現役大学生「サーティワン アイスクリーム」の “エクセレントスタッフ”に聞く 『お客様に幸せを届ける』接客を通して得たものとは?【バイトの達人】

サーティワン バイトの達人

「サーティワン アイスクリーム」は、毎年、アルバイトスタッフ向けの接客コンテスト「エクセレントスタッフチャレンジ」を開催しています。2017年、全国でたった20名しか選ばれないエクセレントスタッフに輝いたのが、中央大学4年生の山口育海(やまぐちいくみ)君です。

「イオン茅ヶ崎中央SC店」でアルバイトを始めてから、現在4年目となる彼に、アルバイトで得た人生の教訓や、接客アルバイトのやりがいなどを語ってもらいました。

 

スタッフみんなの笑顔に、いつも励まされてきた

サーティワン バイトの達人
「子ども時代は、チョコレートとマスクメロンばかりオーダーしていました(笑)」と、サーティワン アイスクリームの思い出を語る、山口君。

――サーティワン アイスクリームでアルバイトをしたいと思ったきっかけを教えてください。

自宅の近くに店舗があったので、小学生の頃からなじみがありました。

アイスクリームの味も好きでしたが、店の雰囲気も良くて、行く度に僕が笑顔になれたという記憶が残っていて…。大学生になりアルバイトをしようと思った時に、真っ先にサーティワンが思い浮かびました。あんな特別な接客はどうすればできるんだろうと興味がわき、すぐに面接を受けました。

――山口君の自然な笑顔は、とても好印象ですね。人と接するのは好きですか?

実は、人付き合いは得意ではありませんでした。アルバイトをするのもここが初めてだったので、敬語の使い方もわからず、最初はすごく苦労しました。

――それでも、続けてこられたのはなぜですか?

失敗してもうまくいかなくても、周りのスタッフが絶対に責めることなく、必ず、お客様へ接する時の“考え方”や仕事の“優先順位”を教えてくれたからだと思います。納得しながらやるべきことが覚えられました。

それと、スタッフみんながいつも笑顔でいてくれるからです。落ち込んだ時も、スタッフと話すと元気になれます。自分がたくさん元気づけてもらった分、僕も新人さんにはいつも明るく接しようと心がけています。

 

エクセレントスタッフの名に恥じない姿を見せ続けたい

サーティワン バイトの達人
エクセレントスタッフチャレンジは、2013年からスタート。2017年は、第5回目の開催だった。

――エクセレントスタッフチャレンジに参加したのはなぜですか?

「イオン茅ヶ崎中央SC店」のスタッフは、仕事上でも人間的にもすごく優秀だと感じていました。「うちの店は、こんなにすごいんだぞ!」と証明したくて、僕が代表として参加したのがきっかけです。

――コンテスト入賞後は、心境に変化はありましたか?

店舗の代表としてエクセレントスタッフに選んでいただいたので、責任というかプライドが芽生えました。今まではギリギリに出勤することもありましたが、今は早めにお店に入ってしっかり準備しています。エクセレントスタッフの名に恥じない姿を、新人さんへ見せ続けなければと思っています。

 

人の気持ちの変化を敏感に気づき、行動できるように

サーティワン バイトの達人
ピンクのネームバッジはエクセレントスタッフだけがつけられる、特別なもの。「ネームバッジに気づいた常連さんから、褒めていただきました」と山口君。

――現在、アルバイト4年目とのことですが、接客アルバイトをして備わったスキルはありますか?

サーティワン アイスクリームは、ただ単にアイスクリームを売るだけでなく、「お客様に幸せを届ける」ことをモットーにしています。お客様が困っているならば、どうすれば解決できるのか?と、常に考えて行動してきました。例えば、どのフレーバーにしようか迷っていそうなお客様がいらっしゃれば、積極的にテストスプーン(試食)をおすすめして、フレーバーについて詳しく説明しています。このような心がけのせいか、人の気持ちの変化には敏感になれたと思います。

――プライベートでそのスキルがいきていることはありますか?

今まさに就職活動をしていますが、面接官が何を聞きたいかを、他の人よりも感じとれている気がします。「応対(の仕方)がいいね」と褒めていただけたこともあるので、臨機応変に対応できているのかなと…。

それから、初対面の人ともスムーズに打ち解けられるようになりました。何気ない会話から相手が好きそうなことを推測して話をすると、会話が広がります。不得意だった人付き合いが、少しはうまくなったのかもしれません(笑)。

 

「僕に会いに来た」と言ってもらえると、やりがいを感じる

サーティワン バイトの達人
新作のアイスクリームの風味を絶妙な表現ですすめてくれる、山口君。

――アルバイトのやりがいや、アルバイトをしてうれしく思ったことを教えてください。

「僕に会いに来た」と来店されるお客様がいらっしゃると、前回来店された時に、いい接客が提供できたのかなとうれしく思いますし、この仕事にやりがいを感じます。

僕は、はたから見ると“アイスクリームを売る人のひとり”ですが、学生時代にこんな有意義な社会経験ができて、本当にラッキーだと思っています。

――—大学卒業後の展望はありますか?

まだおぼろげなイメージですが、人を幸せにしたり、笑顔にしたりするような職業に就きたいです。接客業のように直接的に関わる仕事もいいですが、間接的に関われる仕事も視野に入れています。とにかく、将来的には“人を幸せにするかたち”を作ることが夢ですね。

 

まとめ

山口君は「お金を稼ぐためだけにアルバイトをするのはもったいない。時給以外に、いろいろなことを学んで吸収すること」という店長の教えから、“働く付加価値”を意識してアルバイトをしてきたといいます。

「お客様のために接客をすると、アイスクリームではなく、僕自身を見てくれる時があるんです」と、山口君。

お客様のためを思い真摯に行動すると、自分にも幸せが訪れる。接客アルバイトとは、そんなすばらしい経験ができる仕事だと、改めて感じました。

 
取材・構成・文:石上直美(verb)
撮影:中山実華

取材撮影協力:サーティワン アイスクリーム「イオン茅ヶ崎中央SC店」(https://www.31ice.co.jp

関連する求人情報

関連ワード

働くコラムの関連記事
小野塚勇人
俳優・小野塚勇人さん(劇団EXILE)インタビュー 「一歩前進する勇気がたいせつ。僕も恥をかきながら前進していきたい」

大学の実習で蔵元を訪れた女子大生と、日本酒造りに懸ける人々のふれ合いを描いた映画「恋のしずく」で、老舗蔵元の息子・莞爾(かんじ)に扮した小野…

小澤廉
俳優/歌手・小澤廉さん(B2takes!)インタビュー 「全力を出しきるためにも、自分の気持ちに正直でいたい」

2.5次元舞台を中心に人気を博す小澤廉さん。メジャーデビューしたばかりのメンズユニット・B2takes!のメンバーとしても活躍する小澤さんが…

インタビュー 324 みつよ オメでたい頭でなにより 日出ズル場所 フロムエー
アーティスト・324(みつよ)/オメでたい頭でなにより インタビュー『限りのある時間だからこそ目標は大切に』

日本一オメでたい人情ラウドロックバンド“オメでたい頭でなにより”。バンドの殆どの楽曲で作曲を手がけるギターの324さんに、音楽の道1本でいく…

「バイトなら、憧れの仕事も始めやすい」 モデル・やねさんインタビュー

唯一無二の美貌とゆるいキャラクター性で人気のモデル・やねさん。講談社主催のオーディション・ミスiD2018で受賞した際には「今年のミスiDで…

SILENT SIREN 黒坂優香子インタビュー 「アルバイトは稼いだお金ではなく、プラスアルファが本当の財産になる」

2010年、ファッション雑誌で活躍中の読者モデルで結成されたガールズ・バンド、SILENT SIREN(以下、サイサイ)。先日発売されたシン…