バイト応募の電話に折り返しがなく無視されたまま。どうしたらいい?

バイト応募の電話に折り返しがなく無視されたまま。どうしたらいい?
アルバイトに応募した時、「今、担当者が居ないので折り返しますね」と言われたのに、折り返しが無くて不安になった方もいるのでは? 改めてかけると「しつこい」と思われたり、「面接で落とされてしまうのではないか」と不安になってしまったり…。今回は、そんな場合の対処法についてご紹介します。

折り返し連絡が来ない理由

アルバイトに応募して、折り返し電話が来ない理由は、以下が考えられます。

①伝達漏れ
1つ目は、「伝え忘れ」です。電話に出たスタッフが、採用担当者にアルバイトの応募があったという旨を伝え忘れていた場合、当然ながら折り返し電話はありません。また、担当者が電話するのを忘れていたり、スタッフから担当者に伝えられる際に、電話番号が誤って伝えられていたりすることもありますので、この場合は、もう一度電話してみると良いでしょう。

②担当者が不在/忙しい
2つ目は、「担当者が不在または忙しい」場合です。例えば、採用担当者が急な理由で休みをもらっていたり、出張などでどこかに行ってしまっていたりする場合、なかなか折り返しの電話を貰うことはできません。この場合、スタッフがそのことを把握していればよいのですが、部署が違うなどで把握していないことも多々あります。こういうケースの場合は、しばらく待ってみると良いでしょう。忙しい場合も同様です。忙しくてなかなか連絡できない場合などもありますので、少し待ってみてください。

③応募条件と合っていない

3つ目は、「応募条件に適していない」場合です。「応募してもらったけども、条件に合わないから連絡しない」というケースもあるようですので、求人誌に載っている条件に適しているかを再度確認し、適していない場合は新しく探し直すと良いでしょう。

時間を空けて、再度連絡してみよう

再度こちらから連絡する場合のタイミングは、以下パターンを参考にしてみるといいでしょう。

①午前中に電話をした場合
夕方まで待ってみて、折り返しがない場合は、夕方にもう一度掛けなおしてみるといいでしょう。

②午後に電話をした場合
担当者が午後いっぱい、手が離せない用事があるかもしれません。翌日の午前中以降に、再度掛けなおしてみましょう。

折り返しの電話がないと、焦って何度も電話したくなるかもしれませんが、相手は会社で仕事をしている人なので、何か事情があると考えて、少なくとも数時間は待つようにしましょう。

確認電話のトーク例

まずは、メモ帳と筆記用具、求人広告を用意します。なかなか折り返しをもらえない場合は、「折り返しをお願いしつつ、戻り時間を確認して自分からもかけてみる」とつながる確率が高くなります。電話口に出た人に、採用担当者の戻り時間を確認してもらうようにしましょう。

<トーク例>

(あなた)
「先日、アルバイトの応募をした○○と申します。採用担当の方はいらっしゃいますか?」

(相手)
「少々お待ちください」(採用担当者が不在のため、)、「あいにく今は席を外しております」

(あなた)
「そうですか、では、何時ごろお戻りでしょうか?」

(相手)
「XX時の予定となっております」

(あなた)
「承知しました。
では、またその頃にお電話させていただきますが、戻られましたら折り返しのお電話をいただいてもよろしいでしょうか?
こちらの連絡先は、XXX-XXXX-XXXX(電話番号)、○○(氏名)と申します。」

(相手)
「わかりました、伝えておきますね。」

(あなた)
「お忙しいところありがとうございました。失礼いたします。」(電話を切り、また後程電話をする)

失礼にならないように間隔には注意

連絡をする際に、やってはいけないことは「友達感覚でかける」という事です。例えば、友人なら電話がつながらなければ、何回もかけなおすのではないでしょうか。しかし、企業はそういきません。何回もかけられてしまえば、業務に支障が出てしまいますし、場合によっては、「もうかけてこないでほしい」と言われ、面接すらたどり着けないこともあります。ですので、電話がつながらなかったからと言って、頻繁にかけるのではなく、電話をかける間隔には注意が必要です。

では、どのような間隔がベストなのかというと、”半日程度時間を空ける”ことがベストでしょう。業種によって、忙しい時間は異なります。例えば、飲食店であれば、ランチタイムやディナータイムは忙しく、電話を受けている時間はありません。その場合は、そういった時間帯を避けて電話するか、メールなどで応募すると良いでしょう。それでもつながらない場合は、半日程度時間を空けて電話をするか、もしくは翌日に改めて電話をすると良いでしょう。

また求人誌に、「電話受付可能時間」と書かれている場合は、その時間を必ず守るようにしましょう。

まとめ

上記のように、時間を空けて問い合わせてみても、全く折り返しがない場合も中にはあるかもしれません。数日かけて連絡してみても連絡がない場合は、あまり深追いをしすぎず、他に目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

関連する求人情報

バイトの応募・問合せの関連記事