深夜アルバイト

午後11時以降のアルバイトが、一般的に深夜のアルバイトと呼ばれます。勤務時間が夜遅いため、時間の調整がつきやすい大学生やフリーターなどが、働いているケースが多いようです。ちなみに満18歳未満の高校生は深夜アルバイトをすることができません。

おすすめキーワードからバイト検索

深夜アルバイトにはどんな仕事があるの?

深夜営業している飲食店やコンビニのアルバイト

深夜営業している飲食店やコンビニのアルバイト 深夜営業しているお店などが主な勤務先になりますが、24時間営業しているコンビニ、ファストフード店や居酒屋などの飲食店、カラオケ店やゲームセンターなどのアミューズメント施設でのアルバイトが数多くあります。飲食店では、接客や調理の業務は日中の時間帯と深夜ではほとんど変わりません。ただし、同じ店舗のアルバイトであっても、深夜の時間帯はお客様の数が減るので、通常業務以外に品出しや検品といった在庫管理や清掃の仕事といった日中とは異なる仕事を任されることもあるので、新しい経験やスキルを身に付けるチャンスもあります。

警備員や交通誘導、医療現場でのアルバイト

飲食店やコンビニ以外で深夜のアルバイトといえば、警備員のアルバイトです。深夜のオフィスビルや商業施設で見回りなどを行います。また交通規制を行っている道路や工事現場での交通誘導のアルバイトも募集があります。また、昨今、医療や介護の現場でも、深夜のアルバイトの人員が求められています。病院や老人ホームは、24時間体制でスタッフが勤務する必要があり、看護師や医療事務の職種で深夜のアルバイト募集があります。警備員やコンビニの深夜アルバイトは男性が比較的多いですが、医療現場の深夜アルバイトには女性スタッフも数多く働いています。

深夜アルバイトのメリットとは?

時給25%アップの深夜手当で高収入が期待できる

時給25%アップの深夜手当で高収入が期待できる 労働基準法では午後11時から午前5時までの労働については、使用者は労働者に通常の労働時間の賃金に、2割5分以上の割増料金を支払わなければならないといった規定が設けられています。同じ時間、同じ場所で働いたとしても、深夜のアルバイトが25%も多く給与をもらうことができます。少しでもお金を稼ぐために、深夜のアルバイトを中心に生活している人もいます。ただし、満18歳未満の高校生は働くことができず、比較的時間に調整が付きやすい大学生やフリーターの応募が多くなっているようです。

落ち着いた環境で働くことができる

飲食店などの場合、大きな繁華街にあるような店舗でない限り、深夜の時間帯になると、お客様の数が減ります。そのため、在庫管理や清掃といった仕事を任されることはありますが、比較的落ち着いた職場環境で働くことができるのも深夜のアルバイトの特徴です。深夜の時間帯は、一緒に働くスタッフの数も減らされることが多いので、大幅な余裕ができるわけではないですが、アルバイトの経験は浅いけれどゆっくり経験や自信を積んでいきたい人、慌ただしく働くのが苦手だという人にはおすすめのアルバイトです。

キープリスト

ただいま0件です。

とりあえずキープ
押して、気になった求人を保存することができます。