パートを退職するには?退職理由や伝え方まとめ

パート 退職 理由 説明
パートを辞めたいと思った時、どのように辞めるとスムーズな退職ができるのでしょうか。辞め方に悩む人は多いと思います。退職の時期や退職理由をどのように伝えるのかは慎重に考えなければならない問題です。下手をして話がこじれると円満退職が難しくなるでしょう。ここではパートを退職する際の流れを網羅的にまとめています。辞めたいのになかなか辞める踏ん切りがつかない人は参考にしてみてください。

【目次】

パートを退職したいことはいつ伝えるべき?

パート 退職 理由 説明
退職するにあたって、上司や店長への報告、メンバーなど関係者への報告をいつどのタイミングでするかはとても重要です。このタイミングを誤るとトラブルになることもあるため、ここではそれらのタイミングについて気を付けておきたいことをまとめています。

(1)1か月前には退職の申告をする
パートの退職を伝えるタイミングですが、遅くとも1カ月前には申告しておきたいところです。法律上は退職希望日から2週間前であれば辞めることができるようになっていますが、ギリギリにやめると職場に迷惑がかかってしまいます。

(2)関係者に引き継ぐ期間を考慮する
業務の引き継ぎ、シフト調整、代わりの人の採用などを考慮すると、2週間では相当に厳しいでしょう。スムーズに退職したいのであれば退職の意思はできるだけ早く伝えるようにしましょう。

(3)期間について雇用契約書を確認しておく
また採用時に交わした雇用契約書の内容を確認しておくことも重要です。契約期間に定めがある場合は退職のタイミングをそこに合わせると、スムーズに退職することができます。退職は労働者の権利のひとつですので雇用契約期間内であっても退職を申し出ることは可能ですが、トラブルになるような辞め方は避けるようにしましょう。

 

円満にパートを辞めるための退職理由の内容は?

パート 退職 理由 説明
パートを辞める際に説得力のある理由があると退職への流れがスムーズになります。遠方への引っ越しや親の介護など、家庭環境の変化はパートを辞める理由として十分です。体調が悪くなり、療養が必要になった場合も退職を止めることはできないでしょう。またキャリアアップや夢を実現するために辞める、という理由も内容によっては了承されやすいです。勉強している資格や、おこなっている転職活動を具体的に話せば、前向きな退職として理解してもらえるでしょう。雇用形態の希望を理由にするのも悪くないアプローチです。正社員の仕事が見つかったのでパートではなくフルタイムで働きたい、と伝えてみましょう。

 

退職の意思の伝え方は?

退職する際にはまず直属の上司か店長に直接口頭で伝えるようにしましょう。重要な話ですので電話やメールは基本的にNGです。

そこで辞めることが確定したらパート仲間にも退職の意思を伝えましょう。自分が辞めることによって仕事が一時的に大変になる可能性もあるので、一言お詫びもした方がよいかもしれません。

また、今までお世話になった感謝の気持ちも伝えなくてはならないでしょう。もし辞める理由を尋ねられたら、あくまで自分の都合であることを言うようにしてください。会社のせいにしたり、まわりのせいにするのは遺恨を残すだけでメリットはほとんどありません。色々な事情があるとしても、感謝を伝えることを第一優先に考えて行動してください。

 

パートを辞めるまでの流れ

ここではパートを辞めるまでの流れを整理して説明します。以下の(1)~(3)をしっかりと順序立てておこなうようにしましょう。

(1)退職1か月前にまずは上司へ報告
退職の意思は遅くても1カ月前までに上司に口頭で伝えてください。仲の良い同僚に先に話をしてしまう人も多いかもしれませんが、それが上司に漏れてしまうと印象はとても悪くなります。

(2)退職が決まったら関係者にきちんと共有
退職が決まったら、退職日のすり合わせを行います。繁忙期に辞めると他のメンバーに大きな負担がかかるため、配慮が必要になるでしょう。自分だけの都合で突然辞めようとするとトラブルに発展する可能性があります。

(3)退職日に合わせて引継ぎをしっかりやる
退職日が決まったら、その日程に合わせて引き継ぎ作業をおこないましょう。口頭ですべての仕事内容を伝えると不備が出ることがあるので、マニュアル化することが重要です。完璧なマニュアルが作成できれば、自分が辞めた後の心配が大きく軽減されるでしょう。

 

パートを辞めることになる前にできる対策

パート 退職 理由 説明
せっかく採用された仕事をすぐにやめてしまうのは勿体ないですし、勤務先への印象も悪いです。パートを簡単にやめない方法についても少し考えてみましょう。重要なポイントを3つにまとめてみました。

(1)入社前にどういう職場なのかしっかり知っておく
パートを辞める理由で多いのは想像した仕事と大きく違った時です。募集要項だけを鵜呑みにするのではなく、面接の段階で仕事内容、シフト、残業の有無などはよく確認しておきましょう。事前に細かく質問しておくことで実際に働いた際のミスマッチを防ぐことができます。

(2)悩みを一人で抱え込まない
仕事を進める上で悩みが出てきた場合は、上司や店長に相談してみましょう。一人で抱え込むと問題が深刻化することがあります。相談してもろくにフォローしてくれない上司や店長ならば、辞めるという選択肢はやむを得ないかもしれません。

(3)良い人間関係づくりを心がける
上司や店長だけでなく、他に相談できる親しい人を作っておくのも大切です。まわりのメンバーと適切なコミュニケーションを取り円滑な人間関係の構築を心がけましょう。

 

退職したいときは堂々としていること

退職するとなれば、少なからずまわりのメンバーに迷惑をかけることになります。そのことを気にし過ぎて後ろめたい感情が出てくる人も少なくはないでしょう。しかし、正当な理由でやめるのであれば、そこまで深く気にする必要はありません。罪悪感に苛まれた中途半端な気持ちでいると退職を引き止められてしまう場合もあるので、堂々とした態度をとるようにしてください。自分の退職希望をしっかりと伝え、できるだけまわりに負担をかけない辞め方を模索しましょう。誠意をもった行動を取っていれば円満退職への道は開けていきます。

 

関連する求人情報

バイトの辞め方・退職の関連記事
バイトを始めたものの即日辞めたくなった・・・退職できる?

アルバイトを始めたものの、入社したその日に辞めたくなったということで悩む人は多いものです。面接の時にはわからなかった職場の雰囲気などが、実際…

せっかく採用をもらったバイトだけど辞退したい・・・これってどういう方法で断るのがベスト?
せっかく採用/内定をもらったバイトだけど辞退したい・・・これってどういう方法で断るのがベスト?

アルバイトの面接を受けて採用されたものの、諸事情で内定を辞退したいというケースもあるでしょう。ただ、こちらから応募しておいて「内定を辞退しま…

辞める 円満退職 伝える タイミング 理由 バイト フロムエー
アルバイトを辞めるには?円満に退職するための理由と方法

何らかの理由によってアルバイトを辞めざるを得ない場合、働いてみたら想像と違っていて辞めたい場合、どんなケースにおいても退職は円満にしたいもの…

アルバイトは退職届を出すべき?書き方と例文を紹介

アルバイトを退職する際に、退職届は提出すべきだと思いますか?お世話になった職場を去るときは、できるだけ円満に、かつ失礼のないようにしたいので…

円満 辞める ok ng
円満にバイトを辞めるためにすべきことは?OKとNG例を紹介

アルバイトを辞めるときには、マナーを守って勤め先に辞めることを伝えて、必要な手続きを行っていくことが大切です。辞める理由の伝え方を心得ておき…