アーティスト・wowaka(ヒトリエ) インタビュー 『思い出してみると、バイトは間違いなく今の仕事に影響しています』

アーティスト・wowaka(ヒトリエ) インタビュー_01
ニコニコ動画で一時代を築き上げたトップクリエイターwowakaを中心に結成されたロックバンド・ヒトリエ。学生時代の塾でのアルバイト経験とそこで感じた今に通じる思いを語っていただきました。さらに、12月6日リリースのミニアルバム『ai/SOlate』に込めた思いもじっくりと!

 

次への制作に大きな意味を持つ1曲との出会い

アーティスト・wowaka(ヒトリエ) インタビュー_02

――2017年はツアーから始まり、締めくくりはミニアルバムのリリース。充実の1年ですね。

本当にいろいろあったなと思います。去年『IKI』というアルバムをリリースして、ようやく下地が固まったというか、体の基礎ができたような感覚があって、それを受けて、今年のツアーがあり、そのツアーを終えたことで、新しい制作に動き出せた、という感じでした。

――それが今回のミニアルバム『ai/SOlate』につながってくる。

はい。まず、ツアーが終わった時に、初音ミクの10周年コンピレーションの依頼があったんです。最初は今の自分が初音ミクの曲を作るのはどうなのかな、という思いもあったんですけど、改めて自分のやってきたことを紐解いてみると、今これを書かなきゃ一生書かないかもしれない、と思えて、「アンノウン・マザーグース」の制作に入ったんです。

この曲ができたことによって、そのままのモードでミニアルバム『ai/SOlate』の制作につながっていったという感じでした。

――その意味では「アンノウン・マザーグース」という楽曲の持つ意味は大きいですね。

そうですね。この曲は、初音ミクにとっても、wowakaとしても、ヒトリエとしても、自分の人生にとってかなり大事な曲ですね。この曲を今回のアルバムの中にセルフカバーする形で制作したということも大きな意味があったと思います。

 

初めて使った「愛」という言葉がアルバムのテーマに

アーティスト・wowaka(ヒトリエ) インタビュー_04

――ニューアルバム『ai/SOlate』。このタイトルに込めた思いとは?

ここに入ってる6曲は僕がこの5年間何をしてきたか、それを踏まえた「今」言いたいことが詰まってると思ってます。今まで曲を作ってきて「愛」という言葉を使うことはなかったんですけど、今回「アンノウン・マザーグース」で気づいたら積極的に「愛」を使っていて、ああ、やっとこの言葉を歌詞に組み込めるようになったんだなと感じたんです。

意識的にテーマを「愛」にして語ろうと思ったわけではなかったのですが、今伝えたい言葉を出していったら、ポッと出てきたのが「愛」。たどりついたのはここだった、という感じもするし、遅すぎる、ようやくこれが現れたか、とういう感じもするし、ここからが全ての始まりのような気もします。ということで、『ai/SOlate』の意味の一つが「ようやくやってきた愛」。

――愛/SOlate。

はい。そして、それと同時に、自分は自分を全うしなきゃいけない、完全に孤立無援の戦いをずっと続けている、という思いもあって、それはヒトリエのコンセプトでもあるんですけど、一人というものを絶対に信頼しているという感覚があるんです。

だから、アイソレート=孤立とか分離、そういう意味合いの強さ、美しさが、「愛」という言葉と重なってきて、このタイトルにつながりました。「人とのつながり」の「愛」に対しての「孤立」。反対のことを言ってるようだけど、それって表裏一体だな、と思いました。

――このアルバムを聴いてから改めてこのタイトルを読むと、とても納得がいきます。

ヒトリエを聴いてくれる人たちは、たぶんそういうところに一番反応してくれてんじゃないかなって気がして、だから聴いてくれる個人個人、その感覚をお前ら一生曲げんなよ、って思いで届けた1枚という感じがします。

 

10代半ばの子たちとの交流で思い出した自分

アーティスト・wowaka(ヒトリエ) インタビュー_05

――では、ここからはwowakaさんのアルバイト経験についてもうかがおうと思うのですが、お話によると家庭教師をされていたとか?

家庭教師というより、塾講師ですね。僕が通っていた大学で時給がいいバイトっていうと、家庭教師か塾講師じゃないか、という話に仲間内でなって、例に漏れず僕も、友達に紹介してもらって塾で講師のバイトするようになりました。

そこは個別指導の塾で、人が二人入ったらいっぱいぐらいのスペースの中で、中学生や高校生の子と1対1で授業をしてました。

――教科は?

教科は、大学受験、高校受験の全教科をやってました。

――印象深いことというと?

相手にするのが10代半ばの子たち……1番多かったのは中3かな。中3って一番ヤバイ時期じゃないですか(笑)。いろんなものに影響を受けて、いろんなことが決まっていく頃。自分の15歳の頃を思い出すと、その時期に自分が決定づけられたと感じる部分も強くあるので、大事な時期だなと思うんです。

自分の譲れないものみたいなものがありながらも、人の影響も受けやすく、自分の思いをうまく人と共有できないとか、難しい時期。そういう世代の一人一人と対峙してると、10代の頃って、こういう感じだったなぁ、って、やっぱり自分の昔を見てる感覚にもなったし、自分より下の世代の子たちと、サシで話ができたというのは、今思うと、むしろ僕のほうが勉強させてもらってたんじゃないかな、と思いますね。

――とはいえ、受験を前にした10代、個性もいろいろで、苦労することもあったのでは?

あー、やんちゃな子はいましたね(笑)。授業に30分40分遅刻してきて、僕と話しててもそっぽ向いてて、心ここにあらず、みたいな子とか(笑)。すごく苦労しましたけど、最終的に仲良くなりました。高校に受かって、「合格しました!」って報告に来てくれた時はうれしかったです。

――それはうれしいですね。

なんで塾講師を始めたかっていうと、さっきも言ったように、時給もいいし、わりと楽だし、という情報があったからだったんですけど、実際やってみると、授業の予習復習もしなくちゃいけないし、そんなに時間や労力対リターンの割がいいわけでもなくて(笑)。

大変なこともとても多いんです。今考えたら当たり前ですけど。それでも辞めずに3年近くそこでバイトしてたのは、やっぱり一人一人とのやりとりが楽しかったんだろうな、って思いますね。

 

実は忘れていたバイト経験。持っていた大きな意味

アーティスト・wowaka(ヒトリエ) インタビュー_03

――バイトは塾講師のみですか?

そうですね。それ以外はやってないんです。だから、社会経験は実はほとんどないんです。

――今振り返ってみて、ちょっとやってみたかったなと思うアルバイトはありますか?

居酒屋さんかな。居酒屋さんって本当に大変そうじゃないですか。上から下までいろんな世代の人がいて、ひどく酔っぱらってる人だっている。でも、そういう人たちに触れて、そういう人たちに何ができるか考えて、そういう人たちから面白いところを受け取って、またそれに対して自分が反応するっていうのは、わりと今やってる音楽作りと変わらないのかな、って思うんです。

どんなバイトでも人とのかかわりはあると思いますけど、状況として一番雑多でカオスな状態でいるのが居酒屋なんじゃないかな、と思うんですよね(笑)。やってる人はめちゃくちゃ大変だろうけど、いい経験になるだろうなと思いますね。

――でも、お話を伺っていると、wowakaさん自身も、塾講師の経験が今の活動に生きている部分もありそうですね。

それはすごく思いますね。実は今回このインタビューのお話をいただくまで、自分の中で、そういうバイトをしていた事実って忘れてたぐらいの感じもあって(苦笑)。それは自分の中でど真ん中の活動ではないから。でも、こうやってもう一度思い出してみると、今やってることに通じるものがあるなと思うんですよね。

人と人の人間の関係から生まれてくるもの…それは音楽制作と重なるなって思うんです。それに、大学時代に中学生や高校生に触れていたから、ボカロで音楽活動を始めたい、と思った部分も絶対にあるな、と思いましたね、今。若い世代とのそういうかかわりが制作にもつながっていったのは間違いないな、と。全部がつながっているんですね。

――そう思うと大事な経験ですね。

大事ですね。確実にその後の活動に影響を与えてると思います。今までは語らなかったですけど、今後、自分を語るときバイトの話は外さないようになるかもしれないですね(笑)。

 

🎁 wowakaさん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

wowakaさんチェキ

🎁 プレゼント内容 🎁
記事公開を記念して、wowakaさんサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間
2017年12月6日(水)〜2017年12月12日(火)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

◾Profile
ヒトリエ

’11年、wowaka(Vo.Gt.)を中心に前身となる「ひとりアトリエ」結成。’12年よりヒトリエとして本格活動開始。’13年、自身初のワンマン開催。’14年メジャー1stシングル「センスレス・ワンダー」をリリース。翌15年にリリースした1stアルバム『イマジナリー・モノフィクション』が各メディアから絶賛され、注目を集める。’16年、テレビアニメ『ディバインゲート』のオープニングテーマ「ワンミーツハー」をリリース、その年の年末にはアルバム『IKI』をリリースし、自身最大の規模で『全国ワンマンツアー2017“IKI”』を開催。’17年8月にwowakaが約6年ぶりにボーカロイド楽曲「アンノウン・マザーグース」を投稿し、ネット界の話題に。その「アンノウン・マザーグース」のwowaka歌唱によるセルフカバーも含むミニアルバム『ai/SOlate』リリース。’18年は1月28日の京都を皮切りに全国ツアーも控えている。

◆ヒトリエ OFFICIAL SITE:http://www.hitorie.jp/
◆wowaka Official Twitter:@wowaka

 

◾リリース情報
MINI ALUBUM「ai/SOlate」12.6 Release!!

AICL3453_BL_1107_ol
初回生産限定盤(CD+LIVE CD)
品番:AICL-3451~2
価格:2,800円(税抜)

通常盤(CD)
品番:AICL-3453
価格:1,800円(税抜)

*すべての詳細は、http://www.hitorie.jp/aiSOlate

 
編集:ぽっくんワールド企画
撮影:河井彩美
取材・文:田部井徹

関連する求人情報

関連ワード