円満にバイトを辞めるためにすべきことは?OKとNG例を紹介

円満 辞める ok ng

アルバイトを辞めるときには、マナーを守って勤め先に辞めることを伝えて、必要な手続きを行っていくことが大切です。辞める理由の伝え方を心得ておき、アルバイト先の円満な退職を目指しましょう。この記事では、アルバイトを辞めるにあたっての注意すべきポイントや、辞め方のOK例・NG例などについて解説していきます。

【目次】
バイトを辞めることを伝えるタイミングはいつ?
辞める理由はどうやって伝えれば良い?
辞めるにあたって必要な手続きはある?
OKな辞め方
NGな辞め方
辞め方にも気を使って退職できるようにしよう

バイトを辞めることを伝えるタイミングはいつ?

円満 辞める ok ng
アルバイトを辞めることを決めたなら、辞める意思を伝えるタイミングについても知っておきましょう。法律上は、期限が決まっていないアルバイトについては2週間前に伝えれば辞めることが可能です。ただし、期限が決まっているアルバイトに関しては、基本的には契約期間内は辞めることはできません。また、アルバイトを辞めることを伝えるタイミングを間違ってしまうと、たくさんの人に迷惑をかけてしまう可能性があります。具体的には、シフトを組む側や、代わりの人を探す手間もあります。そのため、アルバイトを辞めるときのマナーとして、1カ月以上前には意思を伝えておくと良いでしょう。

 

辞める理由はどうやって伝えれば良い?

円満 辞める ok ng
お世話になったアルバイト先を辞めるときには、その旨を正直に伝えて良いのかどうか迷うものです。また、アルバイトを辞める理由については人それぞれあり、事情も異なります。嘘をつく必要はありませんが、場合によっては当たり障りのない理由を伝えた方が円満に退職できることもあります。アルバイトを辞める理由を伝えるにあたっては、相手に失礼がないかどうかという点をもとに判断することがおすすめです。思い付きで、ただ「辞める」と伝えてしまうのはマナー違反といえます。アルバイトを辞める意思が固まったら、伝えるタイミングや辞める理由などについてもしっかりと考えておきましょう。

 

辞めるにあたって必要な手続きはある?

円満 辞める ok ng
仕事を辞めるときには退職届などの書類が必要と思っている人も多いでしょう。ただ、現実にはあまり退職届などの書類が必要なケースはありません。しかしながら、アルバイト先によってルールは異なります。アルバイトを辞めるにあたっては、事前に契約書を確認する、もしくは社員に確認するなどしてトラブルのないように気をつけましょう。

 

OKな辞め方

円満 辞める ok ng
アルバイトを辞めるためには、退職するにあたっての理由が必要です。円満にアルバイトを辞めるために必要なマナーを知っておきましょう。

・自分の夢に向かって新しいことに挑戦する
学生でアルバイトをしている人の中には、自分の夢に向かって学業などに専念している人もたくさんいます。そのため、アルバイトを辞める理由が、自分の夢に向かって新しいことにチャレンジするというものであれば、バイト先も受け入れてくれやすいでしょう。

 

・就職活動や学業に専念する場合
就職活動や学業に専念したいという理由も、学生がアルバイトを辞める理由としてはよく見られます。まず、就職活動では、自己分析や企業研究に多くの時間をあてる必要があることはもちろんのこと、学生によってはインターンシップに参加したいと考えている人もいるでしょう。このような理由がある場合、アルバイトを続けることが難しいことはバイト先もよくわかっています。また、学業は学生の本分ですから、学業に専念したいという理由は、学生がアルバイトを辞めるときには説得力があるといえるでしょう。

 

・最後まで手を抜かずにしっかり働く姿勢を見せること
アルバイトを辞める意思を伝えた後も、最後まで手を抜かずにしっかりと働く姿勢を貫くことが大切です。アルバイトの最後の日まで、真面目に働くことを心がけましょう。

学生の場合は、学業や就職活動などの理由でアルバイトを辞めること自体はやむを得ないことです。ただし、アルバイトを辞めると伝えたら、最後の日までしっかりと働くことが大切といえるでしょう。

 

NGな辞め方

円満 辞める ok ng
アルバイトを辞めるときにも、NGとされる辞め方があります。円満に退職するためにも、以下のような辞め方をしないように気をつけましょう。

・同僚や社員との人間関係の悪化やケンカがきっかけとなる辞め方
同僚や社員との人間関係が悪化したことや、ケンカが直接的な原因となってアルバイト先を辞めることは避けたいものです。できるだけ波風を立てずに辞めたいなら、人間関係の悪化を退職の理由として伝えることは避けるようにしましょう。

 

・誰にも連絡せず辞める辞め方
アルバイトを突然辞めてしまっては、たくさんの人に迷惑がかかります。誰にも連絡せずに辞めてしまうのは、明らかなマナー違反です。

 

・直前まで辞めることを言わない辞め方
アルバイトを辞める意思が固まっているにもかかわらず、直前まで辞めることを伝えないのもNGです。辞める直前になって退職を伝えられると、シフトを組み直したり、代わりの人を探したりしなければならないため、好ましい辞め方とはいえません。

 

・店長や責任者ではなく同僚に先に辞めることを伝えている場合
アルバイトを辞めるときには、まずは店長や責任者に意思を伝えることが重要です。先に同僚に辞めることを伝えてしまうと、噂話となって店長や責任者にも伝わってしまい、気持ちの良い辞め方ができなくなってしまうおそれがあります。

アルバイトを突然辞めてしまうのは、たくさんの人に迷惑がかかるNGな辞め方です。また、アルバイトを辞めるときには先に同僚ではなく、まず店長や責任者に伝えるようにしましょう。

 

辞め方にも気を使って退職できるようにしよう

「立つ鳥跡を濁さず」といいますが、アルバイトを辞める際には、できるだけ周りの人から応援されて辞めたいものです。アルバイトを辞めると決めたら、NGとされる辞め方は控えて、たくさんの人に応援される辞め方を目指しましょう。

▼バイトを退職したい場合はコチラを参考に
「バイトを辞めたい…」辞め方・理由・伝えるタイミング

関連する求人情報

バイトの辞め方・退職の関連記事