話題の新ショートカット美女・つぶらさんインタビュー 自分の“やりたいこと”を仕事にする生き方

つぶら 美女 ショートカット ミスiD2018

「熊本の奇跡」と呼ばれ、話題の“つぶら”さんをご存知でしょうか。モデルとして活躍し、アイドルオーディション「ミスiD2018」では実行委員長特別賞を受賞。最近は好きな音楽を仕事に活かして、DJとしても活動しています。さまざまなことに挑戦を続けるつぶらさんですが、かつては人付き合いが苦手だったという一面も。今回は「好きなことを仕事にする生き方」についてインタビューしました。

 

人と接するのが面倒だった学生時代

つぶら 美女 ショートカット ミスiD2018

――ミスiDでは「私は“ぼっち”の音楽ヲタクです」と自己紹介されていましたが、小さいころはどんな子どもでしたか?

昔から人見知りでしたね。中高生のころは基本的にひとりで行動しているか、ちょっと仲良い子と一緒にいるくらい。とくに高校1~2年生のときは中二病をこじらせていて、「ひとりが良い!」という感じでした。

――自分から単独行動を選んでいた?

そうですね、友達もそんなにはいらないと思っていました。高校を卒業してからは2年間フリーターだったんですが、毎日朝から晩までバイトをしていて、ライブに行くことだけが当時の生きがいでした。

――昔から音楽が好きだったのでしょうか?

最初のきっかけは保育園のころ。送り迎えの車の中で、母親がかけていた忌野清志郎さんの曲が大好きになったこと。そして、中学生のときに「SCHOOL OF LOCK!」(Tokyo FM)というラジオでRADWIMPSさんの曲を聞いて、そこから音楽にのめり込みはじめました。

 

ひとりを好みながらも、みんなから愛される存在への憧れもあった

つぶら 美女 ショートカット ミスiD2018

――つぶらさんと言えば黒髪ショートカットのイメージですが、このスタイルはいつから?

高校時代は髪も長くて、ツインテールにしたりしていたんです。アイドルグループのでんぱ組.incさんにハマって「ねむきゅん(夢眠ねむさん)みたいになりたい」と思ってからは、ボブくらいまで短く切りました。その後は、もがちゃん(最上もがさん)に憧れ、さらに短く金髪に染めたことも(笑)。最近、やっと黒髪ショートのスタイルに落ち着きました。

――アイドルに対しての憧れもあったのでしょうか?

一時期はありましたね。高校生の時はAKB48さんとかも好きでした。「キラキラしていて、自分と真逆だな。羨ましいな」って。

――「人付き合いが煩わしい」と思う一方で、キラキラして見えたアイドルへの憧れもあったんですね。

そうですね。モデルの仕事を始めたきっかけも、アイドルに憧れた気持ちからでした。Twitterでアパレルショップがモデル募集をしていたのを見て、思い切ってチャレンジしたんです。できあがった写真を見て、「私にも、こんなこともできるんだ!」って思いましたね。

 

自分の好きなことだからこそ、積極的に挑戦できる

つぶら 美女 ショートカット ミスiD2018

――現在では、モデルとともにDJ活動もしています。DJを始めたきっかけは?

頻繁にライブに通うようになってからは、「何らかの形で音楽に関わる仕事がしたい」と思っていました。そんなときにDJというものがあることを知って。自分で音楽をやるのも違うなと感じていたのもあって、「私がやりたいことにぴったりではないか」と思ったんです。

――「好きなことを仕事にして良かった」と思うことは?

自分の好きなことだから、やらされているわけではありません。だからこそ、積極的に挑戦できることでしょうか。DJはほとんど独学で勉強したので、最初は本当に何もわからなくてキツかったんです。全然会場を盛り上げられないし、お客さんも「シーン」みたいな……(笑)。でも、「ずっと音楽を聴いてきたのに、全然お客さんのことをわかってなくて悔しい! 次は絶対会場を沸かせてやろう!」って思えましたね。

――音楽に対する、つぶらさんのプライドですね。

まだライブ経験が少ないので、これからですけどね。最近はプレイ中に盛り上がってくれるようにもなって、ライブ後に「めっちゃよかったです」って声をかけてもらえるようになりました。褒められるとすごくうれしいです(笑)。

――DJというと、人と接する場面が多い仕事だと思います。ひとりでいる方がラクだったつぶらさんにとって、負担ではありませんでしたか?

ひとりが好きだったのは、気の合う仲間が少なかっただけだと気づきましたね。ライブハウスは同じ音楽好きが集まっているから、居心地がよかったんです。Twitterのフォロワーさんにも音楽やライブ好きの方が多くて、今は居心地の良さを感じています。

 

自分の「やりたい」という気持ちを大切にしてほしい

つぶら 美女 ショートカット ミスiD2018

――今後やってみたい仕事はありますか?

モデルやDJを中心に活動していきたいですが、自分にできることはいろいろやっていきたいです。PVにも出てみたいですね。

――高校生の時のモデルへの応募から、ミスiDへのエントリーなど自分がやりたいことにどんどん挑戦している印象です。自分の「やりたい」という気持ちに従って、後悔したことはありませんでしたか?

とくにないですね。むしろ、そのおかげでうまくいっていると思っています。だから、今後の仕事も自分が「やりたい」と思うことにチャレンジしていきたいです。とりあえず、今が楽しければ良いので。

――それでは最後に、つぶらさんと同年代でもある大学生の中には、なかなかやりたい事に一歩踏み出せない人もいると思います。そんな人たちに向けてメッセージをお願いします。

自分の好きなことでも生きていけるので、世間体に流されなくても良いと思います。周りに流される形で就職をするよりも、自分の好きなことをした方が良いです! 自分で決めたことなら積極的に行動できるので、まずは自分のやりたいという気持ちに従ってみてほしいですね。

 

🎁 つぶらさん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

 

つぶら 美女 ショートカット ミスiD2018

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、つぶらさんのサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

 

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

 

🕒 キャンペーン開催期間
2018年3月28日(水)~2018年4月3日(火)23:59 まで

 

対象のツイートはコチラ

 

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

 

 

■プロフィール:つぶら
2017年夏、初グラビアが反響を呼び、「熊本の奇跡」と話題に。「ミスiD2018 実行委員長特別賞」受賞。現在はモデル、DJとして活躍中。

文:ヒガキユウカ 撮影:安井信介

関連する求人情報

関連ワード