俳優・佐野勇斗インタビュー「恥ずかしくてもやりたいことは口に出そう!」

佐野勇斗①

俳優としても活躍しながらも、5人組ボーカルダンスユニット、M!LKのメンバーでもある佐野勇斗さん。現在、大学に通いながら芸能活動を続けています。そんな佐野さんに今の仕事の楽しさ、心掛けていること、これからの目標などを聞いてみました。
 

芸能活動をしながら大学受験をした経験がひとつ自信になった

佐野勇斗⑤
 
――佐野さんは高校生の時からM!LKとして活動し、今では俳優のお仕事も増えていますよね。もともと芸能界に入るのが夢だったんですか?

母親が芸能人が大好きでテレビを観る度に「勇斗もこうなるんだよ」と言われて続けて、それを信じ込んでしまったというか(笑)。もともと、目立つことも好きで、いつか芸能界に入りたいと思っていましたが、中学生のときはその夢を口に出すのは恥ずかしくて。

でも、母と母の妹がオーディションに応募して、背中を押してくれたことがきっかけで、この世界に飛び込むことができました。

――現役大学生でもありますが、高校を卒業して仕事1本に絞らなかったんですね。

僕は高校卒業後、進学しないで仕事をしようと考えていたのですが、周りから「大学は出たほうがいい」とアドバイスを受けて。高校3年生の2学期から猛烈に受験勉強を始めました。そのおかげで志望校に合格できました。頑張れば結果はついてくるという経験が自信になったので、頑張ってよかったと心から思います。
 

演技は正解がないから楽しいと気付いたら、面白くなってきた

佐野勇斗②
 

――頑張ってひとつのことを成し遂げて自信がついたんでしょうね。仕事において頑張ったからこそ何かが見つかった、という経験はありますか?

昨年、『砂の塔~知りすぎた隣人』というドラマに出演したのですが、シリアスなストーリーで僕が演じた和樹という高校生は複雑な家庭環境に育つという難しい役どころ。僕がこれまで生きてきた人生とまるで違う人物像をどう演じれば良いのか分からなく、とても悩みました。家で考えてきた演技プランを現場で演じては監督からダメ出しを受ける毎日。学校のテストには必ず正解があるけれど、この仕事には正解がないんだと痛感しました。

でも、考えたものが少しずつ認められてくると楽しくなってきて。最初は正解がない難しさに苦しみましたが、正解がないからこそ幅が広がって楽しいと考えられるようになったんです。そこから演技がさらに面白くなってきて、追及する楽しさを理解できるようになりました。

――確かに、学校での勉強は正解があることが基本ですが、仕事に確実な正解はなかなかないですから。でも、それを楽しめるようになれば無敵ですね(笑)。最新出演映画『ミックス。』では引きこもりで内向的な高校生を演じていますが、今回はどんなところを追求しましたか?

僕が演じたのは佐々木優馬という卓球マニアだけど、高校に行けず引きこもりを続けている男の子。すごく内向的な役は初めてだったので、映画やドラマで人気になった『電車男』を見て研究したり、熱中していることを話す時は早口になったりするなど自分なりに考えて役づくりをしていきました。現場では自分が考えた演技プランを監督から受け入れてもらえたのでスムーズに演じることができました。

ただ、最初は新垣結衣さんをはじめ、瑛太さんや広末涼子さん、田中美佐子さん、遠藤憲一さんなど、大先輩の共演者の方々を前に「どうしよう…」と不安に思いましたが、みなさんすごくいい方で、仲良くしてくださいました。その空気感が映画にも出ていると思います。
 

人見知りでも笑顔を絶やさず、話しかけやすい雰囲気を作るのが大切

佐野勇斗③
 
――今のお仕事はいろいろな方と会うことが多いと思いますが、心掛けていることはありますか?

仕事でご一緒する方のことをきちんと知るようにしています。これまでどんな作品に携わったのか、今、どんな仕事をされているのかなど。そうすると話しかけやすいし、話題も増えますから。自分も「M!LKのメンバーなんだよね」と声をかけられると嬉しいですし。

いろいろな人と会うからこそ、受け身ではなくて自分から行動して声をかけるように心掛けています。とはいえなかなか自分からは声をかけられないこともあるので、現場では笑顔を絶やさないように気を付けています。

――佐野さんはM!LKのメンバーの中でも活発で人懐こいイメージですが、努力をされていたんですね。

単純に自分がされたら嬉しいな、と思うことをするようにしています。きっと、人見知りの方もいると思うんですけど、笑顔なら誰でも簡単にできますよね!
 

今の夢は紅白歌合戦&大河ドラマ出演! 夢は口に出していきます!

佐野勇斗④
 

――確かに! ちなみにいつも元気な佐野さんは仕事やプライベートで落ち込んだときは、どうやって気持ちを立て直すタイプですか?

人と話すことが多いです。家族に電話をしたり、友達としゃべったり。ほかにもブログでファンの方からのコメントにもすごく励まされています。ブログの書き方で僕が落ち込んでいると分かるみたいで、実際に気持ちが沈んでいるときに「頑張って!」「応援しています」と励ましのコメントが書かれていると、本当に元気になる。いろいろな人に助けられていると思いますね。

――最後に佐野さんのように、本当は叶えたい夢があるけど、恥ずかしくてなかなか言えない…なんて人に「これだけはやるべき」ということがあれば教えてください。

僕も芸能人になりたいことを恥ずかしくてなかなか言えませんでしたが、やっぱり口に出して言うのってすごく大切。口に出すことで自分を奮い立たせられるし、頑張ろうと思うので。もし、やりたいことや将来の夢があれば、しっかり言いましょう!

――ちなみに、今の佐野さんの夢は?

M!LKとしては紅白歌合戦に出て、司会を担当する! 俳優としてはNHKの朝ドラと大河に出演する! 無謀かもしれないけれど、口に出さないと叶わないので、はっきり言いました(笑)。

 

🎁 佐野勇斗さん 🎁
サイン入りチェキをプレゼント!!

佐野勇斗チェキ

🎁プレゼント内容🎁
記事公開を記念して、佐野勇斗さんのサイン入りチェキを、抽選で3名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

応募方法
1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間
9月28日(木)~10月4日(水)23:59 まで

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。


 

 

■プロフィール
佐野勇斗(さの・はやと)

1998年3月23日生まれ、愛知県出身。2015年、映画『くちびるに歌を』で俳優デビュー。同年、M!LK『コーヒーが飲めません』でCDデビュー。今後は映画『ちはやふる-結び-』、『3D彼女 リアルガール』の公開が控えている。
■映画情報
『ミックス。』
10月21日(土)全国ロードショー

かつて天才卓球少女として期待された多満子(新垣結衣)は、母の死後、ごく普通の生活を送っていたが失恋をきっかけに母が経営していた卓球クラブを立て直すことに。そこには妻と娘に見捨てられた萩原(瑛太)や引きこもりの高校生、佐々木(佐野勇斗)、セレブ妻だけど元ヤンキーの弥生(広末涼子)、プチトマト農園を経営する落合夫婦(遠藤憲一、田中美佐子)など期待のもてない面々ばかり。そんなメンバーで奇跡の全日本選手権出場に向けて立ち上がるが…。

取材・文:中屋麻依子 撮影:西岡さちこ

 
       ▼今話題の有名人がシゴト観を語る。インタビュー記事一覧はこちら▼

仕事観 高崎翔太
※「タウンワークマガジン」に遷移します

関連する求人情報

関連ワード