スキー場の
アルバイト

冬のリゾートバイトとして定番なのが、スキー場でのアルバイトです。ゲレンデ内でリフト係やチケットの販売、インストラクター、圧雪を行う以外にも、宿泊施設でのフロント、裏方、配膳、調理などの全般業務、居酒屋やレストランでのホール業務、レンタルショップでの業務など、仕事の種類は様々です。

お知らせ:日曜日4:00~6:00の間、メンテナンスのためサービスを停止させていただきます。
※作業状況によっては時間が前後する場合がございます。

スキー場のアルバイト 3つのポイント

  • アルバイトをしながらスキー・スノボが上達でき、バイトが終わる頃には上級者になっていることも
  • 仕事と生活を共にすることになるので交友関係が広がりやすい
  • 住み込みの場合は街で働くよりもかなりお金が貯まりやすい

スキー場のアルバイトとは?

  • スキー場のアルバイトにはどんな仕事があるの?

    ゲレンデ内から宿泊施設まで、全体的な業務を行う

    スキー場のアルバイトでは、ゲレンデ内の仕事から宿泊施設の仕事までアルバイトが担当するため、非常に多くの仕事があります。仕事内容はスキー場によって異なり、医務室での仕事やインストラクターなど専門の資格を持っている人だけを募集しているところもあれば、全業務の中から1つ2つ程度を割り当てられ、それを毎日こなしていくところなどもあります。スキー場での仕事ではリフト係や駐車場の整備、ホテルでの仕事ではベッドメイクやフロント業務、レストランでの仕事ではホールや裏方の業務が主な仕事として挙げられます。また小さいペンションなどではアルバイトの数が少ないため、宿泊施設のベッドメイクから雪かき、掃除など幅広く業務をこなす必要がある場合が多く、かなり体力を使います。
  • スキー場のアルバイトにはどんなメリットがあるの?

    生活費がほとんどかからず、スキー・スノボを楽しめる

    アルバイトをしている間は無料でリフトを使用できるスキー場も多く、仕事の合間などにスキーやスノボを気軽に楽しめることはスキー・スノボ好きな人にとって大きなメリットと言えるのではないでしょうか。住み込みの際に利用することになる寮の家賃や、水光熱費、食事、交通費が全て無料になっているスキー場が多く、周辺にお金を使うような施設がないこともあって、お金が非常に貯まりやすい点もスキー場でのアルバイトのメリットと言えます。ただし中には無料ではなかったり上限を設けていたりするスキー場もあるため、事前に確認しておくことが大事です。また一緒にアルバイトをしている仲間とは仕事と生活を共にすることになるので友達ができやすく、一人でも行きやすい点もメリットと言えるでしょう。

スキー場のアルバイト 体験談

スキー場アルバイトの経験者に
体験談を語ってもらいました!

  • 30代  女性
    スキー場が運営するホテルで3ヶ月間、期間限定のアルバイトをしていました。仕事内容は朝は朝食会場のセッティングからホール業務をし、その後掃除などを終えるとお昼を含めた数時間の休憩があります。この休憩の時に、ホテルから支給されたリフト券で滑ることができるので嬉しいポイントです。休憩後は夕食のセッティングなどを行います。この仕事の大変なところは、お客様にとっては正社員のスタッフの方も、期間限定で働いているアルバイトの私たちも同じ従業員であるということです。ですので、施設案内ができるように基本設備やサービスを把握していることが大切だと感じました。また、ホテルの制服を着ている時はダラダラしたりせず常に笑顔でいることを心がけました。多くのお客様を相手にする大変な仕事でしたが、好きなスノーボードを思い切り楽しめ、全国に友人を作ることもできる魅力的なアルバイトだと思います。
  • 20代  男性
    もともとスキーが好きだったので、冬になるとスキー場のアルバイトをしていました。主な仕事はリフトの補助でした。お客様がスムーズにリフトに座れるようにサポートをするのです。特に難しかったことは小さなお子様がいるご家族です。お子様が素直に乗ってくれないとうまくサポートできないので、2台ぐらい空でやり過ごすことがあるのです。混雑している時は、空のままやり過ごさないようにしなくてはならないので、コツを覚えるまでが大変でした。頂上でのサポートはお客様が上手に下りられるようにするだけなので比較的簡単ですが、麓から出発する時のサポートはスキーを履いたままお客様に並んでもらう点で苦労しました。このアルバイトをして良かった点は、いろいろな態度をとる人がいることがわかった点です。いい社会勉強になったと思っています。
  • 30代  女性
    スキー場でイベントグッズショップのアルバイトをしました。スキーシーズンなので外は氷点下の寒さでした。ショップもイベントのために急きょ作られたプレハブだったので、二人に1つずつ電気ストーブが割り当てられていました。服装もユニフォームのベンチコートの下に、タイツやインナー、ホッカイロ、指先のない手袋など工夫して乗り切りました。おかげで今は外のイベントでも寒さ知らずです。販売した商品はイベント関連の雑貨やキャンドル、壁に掛ける飾りなど女性が喜びそうなもので、ちょうどバレンタインなどの時期だったこともあったのか、カップルのお客様が多かったです。天気が良い日はいいのですが、吹雪の日などはお客さんが午前中で3人、ということもありましたが、その時にはバイト仲間でおしゃべりをしたりして、仲間内の結束が強くなりました。最終日には解散会をして盛り上がりました。
  • 30代  女性
    スキー場のアルバイトはリフト係のような外仕事と、カフェやレストランなどの屋内での仕事がありますが、私はずっとリフト係でした。とにかく一番大変なのは「寒さ」。どこのスキー場でも指定の防寒着を支給されますので、その下に重ね着をして肌が出ないようにするのが大切でした。でも、ずっと外にいるわけではなく5分から10分くらいずつ交代をしていきますので、気温が高い日はそれほど苦にならないです。お客様のウィンタースポーツ経験度や年齢は様々なので、ご年配の方や子どもが乗車する際には特に気をつけていました。お声がけをしたり、さりげなく手を差し伸べたりするなど、注意喚起と先読みした行動をすることで安心してウィンタースポーツを楽しんでもらえるようにしました。相手をよく見て行動すること、先読みした視点を持てるようになったと思います。

地域を選択して早速バイトを探す

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 甲信越・北陸
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

スキー場のアルバイト
はじめてガイド

面接のコツ

志望動機はしっかり答えられるように
スキー場に限ったことではありませんが、リゾートバイトのお仕事は新しい土地で新しい生活と仕事が同時に始まります。そのため軽いホームシックになることがあるかもしれません。しかしそんな経験を糧に新たな成長を目指す心意気を見せることは面接官の心に響くかもしれません。またスキー場でのお仕事のために雪が好きであったり、スキーの経験、スノーボードの経験などが活かせるかもしれません。そんな経験をアピールすると面接官の印象も変わります。
身だしなみや基本的なマナーに気をつける
リゾートバイトにはカジュアルで楽しいイメージを持っている方も多いかもしれませんが、リゾートの宿泊施設では基本的に人に対してのおもてなしが必要なサービス業です。そういった仕事をする上で大事なのは、第一印象で不快感を与えない清潔感です。広く一般的に人の第一印象のほとんどは見た目で決まると言われているので、身だしなみにはしっかり気をつけましょう。また挨拶などの基本的なマナーも欠かさないように気をつけておく必要があります。

仕事・職場になじむコツ

適切なコミュニケーションを心がけよう
スキー場でのリゾートバイトは、多くのスタッフと一緒に生活を送っていくことになります。大人数で話したりするのが苦手で馴染めるか不安だという方は、いきなり全体と仲良くなろうとはせずに一人ひとりと仲良くなっていくと良いかもしれません。仕事をする場所がスキー場のためリゾートバイトの経験など共通項を探しながらコミュニケーションを心がけると良いでしょう。意外な経験を知ることになり職場や仕事に馴染むことができるかもしれません。
スキー・スノーボードの話で距離を縮める
共通の趣味があったりすると、人との距離をぐっと縮めることができます。本来であればこの共通の趣味を見つけるのが大変なのですが、スキー場のリゾートバイトに来ている人であればスキーやスノーボードが趣味の人が多いかもしれません。共通の趣味を探ったりする必要がないので、積極的に自分からスキーやスノボの話題を振ってみると良いでしょう。

スキー場のアルバイト
よくあるQ&A

どんなやりがいがある?
スキー場のアルバイトには様々な業務がありますが、どの仕事もやりがいがあり、スキー場に訪れている人たちの役に立てていることを感じることができます。例えばインストラクターのアルバイトであればスキー・スノーボードをしながらお金が稼ぐことが可能ですし、お客さんに教えたり先輩のインストラクターさんから教えてもらったりしているうちに自分自身も上達できます。さらに自分自身の生徒さんから感謝してもらえることも多いので、非常にやりがいを感じられます。
どんな大変さがある?
スキー場のアルバイトの大変さは、なんと言っても多種多様な業務の忙しさが挙げられます。インストラクターやパトロール、リフト係、レストラン・宿泊施設のスタッフ、チケット販売、インフォメーションでの案内業務など、様々な業務がありますがどれも忙しく、最初の1週間のうちに耐え切れず辞めていく人も少なくありません。
どんなスキルが身に付く?
スキー場のアルバイトで身に付くスキルといえば、やはりスキー・スノーボードのスキルです。インストラクターのアルバイトをしている方であれば元からある程度のスキルは持っているはずですが、人に教えたり先輩のインストラクターから教えてもらったりするうちに上達していくことが多いことが一般的です。インストラクターのアルバイトができるほどスキルが無いという人であっても、休日や業務終了後に滑ることができるのでアルバイト期間が終了する頃には上級者並みに上達していることがあります。

このページの先頭へ