夜勤バイトのメリット・デメリットは?夜勤バイトの特徴まとめ

アルバイトにはさまざまな時間帯がありますが、深夜帯に出勤する夜勤バイトを選択する人も少なくありません。夜勤バイトは生活リズムをつかむまでに時間がかかる傾向がある一方で、たくさんのメリットも含まれているからです。この記事では、夜勤バイトの特徴や、メリット・デメリットを解説します。

【目次】
1. 夜勤バイトの特徴って何?
2. 夜勤バイトをするメリット
3. 夜勤バイトの注意点
4. どんな夜勤バイトがある?
5. 高収入を得たいなら夜勤バイトが向いている

夜勤バイトの特徴って何?

深夜 バイト

夜勤バイトとは「夜間に勤務するアルバイト」を指す言葉です。24時間営業の店舗、深夜帯でなければできない仕事など世の中には夜勤バイトの求人がたくさんあります。夜勤の仕事は「深夜割増賃金」にしたがって給料が設定されています。「深夜割増賃金」とは、午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金が支払われると労働基準法で定められているものです。当然、アルバイト代も昼間の出勤と比べて高額になるのが一般的です。
選択する傾向があるのは、昼間、勉強や部活動などに時間をとられてシフトに入るのが難しい学生が挙げられます。大学生になると必ずしも毎日、朝から学校に行かなくていいので深夜帯の出勤を好む学生もいるでしょう。昼と夜で違う職場に就いている「ダブルワーカー」も夜勤バイトの重要な担い手です。そして、「高時給を求める人」が夜勤バイトには集まる傾向があります。目的があってお金を貯めている人など、給料を優先してアルバイトを選びたいなら夜勤バイトがおすすめです。

夜勤バイトをするメリット

夜勤 バイト

「高時給」以外にも夜勤バイトのメリットはたくさん挙げられます。昼の勤務に比べて一部の飲食店、コンビニエンスストアなどでは深夜帯になると客足が遠のくため、仕事内容が楽な場合もあるのは夜勤バイトならではの特徴といえるでしょう。職種によって異なる場合もありますが、昼間よりも余裕を持って働けるため、夜勤バイトを好む人は少なくありません。
夜勤バイトを選ぶことで、平日の昼間の時間を有効に使えるのも大きなポイントです。勉強やデート、趣味など昼間に打ち込みたい予定がある人ほど夜勤バイトが向いていると言えるでしょう。

夜勤バイトの注意点

深夜 バイト

夜勤バイトは文字通り夜の時間帯にバイトをするため、昼夜逆転の生活になるのは否めません。生活のリズムがつくまでは、大変と感じることもあるかもしれません。しかし、例えば夜間に現場入りするアナウンサーや夜間勤務がある医療関係者、夜間に授乳が必要なお母さんなどは、「分割睡眠」という方法で上手に睡眠時間を確保していることが多いと知られています。
「分割睡眠」とはまとまった睡眠を1日のうちで何度かに分けてとる眠り方です。「分割睡眠」はひとつの方法ですが、夜勤バイトを始めるときには、自分の生活スタイルを考えながら、睡眠時間をどう取るかをあらかじめ考えておくといいでしょう。

どんな夜勤バイトがある?

昼夜を問わず稼働する必要のある職種は夜勤バイトも募集があることが多いので、夜勤バイトには単純作業から接客業までさまざまな職種があります。興味のある分野や、適性のある作業を選んで応募してみましょう。

生産管理の仕事

ライン作業の最後に、製品がしっかり完成しているかを目視したり、実際に触れたりして検査したり、食品に割引シールを貼ったり、電化製品にラベルを貼ったりする生産管理・組立の仕事は夜勤バイトに多い仕事です。集中力が問われますが、一度作業を覚えたら同じ手順の繰り返しなので体力的には余裕があるともいえます。

食品製造の仕事

夜勤バイトの食品製造は、ライン作業の一員として作業するケースが一般的です。誰かが詰まると他人に迷惑をかけるので、コミュニケーション能力があり仕事を覚える意識が強い人に向いているといえるでしょう。

コンビニやファミレスなどの接客の仕事

24時間営業のコンビニ、ファミレスなどは夜勤バイトの定番です。客足が少ないために接客は楽といえますが、深夜帯に商品の補充を行うコンビニではそれなりに作業があります。

警備の仕事

ビルや工事現場の警備も昼夜を問わず必要な仕事です。現場への直行直帰が可能だったり、余裕をもって人材を配置するので休憩時間が多い傾向があるのが特徴です。

その他にも夜勤バイトはいろいろ

ネットカフェ、カラオケボックス、レンタルビデオ、ホテル、清掃、医療専門職なども夜勤バイトの求人を出している職場です。アクセスや仕事内容などを踏まえて応募しましょう。

高収入を得たいなら夜勤バイトが向いている

夜勤バイトにはメリットもデメリットもありますが、工夫次第でデメリットを克服できればおすすめの働き方です。普通のバイトよりも効率よく高収入を得たいなら夜勤バイトを中心に求人をリサーチしてみましょう。
 

保存保存

関連する求人情報

関連ワード