声優・逢田梨香子さんインタビュー 「その時にしかできないことがある。一瞬一瞬を大事にしてほしい」

逢田梨香子

「ラブライブ!サンシャイン!!」の桜内梨子役で人気の逢田梨香子さんが、1st写真集「R.A.」をリリース。逢田さんにとって縁のある米・ロサンゼルスでの撮影を振り返ってもらったほか、声優という職業へ抱く思いを語ってもらいました。

 

小学生時代を過ごした大好きなL.A.で撮影

逢田梨香子

――写真集の出版おめでとうございます! 撮影はロスで行われたそうですが……。

小学2年生から5年生まで住んでいた思い出の場所です。写真集の編集担当さんが「せっかくならL.A.で撮ろうよ」と提案してくださったんですけど、私としては「えっ、いいんですか!?」という感じでした。

――嬉しいサプライズでしたね。撮影以外の時間はどんなふうに過ごしていたんですか?

日没後はショッピングに行ったり、スタッフさんたちと食事をしたり、ゆったりとしたスケジュールで過ごすことができました。あとは、L.A.に住んでた頃によく遊んだ幼なじみがホテルまで来てくれたんですよ。これは嬉しかったですね。

――L.A.ならでの食事も?

水着の撮影があったので、序盤は食事の量を控えてました。でも、撮影が終了した日は大好きなタイ料理のレストランへ連れていってもらえたんですよ。今、冷静に考えてみたら「L.A.に行ってまでタイ料理!?」って感じなんですけどね(笑)。

 

到着した日にハプニング発生! でも、前向きに対処しました

逢田梨香子

――確かにそうですね(笑)。現地での印象的なエピソードがあれば教えてください。

現地に到着して早々お財布をなくしてしまって、気分がどん底まで落ちました。でも、なくなってしまったものはしようがない、こうなったら撮影を楽しもうと、すぐに忘れました。お財布は結局見つからなかったんですけど、今となってはいい思い出です。

――いい思い出……なんですか?

いい思い出にしました(笑)。

 

“自然体の逢田梨香子”を心掛けました

逢田梨香子

――前向きですね。今回の写真集で特にこだわったのはどんなところですか?

“何もしない”ことです。無理に笑顔を作ったりせず、普段、私が生活している姿や素の表情を見てもらいたいと思ったので、自然体でいることを心掛けていました。

――メイクもナチュラルですよね。

シャワーのカットと、その後のバスタオルを体に巻いているところは完全にすっぴんです。普段の自分なら躊躇しちゃうんですけど、L.A.っていう開放的な土地がそうさせてくれました。

――気の早い話ですが、もし2nd写真集を出すとなったらどんなものにしたいですか?

逢田梨香子を全面に詰め込んだものがいいですね。自分の好きな場所で撮影したいです。

――好きな場所というと?

秋葉原の街並みが好きなんです。意外と絵になるんじゃないかなって。秋葉原でオシャレな写真を撮ってみたいです。

 

オーディションは「受かったらいいな」くらいの気持ちで受けるようにしています

逢田梨香子

――近い将来、実現することを期待しています。ここからは声優のお仕事についても聞かせてください。今のお仕事についたきっかけは?

もともとお芝居の道には進みたいと思っていたんですけど、アニメにハマって声優という職業を知り、養成所に入りました。

――逢田さんはアニメだけではなく洋画の吹き替えもされていますよね。

洋画の吹替はアニメのアフレコとは違った難しさがあります。吹替は生きている人間に声をつけなければいけない。息遣いや鼻をすする音、咳払いなど一つ一つの動作への観察力が必要になってきます。そして、アニメは生身の人間じゃないキャラクターに声をあてるという奥深い作業。どちらも難しいけど、やっていて楽しいです。

――逢田さんの表情からも声優の楽しさが伝わってきます。ところで、お仕事をするにあたってオーディションがあると思うんですが、いつもどんな心境で挑んでいるんですか?

原作がある作品であれば事前に原作をチェックして、作品の雰囲気やキャラクターの心情、性格を把握してから臨むようにしています。でも、オーディションに受かるには、実力だけではなくて、“運”もあると思うんですね。パスしないだろうと思っていた役柄に決まったり、逆に自信があったのにダメだったというケースもあるんですよ。なので、あまり意識せず、「決まったらいいな」ぐらいの気持ちで受けるようにしています。

 

好きな仕事をしているだけで幸せ

逢田梨香子

――気負い過ぎないことも大事ですね。仕事をしていく上で、大切にしている言葉はありますか?

「初志貫徹」と「一期一会」です。たくさんの人と出会ったから今の自分があるし、今、お仕事をさせていただいているのは出会った人たちとの縁があってのことなので、その言葉を大切にしています。

――今後、声優さんとしてどんなふうに活動していきたいですか?

誰ともかぶらない、自分にしかできないことをやっていける唯一無二の存在になりたいです。そして主人公をしっかりサポートできるような声優さんになりたいと思っています。

――声優という職業が本当に好きなんですね。でも、好きなことを仕事にしたことでの苦労はありませんか?

声優になって、疲れることはあっても苦労を感じたことはありません。好きなお仕事をやらせていただけるだけで幸せなんです。自分で選んだ道ですからね。

――頼もしい一言ありがとうございます。最後に、夢を追う若い世代へメッセージをお願いします。

その時にしかできないことってたくさんあると思うので、一瞬一瞬を大事にしてほしいです。頑張った経験は絶対にあとから自分のためになると思う。ですから、いろいろなことに挑戦してみて視野を広げることがいいんじゃないかな。私は自分の好きなことしかやってこなかったので、みなさんもやりたいこと、好きなことがあるのならとことん頑張ってほしいです。

 

🎁 逢田梨香子さん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

逢田梨香子チェキ

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、逢田梨香子さんのサイン入りチェキを、抽選で3名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒 キャンペーン開催期間
2018年7月26日(木)~2018年8月1日(水)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

■プロフィール
逢田梨香子(あいだ りかこ)

8月8日、東京都生まれ。2015年「ラブライブ!サンシャイン!!」の桜内梨子役で本格声優デビュー、一躍人気声優となると同時に、作品から派生した9人組女性スクールアイドルユニット・Aqoursとしての活動も開始。2017年「サクラダリセット」、2018年「ポプテピピック」「パシフィック・リム: アップライジング(吹替)」などに出演。情報番組「Music B.B.」ではナレーションを担当している。

◆所属事務所サイト:
http://www.kenproduction.co.jp/talent/member.php?mem=w112
◆逢田梨香子OFFICIAL Twitter:@Rikako_Aida
◆逢田梨香子OFFICIAL Instagram:@aida_rikako_

■作品情報
逢田梨香子

「R.A.」(撮影/佐藤裕之)
週刊ヤングジャンプ特別編集
集英社より7月19日発売

 
編集:ぽっくんワールド企画
撮影:河井彩美
取材・文:荒垣信子

関連する求人情報

関連ワード

働くコラムの関連記事
北川尚弥
俳優・北川尚弥さんインタビュー 「悩むことも仕事の一つ。悩んだ分、ステージでは必ずいいものが表現できる」

ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターが好きな男子高校生たちの青春を描いた「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」で、主人公・長谷川康…

小宮有紗
女優/声優・小宮有紗さんインタビュー 「何事も自分との闘い。どんどん新しい自分へと更新していきたい」

元ヤクザの私立探偵と小学生の少女--血のつながらないふたりのせつない絆が描かれる犯罪エンターテイメントムービー「アウト&アウト」に花屋の理恵…

推した本は飛ぶように売れる!カリスマ書店員・新井見枝香さんに聞く、”学生におすすめの書籍3選”と”書店員としての楽しさ”

最近、本を買って読んでいますか?なかなか本が売れない時代と言われる中、推した本が必ず売れると言われるカリスマ書店員さんが話題になっています。…

Gero
アーティスト・Gero/インタビュー 『歌い手になった今、あらためて無駄な経験なんて一つもないと思う』

動画投稿サイトから人気に火がつき、今年メジャーデビュー5年目となるGeroさん。上京時はバイトと両立しながら音楽活動をしていたお話や、曲作り…

小野塚勇人
俳優・小野塚勇人さん(劇団EXILE)インタビュー 「一歩前進する勇気がたいせつ。僕も恥をかきながら前進していきたい」

大学の実習で蔵元を訪れた女子大生と、日本酒造りに懸ける人々のふれ合いを描いた映画「恋のしずく」で、老舗蔵元の息子・莞爾(かんじ)に扮した小野…