。そのときの経験を活かせると思っています」。

○正社員の経験
「ブランクはありますが、正社員の経験があり、当時の責任感や仕事への意識を活かせると考えました」。

○複数の職種の経験
「複数の職種を通し、○○や○○の経験を仕事に活かせると思っています」。

長所をアピールする場合

自信のある長所をアピールすることは大切です。仕事は人とするもので、長所がお客様や仕事仲間に活かせるものなら、仮に仕事経験がなくても採用したいと思われる可能性は高いでしょう。

○コミュニケーションが得意
「私は周囲の人とコミュニケーションを取るのが得意なので、それを活かし円滑に仕事をしていければと思いました」。

○確実に作業をこなすことが得意
「責任をもって最後まで作業をこなすことに自信があります。仕事も一つ一つ丁寧に着実に仕事をこなして行けたらと考えています」

○周りへの気配りが得意
「接客をするときに、周りへの気配りが大切であり、私の得意分野を活かして心地よいサービスを提供できたらと考えています」。

特技や強みをアピールする場合

自分の特技や強みを伝えることで、仕事に活かせれば直ぐに仕事に馴染んでくれる印象を持ってもらえるでしょう。

○PCスキル
「パソコン操作が得意で○○や○○が行えます。その経験を仕事に活用して、早めにお力になれたらと思います」。

○主婦・主夫の視点
「仕事の経験はありませんが、主婦(主夫)として利用してきた目線を仕事に還元し活かせると思います。一生懸命仕事を覚え、お客様が利用しやすいお店になるよう貢献できたらと考えています」。

趣味や課外活動をアピールする場合

趣味がそのまま仕事に活かせる場合もあります。中には過去の仕事経験にも勝り、応募先に魅力のある人になることもできるのが趣味や課外活動の経験です。

○趣味を応募職種に活かす
「私は○○が趣味で、仕事の○○に活かせると思っています。趣味ではありますが、仕事で更に磨きをかけお力になれたらと考えています」。

○課外活動を応募職種に活かす
「率先して地域の清掃業務に関わってきており、その時の経験を仕事に活かせると考えています」。
 

協力会社/ウィルゲート

▼こちらもチェック▼

関連ワード

志望動機・自己PRの関連記事