電話でのバイトの応募中に浮かんだ疑問、質問するのはOK?

電話でのバイトの応募中に浮かんだ疑問、質問するのはOK?
バイトの求人に応募をするとき、ふとその仕事の内容について疑問点を抱いたり、内容を詳しく聞いたりしてみたいと思うことってありますよね。もちろん事前に自分で把握できる部分は自力で把握することが一番です。でもそれでも解決しなかった内容が、いざ応募の電話をしている時に頭に浮かんだら……?そこで求人に電話で応募する際、質問をするはありかなしか調査をしてみました。

【質問】
バイトの応募電話で質問したいことがとっさに浮かんだらどうしますか?

【回答数】
その電話で聞く:67
電話を切ってから自分で調べてみる:8
面接の時に直接聞いてみる:25

14

やっぱり疑問はその場で解決したい!

アンケートの結果を見てみると、その電話で聞くという回答が最も多い結果になりました。疑問を抱いたままでは面接にすら望めない!との考えもあるようです。

・もしその質問の答えでそのバイトに応募するのをやめようと思うかもしれないから、早めに解決しておいたほうが向こうにも良いと思うから。(20代/女性/学生)

・質問の内容にもよりますが、質問することで興味を持っていることをアピールできるため。(20代/女性/学生)

・電話しているときに聞かないと、自分に合わないと思うかもしれないから。直接だと、合わないと感じても断りにくい。(10代/女性/学生)

電話越しというのは相手の顔がまだ見えない状況なので浮かんだ疑問を聞きやすい、という回答が多くみられました。またこれから面接につながる心構えや、御社で働きたい意欲を示せるといった、働くことになってからの構えとして準備をしておこうという先を見越した考えもあるようですね。

相手のことも考えた上で聞きたいことは面と向かって!

回答をまとめた結果、面接の時に直接聞くという回答に次いで、電話を切ってから自分で調べるという結果になりました。

・面接の時には大体「なにか質問はありますか?」と聞かれますが、この質問は応募者の質問力を試しているものだと思います。なので、質問はその時に取っておくのが吉だと思っています。質問の数やその質によって熱意のある人物だと思わせられるからです。(20代/男性/学生)

・あまり長電話になっても先方に迷惑だと思うので、直接面接の時に疑問点はまとめて聞きます。(20代/男性/学生)

・面接での方が詳しく教えてくれそうなので、メモしておいて面接まで持っていく。(20代/女性/学生)

・自分が質問したい内容が、的外れな内容であったら恥ずかしいので、電話を切った後まわりに相談したり自分で調べておきます。調べて、こうだろうなと思っていても、まちがっていたらあとあとトラブルになりかねないので面接時に確認はします。(20代/女性/学生)

・どこかに書いてあったかもしれないし、調べれば出てくるかもしれないので。(20代/女性/学生)

面接で直接聞くという回答では、質問があるか聞かれるまで待つや、しっかり相手の立場を考えて行動する、という意見が多くみられました。聞きたいことがあるかどうかということは、この仕事にどれだけ意欲を示しているかや自分が即戦力になれるということをアピールできる機会でもあるのですね。

まずは何が一番最適な方法かを考えてみる

応募の電話をしていて疑問が湧いてきたら、できればその場で解決しておきたいものですよね。シフトや時給など、すぐに相手が答えられるものであれば、その場で聞いても問題ありませんが、相手の時間をとらせるような、だらだらとした質問は避けましょう。細かい仕事内容や、バイト経験に関することなどは、やはり面接で詳しく聞くのがベターです。応募の電話は端的に終われるよう、事前に聞きたいことなどはきちんと整理してから臨んでくださいね。

■調査地域:全国
■調査対象:学生
■調査期間:2016年09月09日~2016年09月23日
■有効回答数:100サンプル
■調査会社:ウィルゲート
バイトの応募・問合せの関連記事