アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー 『メンバー全員が“楽しもう”という精神で取り組んでいるから前に進める』

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー愛知県・名古屋発、昇竜の勢いをみせるエンターテイメント集団BOYS AND MEN(通称“ボイメン”)のメンバーである田中俊介さん。グループに加入するまでの、様々なバイト経験から、印象に残っているエピソードを伺いました。12月20日にリリースする『友ありて‥』に込めた思いなど、アルバムについてもインタビュー!

 

時代の名曲を自分たちらしく表現していきたい

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー

――BOYS AND MENのニューアルバム『友ありて‥』ですが、タイトル曲の「友ありて‥」は、歌謡界のレジェンドによる楽曲ですね。

阿久悠さんが残された歌詞に、都倉俊一さんが曲を付けてくださいました。まさかこの黄金タッグの曲を僕たちボイメンが歌えるとは思っていなかったので、最初に聞いた時は衝撃でした。都倉さんがボイメンの存在を知って“今時、珍しいタイプの男くさくて、まっすぐなグループだ”とおっしゃってくださったことで実現したんですけど、本当に光栄です。この(ジャケットの)タイトル文字も阿久悠さんの字なんです。このアルバムは、2017年の集大成になったと思っています。

――歌詞は、みなさんにリンクする部分を感じますね。

本当に素敵な歌詞で、自分たちで言うのもおこがましいですけど、阿久さんが自分たちを知ってくださっているかのような気がしてとても嬉しいです。

――阿久悠さんが亡くなられたのは10年前。リアルタイムで聴いた世代ではないと思うのですが、楽曲は今でも愛されていますね。

そうなんですよね。今回、ピンクレディーさんの「UFO」をカバーさせていただいたんですけど、僕たち世代のグループが阿久さんの曲を歌うことによって、若い世代に受け継いでいくという、そんな懸け橋になれたらと思うし、その中で自分たちらしく、変に気負うことなく名曲を表現できたらと思っています。

――田中さん自身、お気に入りの1曲は?

どの曲も好きなんですけど、あえて1曲挙げるとすると、「ガンバレFor My Girl」ですね。この曲は“泣きたい時は泣いてもいいんだよ、弱音を吐きたくなったら吐いてもいいよ”という、傍に寄り添う優しい応援歌なんです。これは今までの僕たちにはなかったタイプの曲なので、純粋に大好きです。

そう思うと、少しずつですけど、いろいろな表現ができるようになってきたのかなと思います。ボイメンは、自分たちの活動と重ね合わせるような、鼓舞するような楽曲が多くて、みんなに“あきらめるな、俺たちと突っ走ろうぜ”と投げかける歌が多いんですけど、それは自分たちに言い聞かせていることでもあるんです。その芯の部分はしっかり守りつつ、いろんな表現の仕方がこのアルバムではできたと思います。

――アルバム全体を通して、どんな仕上がりになっていますか?

今まで以上にメンバーが、スタッフさんともより濃く意見を交わして出来上がったアルバムだったので、幕の内弁当のようにいろんな味が詰め込まれたアルバムになりました。個性がある……というかありすぎる(笑)、色の強い楽曲が並んだ1枚です。

 

初めてのバイトは、野球部が総出で参加した年賀状配達

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー

――では、ここからはアルバイトについて伺えればと思います。最初のアルバイトは?

高校時代は野球部だったんですけど、オフシーズンの年末年始に、年賀状の配達のアルバイトをしました。愛知県の野球部から何校も来ていたみたいで、部員がみんな「行ってこい!」って言われて駆り出されるんですよ。僕も2回やりました(笑)。

――初めてのバイト代は何に使いましたか?

普通に買い物して終わったような気がするんですけど、初めて通帳というものを作ったので、バイト代が振り込まれているのを見て感動したのは覚えています(笑)。

――その後、経験したアルバイトというと?

まず居酒屋さん。もう一つ別の居酒屋さんにも行きましたし、コンビニも。あとは、警備員、スーパーの陳列、デリバリー、バーテンダー。いろいろやりましたね。警備員のバイトは、矢沢永吉さんのコンサートの警備だったんですけど、“永ちゃん”のファンはホントすごいんですよ。全身から矢沢さんが好きだというオーラが溢れていたのを覚えています。僕はその時、まさか自分がこの世界入るとは考えていなかったので、すごい世界だなと思っていました。

――警備は具体的には、どんなことをしたんですか?

楽屋口にパイプ椅子があって、人が通るたびにパスを確認するんです。すごく緊張感はあったんですけど、人が通らない時はただ座っているだけなので、それはそれでヒマだし、寒いしでキツイんですよね(笑)。だから、今自分がライブとかで会場に入る時は、警備のバイトの人には親近感がわくし、ヒマそうだったら、「大変ですよねー」とか「寒いっすねー」とか話しかけたり(笑)。僕自身もそうやって話しかけてもらった時に嬉しかったので、自分もできる限り笑顔でいるようにしています。

 

忙しい時間帯を共有して生まれるバイト仲間との絆

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー

――体験者ならではですね。アルバイト時代に心掛けていたことはありますか?

とにかく挨拶はしっかり一生懸命にやっていました。高校時代の部活動で徹底的に教えられたので、その辺は自分の中に染みついてますね。僕、バイトの面接で落ちたことないんです。たぶん挨拶が活きていたのかなと思います(笑)。

――では話は戻りますが、居酒屋でのアルバイトについても教えてください。

厨房で働いていたんですけど、金曜日の19時~21時くらいの時間帯って、めちゃくちゃ混むんですよ。厨房に注文の紙が止まることなくビービーって流れてきて、ずっと注文のロールが止まらない(笑)。もう“やべーよ”って思いながら必死でしたね。それが23時くらいになって山場を超えると、“乗り越えた!”“俺たちよくやったよな”っていう空気感で、自然とそこにいるバイト仲間との間に絆が芽生えるという(笑)。

必死にやる中で“俺はこれやるから、お前はこれやっといて”とか無言のコミュニケーションが出来るようになっていたりして。あのチームワークとか達成感は独特だったと思います。

――いろいろなバイトをしていますが、バイト選びのポイントはなんでしたか?

高校生から、ボイメンに入る20歳までの3~4年の間にめちゃくちゃたくさんやったんですけど、一つは時給ですね。あと何個か掛け持つためには、融通が利くかどうか。入ってみないと分からないことも多いんですけど、融通を利かせてくれる店長さんとか、優しくしてくれる方もいるので、そういうバイトだと長く続きましたね。

 

“永ちゃん”の警備の役が来たら、誰よりもリアルに演じられます(笑)!?

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー

――アルバイト経験が今につながっていると思えることはありますか?

料理はけっこう得意なんですけど、居酒屋での調理経験は生きていると思います。あとは、何といっても出会いですよね。学校や部活だけでは知り合わないような人と出会えますからね。バイトで出会った人と、バイトを離れても普通に友達として会ったりすることもありますし。いろいろ経験して良かったなと思っています。

ただ、今思うと、役者をやる上ではもっといろんなジャンルのバイトをすればよかったなと。絶対にその経験が生きてくると思うんですよね。いつか、“永ちゃん”の警備の役が来たら、誰よりもリアルに演じられると思います(笑)。

――バイトを頑張れた原動力はなんだと思いますか?

ひと言で言えば楽しいからですね。それは今でも同じです。たまに“グループ活動していく中で何か大変なことや、つらいことはありますか?”って聞かれるんですけど、ないんですよね。メンバーみんなが“楽しもう!”と思ってやっているから前に進める。その気持ちは大切だと思っています。

――その精神は、どのメンバーからも共通して感じます。

いまだにステージ上でアホなことやって、みんなでゲラゲラ笑っていますからね。もちろん、それ以上に見てくださる方に楽しんでほしいという思いも昔から変わらないです。

――ボイメンの魅力として、こういう取材現場でも、他のメンバーの話をみんなが心から楽しそうに話すのが素敵だと思います。

ありがとうございます。みんな仲は良いですね。個性が強くて、たぶん、ボイメンがなかったら混じり合うことがなかった人たちなんですよね。でも、なぜかガチっとした一体感は生まれています。

――そのベースには“楽しもう!”があると。

はい。ホントにそうですね。それはどんな仕事にもどんな場面にもつながることなんじゃないかと思います!

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー

 

🎁田中俊介さん(BOYS AND MEN)🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

 

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー プレゼント チェキ

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、田中俊介さんサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

 

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

 

🕒キャンペーン開催期間
2017年12月20日(水)〜2017年12月26日(火)23:59 まで

 

 

対象のツイートはコチラ

 

 

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

 

 

◾Profile
田中俊介 (たなか しゅんすけ)2010年に結成された東海エリア出身・在住の10人のメンバーで構成されたユニット“BOYS AND MEN”(通称ボイメン)の初期メンバー。トレードマークである学ランを身に纏い、歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなすエンターテイメント集団。個人としては、主演映画『ダブルミンツ』や、話題の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(雷太役)への出演が続くなど、今年は俳優としても飛躍。さらに、映画好きを活かし『映画MANIA』(東海テレビ)にもレギュラー出演中。

 

◾新譜情報
New Album『友ありて‥』12.20 Release!!アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー 友ありて.. CD アルバム

初回限定盤(CD+DVD)
品番:UICV-9271
価格:¥3750(税込)

アーティスト・田中俊介(BOYS AND MEN)インタビュー 友ありて.. CD アルバム

通常盤(CD)
品番:UICV-1092
価格:¥3000(税込)

【HP】
BOYS AND MEN OFFCIAL SITE:https://boysandmen.jp/

編集:ぽっくんワールド企画
撮影:河井彩美
取材・文:田部井徹

保存保存

関連する求人情報

関連ワード