俳優・古川雄輝さんインタビュー「大学時代の人間関係は将来につながっていく」

古川雄輝

慶應大学を卒業後に俳優の道を歩きはじめたという古川雄輝さん。小顔でスラリとした身長、クールな雰囲気の古川さんは、この秋スタートのドラマ『重要参考人探偵』でモデルを演じるそう。そんなドラマの話をはじめ、独自の感性で俳優の仕事を選んだきっかけ、仕事に対するスタンスなどをうかがいました。
 

就職活動がきっかけで俳優の世界に足を踏み入れた

古川雄輝

――古川さんは大学生のときに、大学院に行くか就職するか俳優になるかで悩んでこの道を選んだそうですが、なぜ、俳優が選択肢の中に入ったんでしょうか? もともと俳優志望だったとか?

いえ、まったく。芸能界なんて自分とは関係ない世界だと思っていましたから。俳優が選択肢に入ったのは、もとはと言えば就職活動がきっかけなんです。

――就活で俳優? あまりつながりがないように思いますが…。

大学3年生のときに、周りが就職活動を始めて「自分も動かないと」と考えたときにアピールポイントがないことに気が付いたんです。当時、ダンスサークルの代表しかやっていなくて、これだけだと面接の時に弱いなと。就活はいろいろなことを経験しているほうが有利だと考えていたので、自分のアピールの少なさに悩んでいたら「ミスター慶應コンテストに出てみない?」とオファーを受けて。それまでだったら、絶対に断っていたんですけど「上位に入れば就活に使えるかも」と考えまして(笑)。

――それで、結果は…。

見事、グランプリを受賞しました! ただ、そこからなぜ俳優につながるかというと、この年、今、僕が所属している事務所が各大学のミスターグランプリを集めて新人発掘オーディションを行ったんです。正直、一般人の僕が芸能界のオーディションなんて行っても、何もないだろうと思ったんですが、これもアピールポイントになるかなと考えてオーディションに参加することにしました。

――ちなみに、こちらの結果は?

ダメでした。グランプリはとれず、オーディションに落ちたんです。でも、それがすごく悔しかった。今後、就職して仕事で何か嫌なことがあったら「あのとき芸能界に入って、俳優を目指せばよかった」と後悔しそうな気がして。
 

選択の判断基準は後々、後悔するか、しないか

古川雄輝

――オーディションに落ちた悔しさをバネに! という感じなんですね。

ちょっと違うかな(笑)。悔しさよりも、俳優という選択肢が出てきたときに、これをやったほうが後悔しないな、と思ったんです。

――後悔ですか?

基本的に僕は、後々、自分が後悔するかしないかを選択のひとつの基準にしています。たとえば仕事で新しいオファーがきて「この役を受けなかったら後で絶対に後悔する」と思えば受ける。プライベートでも忙しいときに遊びに誘われて「これに行かなかったらあとで後悔するかも」と思えば行く。

――物事を客観的に考えられるタイプなんですね。

そうだと思います。後悔以外にも効率も重視しますね。よく「気合いで乗り切れ」なんて言葉を聞きますけど、気合いよりもこう動いたほうが効率いいですよ、とアドバイスするタイプですから(笑)。

――理系脳ですね~(笑)。それで、実際に俳優に進んで後悔はしましたか?

しょっちゅうしています! 思った以上に大変な仕事でした(笑)。

――どんなところが大変だと?

最初の“大変”を味わったのはデビュー1年目の『アスコーマーチ!』というドラマ撮影。それまで映画や舞台は経験していたんですがドラマは初めての経験。映画とドラマではカメラワークがまったく違い、どこを見ればいいのか、自分がどう動けばいいかが分からない状態。でも、現場に入れば教えてくれる人はいませんから、自らが考えて動くしかない。

そして、役柄も自分とは真逆のヤンキー役で、どう演じてもヤンキーに見えないんです。周りは同世代の役者ばかりだったんですが、みんな驚くほどカメラワークも役柄も掴んでいて、こんなに違うのかと落ち込みました。改めて、しっかり芝居を勉強しないと、この世界では通用しないと痛感した出来事でした。

それから、6年後の今、同じ監督のもとで『重要参考人探偵』というドラマ撮影をしていて。役柄もシモン藤馬という隙あらばナンパをしている、女の子が大好きなモデルで、またもや自分とは真逆な役。ある意味、原点回帰の気持ちです。

――今回は自分と真逆の役に対して、どう取り組んでいるんですか?

「真逆だからどうしよう」ではなく「真逆だからこそ挑戦できるし、楽しめる」と思えるようになりました。監督も「自由にやってみて」のスタンスなので、自分でシモンを考えて作り上げていっている過程です。それを楽しめるようになったのは、やっぱりある程度、経験を積んで引き出しが増えたことだと思いますね。
 

芝居がうまいだけじゃ俳優は成り立たたない。だからこそおもしろい

古川雄輝

――後悔はたまにするけれど(笑)、俳優は楽しいんですね。

そうですね(笑)。俳優のおもしろさは芝居が上手なだけでは成り立たないこと。芝居がどれだけうまくても、共演者の方と呼吸を合わせられなかったり、カメラワークなどのテクニカルなことを無視していたりしたら「あの役者はダメだ」となってしまう。芝居半分、それ以外のことも半分。両方のことを学びつつ、成長できるのが楽しみになっています。

――古川さんのように、最初は興味がなくてもそれが仕事になったり、やりたいことになるコツってなんだと思いますか?

僕も大学までやりたいことなんてなかったからこそ言えるんですけど、何もしないと本当に何も起こらないんですよね。待っていたら、運命的なものに出合えることなんてまずないですから。だから自分から行動することが大切。それは何でもいいんです。あまり顔を出さなかった飲み会に行ってみたり、バイトをしてみたり。いままでやったことのないものをやってみるのは、何かが変わるきっかけになると思います。

――学生のうちにやっておけばいいことがあれば教えてください!

大学在学中にたくさんの人間関係を築くことをおすすめします。自分が30歳手前になって思うんですけど、将来の人間関係は大学時代からつながっていたりするんですよ。社会に出ると「社会は人で成り立っている」と強く思うので、多くの人と一気に出合える大学生のうちに交友関係を広く持ってください。ここでのコミュニケーション能力も必ず、生きてきますから。

あとは…ナンパですかね。

――ナンパですか!! 古川さんの口からその言葉がでるとは!

これ、受け売りなんですけどウチの事務所の社長が「学生時代にはナンパをしなさい」と言っていたんです。ナンパは初対面の人とコミュニケーションを取る勉強になるし、話しが盛り上がったり、その後、一緒に遊べたりするなど上達すると、自分のコミュニケーションスキルがあがっているのがわかるからだそう。僕は大学時代にナンパをしたことがなかったので、経験しておけばよかったなと思うんです。ぜひ、学生のみなさんはコミュニケーションスキルの向上ためにナンパを経験してみてください(笑)。

 

■プロフィール
古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)

1987年12月18日生まれ、東京都出身。7歳からカナダへ住み11年間海外で過ごす。2010年芸能界入りし、翌年俳優デビュー。代表作にドラマ『アスコーマーチ~明日香工業高校物語~』『イタズラなKissシリーズ』『べっぴんさん』など。映画『脳内ポイズンベリー』『ライチ☆光クラブ』。

取材・文:中屋麻依子 撮影:清水真帆呂(TFK)

関連する求人情報

関連ワード