スーパーの志望動機はどう書けばいいの?考え方のポイント紹介

スーパー レジ 志望動機 ポイント 採用 面接 履歴書 バイト フロムエー
スーパーのバイトの採用面接を受ける際、志望動機についてはどのように答えるのが適切なのでしょうか。このお店でバイトをしたいという動機はあっても、それを採用者に分かりやすく印象よく伝えることは意外に難しいものです。ここでは、スーパーの面接で志望動機を尋ねられたときの適切な答え方や考え方についてご紹介します。

【目次】

志望動機でみられるポイントって何?

スーパー レジ 志望動機 ポイント 採用 面接 履歴書 バイト フロムエー

仕事に対する熱意や意欲を見る

バイトの面接で志望動機が尋ねられる理由のひとつには、その人がどのくらい仕事に対して熱意や意欲を持っているかを知るためがあるでしょう。採用担当者にとっては、その人が仕事に対してどれだけきちんと取り組んでくれるのか、また職場に合わずにすぐに辞めてしまわないかということを見極めなければなりません。志望動機で自分の仕事に対する意欲や長く続けたいという意思など示すことができれば、採用担当者にも良い印象を与えることができるようになります。

経験者の場合は即戦力になれるかどうか

とりわけスーパーのバイトは顧客として利用することも多いことから、初心者や未経験者にとっても身近で応募が多い仕事のひとつです。そのため、もし以前にスーパーのバイト経験がある経験者の場合、即戦力になれるかどうかが志望動機でみられるポイントになります。ですから、バイト経験をアピールするような志望動機を答えられれば有利になる可能性が高まるでしょう。

未経験者でも人柄や適正をアピール

一方、スーパーのバイトを経験したことがない人は、アピールできるポイントがないわけではありません。過去のバイト経験を、スーパーの志望動機にからめてこういう風に活かしたいとアピールすることが重要です。また、「この人と一緒に働きたい」と思えるか、「前向きな目標を持っているか」なども人柄の判断材料になり得ます。未経験の場合は、そのような人柄をアピールすることも大切になってくるでしょう。

スーパー業界の志望動機を考えるポイントは?

スーパー レジ 志望動機 ポイント 採用 面接 履歴書 バイト フロムエー
スーパー業界でのバイトを考えている場合、志望動機はどのようなプロセスで考えていくべきでしょうか。そのためには、まずスーパー業界でどんな貢献ができるのか考えてみるようにしましょう。

メインとなる接客業務の適正をアピール

志望動機はその人が募集する業務にどのくらい適しているのかを見極めるための質問です。店側は、応募者の業務のスキル、人柄、両方の適正を確認したいと考えているはずです。そのため、志望動機で仕事に貢献できることをアピールできれば、採用担当者の印象もよくなると言えます。自分がスーパーで働いているところを具体的に想像して、仕事の上でどのような貢献ができるのかを志望動機に盛り込んでみてください。スーパーは接客業務が中心ですから、「人と接するのが好きだから」という志望動機なら接客に向いているということをアピールできます。

自分のマイナス体験を改善したい

一方、スーパーでのマイナス体験から志望動機を探ってみるという考え方もあります。つまりスーパーでのマイナス体験を改善したいという方向性から志望動機を考えるということです。スーパーはとても身近な存在ですから、顧客としてお店を利用したこともあるはずです。実際にそのスーパーを利用してみて、「もっとこうだったらよかったのに」と思ったことはないでしょうか。「自分だったらこう改善していきたい」というアイデアがあったら、それを志望動機とすると説得力が増すでしょう。

自分の興味関心・性質と絡める

また、自分の関心や興味から志望動機を考えてみても良いでしょう。「前から接客の仕事に興味があった」「品出しや陳列などの単純作業を、丁寧に正確にスピーディに自分なりに工夫していくことが好きだから」など、自分が何に興味があって、どんなことが得意なのかということから志望動機を考えていくと自分の性質と絡めた良い志望動機となるでしょう。

スーパーの面接で志望動機を伝えるコツ

スーパー レジ 志望動機 ポイント 採用 面接 履歴書 バイト フロムエー
志望動機を考えたら、それを履歴書や面接でしっかりと伝える必要があります。その際は、単なるスーパー業界全体の志望動機だけではなく、「このスーパーで働きたい」という熱意を伝えることが大切です。

スーパー(小売業)の仕事を通じてしたいことを伝える

スーパーという仕事の特性から志望動機を伝えることも効果的です。小売業であるスーパーは人々の生活に欠かすことのできない場所です。スーパーがあるからこそ、人々は不自由なく生活ができるともいえます。たとえば、「スーパーという仕事を通じて人々の生活に貢献したい」など、小売業界の仕事を通じてしたいことを伝えることができれば、より深い志望動機になるでしょう。

なぜこのスーパーで働きたいのかを伝える

スーパーの面接では、なぜ「スーパー業界」で働きたいのか、なぜこの店舗なのかということを伝えることが大切です。たとえば、ただ「人と接する仕事をしたい」というよりも、「利用客が幅広いので様々な客層と接することができる」など、「スーパー」だからこそ経験できることを軸に考えていくと、より志望動機がシャープになっていくでしょう。

多くのスーパーがある中で、なぜそのお店を選んだのかということも伝えておきたいところです。もちろん、自宅や学校から近いなどの理由もあるかもしれませんが、応募するスーパーで経験した良いことを志望動機に盛り込んでみるとよりリアルになります。「このスーパーをいつも利用する際、スタッフの活気のある接客を受けていつのまにか自分も元気になるから」など、応募するスーパーでの実体験が含まれていると印象がよくなる可能性が高まるでしょう。

小売業に通じる志望動機を考えよう

スーパーの志望動機を考える際は、スーパーという小売業に関係するような広い志望動機から順に考えていき、最終的になぜこの店舗に応募したのかまでブレイクダウンできるとより深い志望動機になるでしょう。もちろん、あくまでアルバイトの面接ですから、「小売業界の課題を解決したい」などのような壮大な志望動機が必要というわけではありません。「アルバイトとしてお客さまの視点に立った接客ができる」「小売業を通じて地域の生活に貢献したい」など、自分の目線で正直な志望動機を考えるようにしてみましょう。

関連する求人情報